アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・パタン~ネワール文化を継承する美の都


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

カトマンドゥからタクシーで20分ぐらいで聖河バグマティの川向こうに
位置する古都パタンに到着する。

到着したのは夕暮れ時で夕日が茶色のレンガをさらに赤く染めて
ダルバール広場の街並みをさらに美しく印象付ける・・・

IMG_2154.jpg

ダルバール広場にあるパタン博物館の前では夕暮れのひと時を
仲間と過ごす人々がたくさん腰掛けていた・・・

IMG_2153_201410060045368bf.jpg

トピーと呼ばれるネパール男性の正装にかかせない帽子を被り
マフラーをして腰掛ける人々・・・絵になるねえ~~

そう、日中はぽかぽかと暖かいが夕暮れになると一気に気温が
下がり、空気が冷たく感じるのだ。

IMG_2150_20141006004537443.jpg

沐浴場では水を汲む女性の姿も見られた・・・

IMG_2155_20141006004524ac6.jpg

ここパタンカトマンドゥ盆地にマッラの3王国があった時代に
首都として栄え、ダルバール広場の王宮をはじめとする見事な
建築物がその名残を見せる。

この地区に住む人々の約8割が仏教徒なんだそうだ。

IMG_2161_20141006004712141.jpg

クリシュナ寺院の前にはクリシュナの化身であるヴィシュヌ神の
乗り物、鳥人ガルーダの像が空高く立っていた。

これでバクタブルカトマンドゥパタンと3つのダルバール広場
見てきたけど、その時の王が美しさを競っただけの事はあるなあ~
どの広場も美しい・・・

IMG_2151_201410060045240b1.jpg

明日はいよいよ帰国の途につくのだが、いやはや今回のネパール旅行は内容が
濃いものになったなあ~~・・・
二日連続の8時間を超えるトレッキング、その時に見たヒマラヤ山脈の美しい山並みと
そこから昇る初日の出・・・
湯たんぽで過ごした寒い夜・・・食中毒?で寝たきりになったカトマンドゥ・・・
世界一大きなストゥーパのボダナート・・・
僕の死生観が変わってしまったパシュパティナートの火葬の様子・・・

IMG_2165.jpg

この旅行後、トレッキングが趣味になり日本でもあちこち行くようになったし
ブータンでも何度かトレッキングを旅程に入れたりと旅行に『幅』ができたなあ~

近いうちにネパールに再訪したい!ポカラにも行きたいし、何と言っても
世界最高峰のエベレストがあるし・・・せめてせめて、その展望台と言われる
カラ・パタール4000mまでは行ってみたいなあ~~夢だなあ~・・・

IMG_2178_201410060047431d3.jpg

さ、ホテルに帰って荷造りしなきゃ!
それより、帰国までお腹がもつかなあ・・・
ほんと旅先での食事には気をつけないと!
これがこの旅一番の教訓だな!

さようならネパール
スポンサーサイト

| パタン | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・スワヤンブナート~ネパール最古の仏教寺院


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

カトマンドゥの西に緑に囲まれた丘の頂上に白いストゥーパ
見える
ネパール最古の仏教寺院であるスワヤンブナートだ。

頂上にあるその寺院を訪ねるべく長い階段を登っていく

IMG_2132.jpg

俗にモンキーテンプルと呼ばれるぐらいに、この階段を含め
丘全体にサルがたくさんおり、時々メガネをかっぱらう等、
トラブルを起こすらしく出来るだけ彼らと目を合わさずに歩く

IMG_2129_2014072122065521e.jpg

頂上に着くとすぐに目に飛び込んでくる白いストゥーパ
この眼の模様・・・ネパールに来て見たかった風景の一つだ・・・

IMG_2145_20140721221028909.jpg

このストゥーパを時計回りに歩く。右回りに歩くと言うのは
原始仏教以来の作法との事だ

ネパール人の女性がマニ車を回す・・・
僕も同じくマニ車をグルグルと回す・・・

IMG_2139.jpg

古い寺院だけあって境内にはいろんな建物がある。
インド様式の仏塔や大日如来の像などが点在する。

ちょっとした土産物屋もあって宗教画であるタンカ
マニ車のミニチュアとか売られている。

IMG_2140_20140721220932aeb.jpg

仏教一色かと思っているとヒンドゥーの神様もいたりして
ネパールの宗教的な多面性を伺う事ができたりもする。

IMG_2127_201407212207386bf.jpg

このストゥーパの側面に密教の本尊である大日如来が安置されている。
日本でも有名な大日如来はスワヤンブナートの開基に深いかかわりが
あると言う・・・

それは伝説としてこう語継がれている・・・

「太古の昔、カトマンズは大きな湖であった。ある時、その湖に
浮かぶ島に咲く蓮華から、大日如来が姿を現した。
それを知った文殊菩薩が、中国からインドへ向かう途中
この湖に立ち寄ると、湖に住む大蛇が悪行を働いて、
民衆を苦しめていた。文殊菩薩は、大蛇に立ち向かい、
利剣で山を切り開いて、湖とともに大蛇を消し去った。
文殊菩薩は、丘として残った島にストゥーパを建立し、大日如来を
奉った。その湖の跡地が、現在のカトマンズになったという・・・」

以下のサイトより引用
スワヤンブナート
http://www1.plala.or.jp/naopy/nepal/k_sw.htm


IMG_2126_20140721220655d7a.jpg

スワヤンブナートからカトマンドゥの街を眺める・・・
え~~っ!このカトマンドゥ盆地が湖だったとは!

IMG_2135_20140721220922d74.jpg

近年の地質学の研究によりかつてカトマンドゥ盆地が
湖であった事が判明したらしい!!

伝説は事実を含むものなんだなあ~~
しかも伝説通りならまさしく最古の寺院なわけだ!

IMG_2137_2014072122092226e.jpg

これは無明を打ち砕く雷。金剛杵(こんごうしょ)と呼ばれる密教の
法具だ。日本でも密教の仏像なんかが手に持ってるなあ~

何だか巨大なパワーが得られそうだ!触っておこうっと!

IMG_2142_20140721220929269.jpg

ん~~、なんだかお腹の調子も復活してきたような??

せっかくだからもっと肝心な時にパワーを発揮してほしいなあ~
もったいない・・・

続く・・・

| カトマンドゥ | 00:00 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・パシュパティナート~ネパール最大のヒンドゥー教寺院


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ガンジス川の支流であり、聖なる川とみなされるバグマティ川
川岸にあるパシュパティナートは、ネパール最大のヒンドゥー教の
寺院であり、インド亜大陸にある4大シヴァ寺院の一つである。

IMG_2093_201406160147433f6.jpg

残念ながら信者以外は寺院内に立ち入り禁止。

それでも川岸で行われる火葬の様子は自由に見る事ができる。

IMG_2087_2014061601482497b.jpg

次々と遺体が親族の手によって運ばれ、荼毘に付されていく・・・
あたりは異臭を帯びた煙が細かな灰と共に絶えず充満している・・・

何とオープンであっけらかんとした最後の儀式なんだろう・・・

IMG_2088.jpg

遺体を大きな薪の上に乗せ、まわりに固形燃料を敷き詰める・・・
火をつけると瞬く間に炎に包まれる遺体・・・

恐らく専門の人々だろう、時折遺体を長い二本の竹でひっくり返し
完全に灰になるまで焼いていく・・・

こんなシーンは初めて見たが、不思議とショッキングな気持ちに
ならないのは余りにもオープン過ぎるからだろう。

IMG_2091.jpg

灰は聖なるバグマティ川に流されるのだが、故人の遺品なども
流される。その遺品を拾い集めるて清掃する人々がいる。
きっとその人々も専門の人々だと思われる。

ボーっと火葬の様子を眺めていると親族だろう、何やら大きな声を出しながら
川にヒラヒラと何かを捨てた・・・
良く見ると故人のだろう、エックス線の写真だった・・・
癌か何かで亡くなったのだろうか?

輪廻転生を信じるネパールの人々にとって、このエックス線写真は
火葬後は前世の物になるのだ・・・
再び健康な身体を持って甦るのだから・・・

IMG_2098_20140616015012dce.jpg

そんな聖なる川で洗濯をする女性の姿を見た。
ネパールの人々の生死観を象徴するような光景だなあ~

IMG_2103_20140616014956b36.jpg

ん?もしかしてあれはサドゥー

最古のシヴァリンガを祀るキラテシュワール寺院をネワール族の
サドゥーが守っているのだ。

IMG_2106_2014061601500362a.jpg

しかし見事なヘアスタイルだなあ~

中には偽のサドゥーもいて、カメラを向けるとチップチップと
しつこい輩もいるから注意だ。

IMG_2113.jpg

中にははるばるインドからやってくるサドゥーもいるらしい。
遺灰を身体中に付け、独特の雰囲気を醸し出す彼ら・・・

う~~ん、ヒンドゥ教の世界は深いなあ~

| カトマンドゥ | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・ボダナート~ネパール最大のストゥーパを見る!


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ネパール最大のストゥーパカトマンドゥ盆地のボダナートにある!
世界遺産にも登録されているこの巨大なストゥーパはタメル地区からタクシーで
30分ぐらいで行く事ができる・・・

よし!この距離ならトイレもガマンできそうだ!←まだ完全復活していない

タクシーを降りると大きなゲートが目の前に・・・

IMG_2042.jpg

おおおおおっ!素晴らしい!

これこれ!ある意味、ネパールの象徴とも言える巨大なストゥーパ
目に飛び込んできた!

周囲にはチベットから持ち込まれた骨董品などを売るツーリスト向けの
土産物屋や線香や仏具を売る巡礼者向けの店でびっしりだ

IMG_2046_20140330234122a9d.jpg

この巨大なストゥーパが鎮座する階段状の4層の台座?には入る事が出来る。
熱心な巡礼者がロウソクや線香を供えていたなあ~

IMG_2070_20140330234304e01.jpg

ここボダナートは古くからチベット仏教徒の主要な巡礼地であり、
中国のチベット武力併合後は世界でも有数のチベット文化の中心地に
なっているそうだ・・・

そんなボダナートに建つこの巨大なストゥーパには確かにチベット人と
思しき顔立ちの人々がたくさん訪れていた。

IMG_2053_20140330234300123.jpg

彼女達もネパール人とは違う顔立ちだよな~~

IMG_2079_2014033023425050c.jpg

彼はチベット僧なのかな?

巡礼者はただひたすらストゥーパを右回りに回り続ける・・・

この冬の季節はネパールはもちろん、ブータン、インドのチベット系住民が
避寒を兼ねて巡礼にやってくるそうな。

ここボダナート周辺にはおよそ20のゴンパがあり、多くの僧や
尼僧が学ぶ修行の中心でもあるのだ

IMG_2052_201403302343000c9.jpg

マニ車をひとつひとつ回しながら真言を唱える老婆・・・

IMG_2060.jpg

巨大なマニ車もあるぞ

IMG_2045.jpg

雲ひとつ無い真っ青な空に色とりどりのタルチョがはためく・・・

この目の描かれた塔は後に行くブータンでもたくさん見たなあ~

IMG_2081.jpg

ん?

ふと塔を見ると何やらオレンジ色の液体をストゥーパにぶっかけているぞ!
なるほど、このストゥーパにうっすらと残る黄色い線は、あのようにして
作るのだな~・・・結構な技術だ。

ささ、ホテルへ戻ろう!トイレ!トイレ!(苦笑)

| ボダナート | 00:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・カトマンドゥのダルバール広場


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

カトマンドゥーの日本食レストランでカツ丼を食べた後に
強烈な下痢と嘔吐に襲われ、ほとんど一睡も出来ずに朝を
迎えた・・・

本来ならばホテルの部屋でゆっくり休む方が身体には良いの
だろうが、やはりネパールまで来て観光しないのももったいない!

とにかく近くのダルバール広場まで歩いて行ってみよう!

写真はカーラ・バイラヴと呼ばれるシヴァ神の化身の一つで恐怖の神!
カーラ・バイラヴの前でウソをつくと即座に死んでしまうと言われ、
昔はこの像の前に容疑者を連れて来ては罪を白状させたと言う・・・

IMG_2017.jpg

ダルバール広場に入る・・・

ダルバールというのはネパール語で「宮廷」を意味する。
3つの王朝がカトマンドゥ盆地に君臨した時代には王宮前の広場として
カトマンドゥ王国の中心だった。

現在もここカトマンドゥパタンバクタプルにも同様のダルバール広場
あって、それぞれの王が美しさを競い合っただけあって、どの広場も見応えの
ある寺院や宮殿が残っている。

IMG_2023_20140203033653ed2.jpg

地元の人々で広場は賑わっているなあ~
観光客も結構いるけど、ほとんどがローカル。

観光客待ちのタクシードライバー、お参りにきたローカルの
おばさん、デート中のカップル・・・憩いの場となっていた。

ちなみに写真の右の寺院はシヴァ・パールヴァティー寺院と言って・・・

IMG_2032_201402030337515f3.jpg

窓からシヴァ神パールヴァティー妃が仲良く寄り添って
人間の街を見下ろしている

このふたりはとても情熱的なカップルでヒマラヤの奥深く
カイラス山に住んでいるらしい・・・

このシヴァ神の妃パールヴァティーはヒマラヤの娘で良妻賢母。
しかし、破壊神のシヴァの妃だけあってドゥルガーと呼ばれるタイガーに
乗り、10本の腕に武器を持つ美しくも戦闘的な女神にも化身するのだ。

IMG_2030_20140203033727428.jpg

シヴァ寺院。広場中央にある、ひときわ高い建物。
ほとんど寝ていないので身体がけだるく調子はイマイチだけど
登ってみよう・・・

寝転がるおじさん、仲の良いカップル、おしゃべりに夢中な
女の子達の間を抜けながら上へ・・・

IMG_2028_20140203033720877.jpg

最上段の階段に腰を下ろしてダルバール広場を眺める
ほんとローカルが多いなあ~、国内からの観光客も多いのかな?

さっきから僕の横には犬が一匹寝そべっているのだが
チラッ、チラッとたまに僕を見ては「無理するなよ~」って
言ってる気がした

IMG_2033.jpg

国王の住まいがあった旧王宮の方角を見る。
マッラ王によって建てられたタレジュ寺院・・・

IMG_2014_201402030331521eb.jpg

それにしてもダルバール広場にはハトがたくさんいるなあ~
陽が差して暖かそうに見えるけど実は結構寒い!

IMG_2019.jpg

さて、このダルバール広場には生き神クマリが住む館がある。

クマリには女神ドゥルガー他、多数の女神が宿るとされ、
初潮前の怪我や病気の跡の無い、美しく利発な少女が選ばれ、
両親の元から引き離され、神としてのふるまいを方を教え
込まれる・・・

で、このクマリの館に住みながら人々の病気治療や願望成就の
祈願、占いを行っているのだそうだ・・・

IMG_2021.jpg

中に入って見上げて見ると・・・
見事な彫刻が施された窓枠が目に飛び込んでくる・・・

女神の世話人にお布施を渡すと、クマリがその窓から顔を
出してくれるとのこと。ん~~、見て見たい・・・
団体客が来たときに便乗して見るのがいいのだろうが
そんな客が来る様子も無い・・・

運がよければ!と思っていたので今回は諦める・・・

それよりも早くホテルに戻ろう・・・
トイレ、トイレ・・・

| カトマンドゥ | 00:02 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。