アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バリ島・トゥガナン村を散策

この土日、急遽東京に行って参りました!
この時期としては41年ぶりの降雪だってということで
東京は無茶苦茶寒かったです!!

それでは、常夏のバリ島のお話。。。(笑)

バリ島・トゥガナン村

バリ島チャンディダサからほど近いトゥガナン村。
バリ島ではバリ・アガと呼ばれる先住民族が存在する。
島内にいくつか、その民が住む村があり、トゥガナン
その中のひとつだ。

村の入口で

この「トゥガララン」とも表記する村の人たちは、村独自の
暦や伝統文化・儀式・戒律を厳格に保ち、かつて女性は村の
出身の男性としか婚姻も許されていなかったという。。。
今でもやや閉鎖的な村だ。

アタ製品

トゥガナン村と言えば女性に大人気の
アタ製品が特産品。写真のような小物入れや
バッグなど、日本でも大変人気が高い!
世界中からバイヤーが訪れる村でもある。

トゥガナン村の様子

縦長の村は南北500m、東西250mと
大変こじんまりしている。また、村の周りを
外部との接触を絶つように塀が囲んでいる。

ダブルイカット製造の様子

また、トゥガナンではアタ製品の他、世界的に
大変珍しい『経緯絣』(たてよこかすり)、と
呼ばれる貴重な布を製造している。

ダブルイカットとも呼ばれるその布は、縦糸も
横糸も染めて織る、手の込んだ布だ。出来上がる
まで、何ヶ月も掛かる物もある。

購入したダブルイカット

ある一軒の店でお茶を飲みながら商談!
奥から『アンティークもあるよ!』と持ってきたのは
60年前の物だという3000ドルの物!あやしい~!(笑)

本当のアンティークの物もあるにはあるが
そういう布は普通は門外不出で家の宝として
大事に保管されている。ここで売っている
アンティークはその辺の天日で焼いた物だと
ある信頼のおける現地の友人に聞いた。

気に入った普通のサイズを購入し、店のおばちゃんと
記念撮影。。。

テリマカシ!

↓↓ いつもご覧頂きありがとうございます!ぽちっと! ↓↓





スポンサーサイト

| バリ島・チャンディダサ周辺 | 22:08 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バリ島・チャンディダサの村祭りを見学する

チャンディダサの村祭り

ホテルのスタッフの計らいで、チャンディダサの村で行われる
祭りに連れて行ってもらった。

クバヤを着て祭りの会場に向かう親子をチラホラ見かけた。
しかし、いつ見ても器用に頭で物を運びます。

子供もとても楽しそうです。

祭りの行列

少し歩くと祭りの行列に遭遇!

みんな炎天下の中、だらだらとおしゃべりしながら
歩いています(笑)

祭りの行列2

クバヤを着た女性達。

村と寺の結びつきが強いバリ島ではこんなお祭りが
至る所で行われています。
年中、宗教行事の予定がつまっているとも言えます。

バリ島の村コミュニティは結束力が凄いです。

祭りの行列3

バリ人は村の行事があると、仕事を休んだり早退したりするので
店やホテルのオーナーが嘆いている話を良く聞く。

もちろんバリ人でない、特にバリヒンドゥー教に関係のない人達だ。

祭りの行列4

でも、楽しそうな祭りの様子を見ていると
こういう生活もありだなあ~と思えてくる。

皆、知った物同士、幼馴染。
怒ると怖い裏の家のおっちゃん、村の知恵袋的存在のお婆ちゃんとか。。。

祭りの行列5"

逆に近所にどんな人が住んでいるのかさえ知らない
現代の日本社会。

プライベートは確保されているが反面、老人の孤独死や
子供の虐待等のニュースを見るとやりきれない気持ちに
なる。

プライベートが『確保』されていると言うよりも
人々の『無関心』が度を過ぎた結果ではないのかな??

海へ踊りの奉納

村代表の娘達が踊りを奉納。

『私、恥ずかしい~踊れない!』としゃべっているような
写真、右側のお姉さん。

実際にへたくそだった。。(笑)

祈り

皆で輪になって村の安全と人々の幸せを祈ります。

司祭

司祭が村人に聖水を振り掛けて、お祭り終了!

僕にも掛けてくれた!
なんだか凄く幸せな気持ちになれた。

ああ、これなんだなきっと。。。


↓↓ いつもご覧頂きありがとうございます!ぽちっと! ↓↓

| バリ島・チャンディダサ周辺 | 00:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バリ島・チャンディダサ

チャンディダサの街並み

写真は2003年11月に行ったバリ島の東部の街チャンディダサ
クタスミニャックのような賑わい、交通渋滞もなくの~んびりした街。
通りにあるのは数件のレストラン、土産物屋、1件のマッサージ屋
ちょっとしたコンビニぐらい。。。

『何にもしない旅』をテーマに、考えた末に選んだ何にもない街。

チャンディダサの海

海はクタレギャンに比べると透明度が高く美しい。
ただ、浜辺が狭くビーチでのんびりという訳にはいかない。

漁村がメインでその村の周囲を広大なバナナ園が囲んでいる。

小学校の生徒たち

近くの小学校の生徒達が下校していました。
インドネシアの小学校は2部制になっており
午前の部に通う子供達と午後の部に通う子供達がいるそうな。

チャンディダサ

とにかく観光客が少ない。ここに来る観光客は
トゥガナンというアタバッグで有名な手前の村に
クタサヌールから日帰り観光するぐらいで
チャンディダサまで来て泊まる人は少ないようだ。

また街がこんな感じなので観光客は食事を取る以外は
ホテルでのんびりしているようだ。

朝起床→ホテルで朝食→プールサイドで読書→ホテルで昼食
部屋に戻って昼寝→ホテルのテラスで再び読書→外で夕食→
テラスで読書→就寝

ほぼ2週間こんな感じ。本を何冊読んだ事か。。。

予定を立てない、携帯を持たない、時間を気にしない。。。


↓↓ いつもご覧頂きありがとうございます!ぽちっとお願いします! ↓↓


| バリ島・チャンディダサ周辺 | 00:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。