アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マレーシア・マラッカ~ババ・ニョニャ文化に触れる旅⑤

IMG_1561_201604242334399ce.jpg
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

予約投稿です!

マラッカの街をさらに散策してみた。
ここはババ・ニョニャ・ヘリテージ。

おさらいしておくとババ・ニョニャというのは数百年前にマレーシア
移り住んだ華人男性と地元のマレー系女性が結婚して生まれた子孫の
事なのだが、男性はババ、女性はニョニャと呼ばれ、独自の融合した
文化が開花した。

このババ・ニョニャ・ヘリテージはプライベートなミュージアムで
チャン家の私邸を家宝とともに一般公開しているのだ。

残念なことに中は撮影が禁止されているが、所狭しと並べられた
家具類は中国や欧州から持って来られたものばかりで、歴史を
感じさせる重厚な物が多い。

長細い邸宅は三階建で、中庭には空から太陽の日差しが程よく
差し込み、非常に解放感溢れる造りが印象的だった・・・

IMG_1569.jpg

マラッカ川の両側はきれいな歩道が整備され古い邸宅や、マレー式の建物
カフェ、ミニ遊園地なんかがあって、歩いていて楽しい。

IMG_1576_201604242336231a6.jpg

が!これはないだろう~~
地元の学生たちがマラッカの歴史を壁画にして表現しているらしいが・・・
なんだかなあ~~・・・雰囲気がねえ~~(苦笑)

IMG_1571.jpg

観光客の集まるオランダ広場も整備中。
押し寄せる観光客に対応すべく今後どんどんとキレイになっていくのだろう・・・

IMG_1573_2016042423341193e.jpg

そのオランダ広場を少し歩くと、白色のきれいな教会に辿り着く。
この教会はセント・フランシス・ザビエル教会と言って、1849年に
フランス人が建てた二つの塔を持つゴシック式の教会だ。

雲一つない青空に白色が映えて非常に美しい!

IMG_1588.jpg

で、そんな美しい教会があるかと思えば、チェン・フン・テン寺院と
呼ばれるマレーシア最古の中国寺院があったりする・・・
1646年に中国から運んだ資材で建てられたと言う・・・

IMG_1587.jpg

中に入ると周辺には線香の香りが漂い、参拝者が絶え間なくやって来る・・・

IMG_1582.jpg

で、もう少し同じ通りを歩くと今度はマレーシア最古のイスラム寺院である
カンポン・フル・モスクが!1728年に建てられたモスクで、礼拝時間には
大勢の信者が集まるようだ。

IMG_1583.jpg

で、またまた同じ通りを少し歩くと、今度はマレーシア最古のヒンドゥー寺院である
スリ・ポヤタ・ヴィナヤガ・ムーティ寺院が!19世紀初めに建てられたらしい・・・

なんと同じ通りにマレーシア最古の中国寺院モスク、ヒンドゥー寺院が!
世界中の宗教施設が狭いエリアにこれほど密集しているとは!

ほんとマラッカの歴史の深さ、そして今も健在で共存している様子は
多民族国家マレーシアの原点を見ているようで興味深いのであった・・・

こんな所、どこにもないよ~~


スポンサーサイト

| マラッカ | 00:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マレーシア・ボルネオ島~コタキナバルで北ボルネオ鉄道に乗る①

IMG_6798.jpg
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

予約投稿です!

マレーシアボルネオ島にやって来た目的の一つが、北ボルネオ鉄道
乗ると言う事!

ボルネオがイギリス領だった時代に、ゴムを運ぶ為に建設されたサバ州鉄道。
2007年から改修工事で運休していたが、2011年より再開!
タンジュンアル駅からパパール駅までの往復22kmの列車の旅!
しかも車両を牽引するのはSL蒸気機関車というからタマラナイ!

IMG_6801.jpg

現在はツーリスト向けに毎週水曜日と土曜日のみ運行されていて
スゴイ人気!早めに予約を取らないといけないぐらいなのだ。

IMG_6797.jpg

出発は10時!指定された席に着くと、汽笛と共にシュッ、シュッ、シュッと
ゆっくりと力強く動き出した・・・

う~~ん!ワクワクするなあ~~



通過する駅は5つ。途中でキルナット駅に停車し、駅周辺の寺院や
市場を訪ねる事ができる。その後、折り返しのパパール駅を経て
タンジュンアル駅に戻ってくる。

IMG_6792.jpg

タンジュンアル駅にチェックインすると1人1人にパスポートが
手渡される。通過する5つの駅の歴史が英語で紹介されている。

う~~ん!にくい演出だねえ~~

しかも駅を通過する度に・・・

IMG_6793_20160424161557013.jpg

スタンプを押してくれるのだ!いいねえ~~

IMG_6794.jpg

レトロな雰囲気が心地よい木造の車内では、欧米人でいっぱい。
観光客向けのツアーなのでローカルの人々が乗り込んでは来ない。
寂しい気もするが、これはこれで楽しいものだなあ~

エアコンは不要!みんな窓を開けて外からの爽やかな風を
感じたいようだ。

IMG_6795.jpg

出発するとすぐに制服を来た愛想の良いスタッフたちが冷たい
アイスティーを持って来た。ちょっとした朝食が出るのだ。

IMG_6806.jpg

カヤジャムを塗ったトーストに、バナナフリッター。
パンダンリーフ色のモチモチしたお菓子など・・・

風味豊かなアイスティーを飲みながらいただく・・・

IMG_6809_2016042416170926b.jpg

ちょうど列車はコタキナバルの空港前に差し掛かった所だ。
時折、耳をつんざくような汽笛を鳴らすのだが、その度に
車で道路を走るドライバーが一斉にこっちを見るのが判る・・・
手を振ってくれるおじさんや子供達の姿も!いいねえ~~

IMG_6813.jpg

食後に今度は温かい紅茶を持ってきてくれた・・・
とにかくこの列車のスタッフたちはにこやかで愛想が良い。

しばらく海の景色が続いていたが、だんだんと海が遠くなり
やがて列車はジャングルの中へと入っていく・・・



僕の乗った車両は最後尾だった為、流れる景色も素晴らしかったなあ~~

続く・・・





| ボルネオ島・コタキナバル | 00:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マレーシア・マラッカ~ババ・ニョニャ文化に触れる旅④


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

マラッカの観光地はギュっと集まっているので観光が
大変にしやすい。サンチャゴ砦のすぐ隣には・・・

古い王宮を再現したマラッカ・スルタン・パレスがある。

IMG_1500_20160228230751949.jpg

「マレー王統記」に書かれていた記述をもとに復元された
巨大で重厚な木造建築。

中は博物館になっていて、スルタンの歴史をたどる事が
できる。

展示の人形の表情がリアルで見ていて楽しい。

IMG_1502.jpg

巨大な建築ゆえに空調が効かないのか、内部は生暖かい。
長~~~い廊下には古い壺や衣装が並ぶ・・・

昔から交易が盛んなマラッカ。展示品は遠く欧州や中東から
運ばれて来たと思わせる、アジアの物とは違った雰囲気が漂う。

IMG_1503_20160228230759222.jpg

スルタンに謁見する様子がリアルな人形で再現されている・・・
今にも動き、しゃべり出しそうな雰囲気。
スルタンの威厳を今に感じるなあ~

IMG_1504.jpg

どこか遠くの国からやって来たのだろうか・・・
当時のスルタンの権力、影響力は絶対的な物だったに違いない。

他の観光客も興味深そうに見ている。

IMG_1511.jpg

王宮を出て、ぐるりと丘を一周してオランダ広場に戻ろう!
キティちゃん仕様のトライショーが!やっぱり乗る勇気がない(苦笑)

IMG_1513_20160228231012494.jpg

赤い郵便ポストを発見!日本にも昔あった懐かしい形を
しているではないか!イギリスの植民地時代の遺産?
日本もイギリスの郵便に影響を受けたらしいし・・・
マレーシアと共通の歴史を感じるなあ~~

IMG_1529_20160228231005782.jpg

オランダ広場まで戻るとマラッカ川に沿って歩いてみた・・・
中国っぽい建物が立ち並ぶ中に・・・

IMG_1485.jpg

古い水車があったり、カフェやミニ遊園地みたいなものもある。
歩道もきれいに整備されていて歩くのが楽しい。

IMG_1533.jpg

で、たどり着いたのは何だか巨大な船。
「海の博物館」らしい。暑い中歩いてきたし、空調が効いているのを
期待して中に入ってみる・・・

IMG_1535_2016022823115303b.jpg

う~~ん、暑い!(苦笑)
火照った体を冷やそうと思ったが残念!

マラッカに来航した各国の歴史的な船の模型などが
展示されていた。

IMG_5145.jpg

当時のマラッカ川と海峡の賑わいが想像できる・・・

マラッカの観光はぶらぶらとゆっくり歩きながら、かつての
繁栄に思いを馳せるのが良いみたい・・・

続く・・・


| マラッカ | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マレーシア・ボルネオ島~コタキナバルの街をウロウロ①


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

クアラルンプールからの乗継で約2時間でボルネオ島の
コタキナバルに到着・・・

眼下にはキレイな海!ビーチリゾートとしてもマレーシア
有名であるが今回はジャングル!なのである。

成田からなら直行便もあるらしい・・・

IMG_6746.jpg

今回の旅行の移動は全てエア・アジアなのだが、これはカラーリングが
LINE仕様となっている!LINEはタイをはじめ東南アジアでは非常に
ポピュラーなんである。

空港はこじんまりとした空港だが新しくてキレイ。

IMG_6747.jpg

タクシーで市内のホテルまで。
荷物を部屋に置いて、さっそくコタキナバルの街へ!

まずは腹ごしらえと言う事で近くのマレー料理のレストランへ。
名前は忘れたけど、梅干しが入った柑橘系のジュースをゴクゴク飲む!美味し!

IMG_6749.jpg

で、メインの料理はナシレマ(右)とラクサ(左)

ナシレマはご飯に漬物や鶏肉、焼鳥、ピーナッツを添えた
マレー料理の代表格!インドネシアにもナシチャンプルという
良く似た物があるが、どちらも大好きだ。
ピーナッツのポリポリ感とご飯の食感が意外と合うのだ。

IMG_6753_2016020723081912a.jpg

コタキナバルはこじんまりとした小さな街ではあるが、近年押し寄せる
観光客や所得水準の上がった地元の人向けに巨大なショッピングモールも
あちこちにあるのだ。

年末という事もあってショッピングモールではいろんなセールをやっていたが
物価が日本と変わらないんだよなあ~・・・靴やシャツとか日本の方が安い!

IMG_6757.jpg

人口55万人のコタキナバルマレーシアで2番目に大きなサバ州
州都であり、東マレーシア最大の都市なのだ。

街並みには昔、イギリス領であった事を思わせる建築が見られる・・・

IMG_6762_20160207230915718.jpg

ジャングルや海など観光資源豊富なボルネオ観光の拠点として
近年、新しいホテルやレストラン、外資のチェーン店等がぞくぞくと
オープンしているようだ。

実際、日本人はほとんど見かけなかったが、中国人や欧州からの
観光客は非常に多い。

IMG_6760_201602072309203c4.jpg

華僑が元々多く住むので、美味しい中華料理店も多い。
夜だけ営業するそんなレストランも多く、歩道まではみ出した
テーブルや椅子に座って食事していると、まるで台湾
香港にいるような気持にも・・・

IMG_6763_20160207230921041.jpg

海岸沿いでは、シーフード料理の店が溢れかえり、地元の人々と
観光客でびっしり!あちこちから魚やイカ等を焼く良い香りが漂ってくる・・・

IMG_6766.jpg

いつまで営業しているの?と聞きたくなるぐらい遅くまで
開いているナイトマーケットをだらだら歩いて見るのも
楽しい。

もう少し、コタキナバルをウロウロしよう!

続く・・・

| ボルネオ島・コタキナバル | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マレーシア・マラッカ~ババ・ニョニャ文化に触れる旅③


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ババ・ニョニャ文化が息づくトゥン・タン・チェン・ロック通りを
抜けるとマラッカ観光の中心であるオランダ広場に出る。

広場にあるマラッカの象徴的な建物であるムラカ・キリスト教会
きれいなピンクが鮮やかな美しい教会だなあ~

IMG_1472.jpg

さすが観光の中心地だけあって観光客で凄い人。
その観光客を派手派手なトライショーが客引きを
しているのだが、皆、写真を撮るだけで実際に乗る人は
少ない気がした。

これに乗るのはちょっと勇気が必要な気がする・・・

IMG_1477.jpg

このオランダ広場、人も多いが交通量も多くカメラに夢中に
なっていると危ない!



そんなオランダ広場の様子を撮影しました!

IMG_1482_20160111205613f14.jpg

キリスト信者ではないけれど教会に入ってみた。
外観のピンク色の派手な印象とは対照的に落ち着いて
シンプルな内観。1753年にオランダ統治時代に建てられた
教会だ。

今日は日本の終戦記念日。世界平和と家族の幸せを祈る・・・

IMG_1487_20160111205646d04.jpg

オランダ広場の横は丘になっている。
ぐるりと丘を回ってやって来たのはサンチャゴ砦

1511年にオランダとの戦いに備えるためにポルトガル軍に
よって造られた大砲もある砦跡。

IMG_1490.jpg

この砦跡から丘を登る階段が続いているのだが
途中でマラッカの街並みも見渡せるのだが、真新しい
ホテルが目立つなあ~

今、ほんとに東南アジアの観光地は大挙して訪れる
中国人観光客を当てにしたホテルの建設が盛んだ。
特にバリ島やベトナム等のリゾート地は凄まじい。

IMG_1493.jpg

丘の頂上に辿り着くとそこにはセント・ポール教会が建っている。
この教会跡は日本人にも馴染み深い、あのフランシスコ・ザビエルの
遺骨が9か月間安置された場所でもある。

IMG_1492_20160111205910b5f.jpg

ポルトガル支配の頃、マラッカは西洋の宣教師達の
活動拠点であり、この教会は1521年に建てられた。

今では天井は崩れてしまい青空がのぞく廃墟のような
感じではあるが、ザビエルの像が立っており神聖な
雰囲気は感じられるなあ~~



そんな教会からはマラッカ海峡をきれいに見る事ができる。

360°の眺めをご覧ください~~
ザビエルの像も観れます~~

| マラッカ | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。