アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・シェムリアップ~ランブータン・リゾート(旧ゴールデン・バナナ)


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

カンボジアシェムリアップのホテル選びは6号線を挟んで
巨大な大型ホテルに宿泊するか、それともバーストリート
市場のある周辺で探す事になるのだが・・・

上の写真はバーストリート(パブストリート)の昼間の様子。

IMG_7168_20160208000225417.jpg

個人的にはバーストリート周辺で探すのがおススメ!

遅くまでバーストリートで過ごせるし、土産物屋、街スパも
この辺に集中しており、全て徒歩圏内なのが嬉しい。
昼間は遺跡観光に集中し、夜はこの周辺でまったりと過ごしたい。

でも、夜は静かに眠りたい・・・

IMG_5964.jpg

そんな希望を叶える素晴らしいホテルがここ!
ランブータン・リゾート(旧ゴールデン・バナナ)だ!

バーストリートまでとぼとぼ歩いて10分ぐらい。
こじんまりとメインプールを囲むように客室が並ぶ姿は
アジアンテイストに溢れており美しい。

IMG_6348.jpg

部屋数も16室と少なく、ノンビリと過ごしたい旅行者には打ってつけだ!
スタッフの対応も非常にフレンドリーかつ誠実なので、信用できる。

IMG_6166.jpg

レセプション近くに置かれたソファ類にも遊び心が・・・

IMG_5961.jpg

このホテルのツイン・デラックス・ヴィラに滞在したのだが
リネン類もパリッとしていて清潔で寝心地が良く・・・

IMG_6347.jpg

部屋の中の階段を登った先はテラスのあるプライベートな
屋上になっていて、そこにはデッキチェアとバスタブが!

シャワー上がりに、このデッキに寝転がって一日の遺跡観光の
疲れを癒してたなあ~~

IMG_5963.jpg

部屋のデザインはアジアンテイストに、絵画を見てもわかるが
ポップな印象を加えた感じで楽しい雰囲気になっている。

IMG_5962.jpg

アメニティは必要十分な物が揃っている。
シャワーの出も申し分なかったなあ~←これ重要!

シェムリアップのホテル選びに迷っている方には迷わずお勧めしたい
ホテルなのです!

ホテルの詳細はこちら!トリップアドバイザーで!
スポンサーサイト

| シェムリアップ | 00:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・シェムリアップ郊外のプノンクーレンを訪ねて②


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

カンボジア人がピクニック感覚で訪れるシェムリアップ郊外の
プノンクーレンにはプリア・アントンと呼ばれる巨大な砂岩から
掘り出された約9.4mもの涅槃仏が安置されている。

その涅槃仏が安置されているお堂には写真のような階段を
登っていかなければならない

IMG_6517.jpg

階段の手前で裸足になり・・・

IMG_6514.jpg

お堂を目指すのだ。

IMG_6519.jpg

お堂に行く途中にプノンクーレン周辺を一望できる所が
あるのだが、もうとにかくジャングル・ジャングル。
深い熱帯雨林のジャングルが周辺を覆い、地面が見えない

このジャングルの奥深くには未だ発見されていない遺跡があるのだろうか・・・
そんな事を考えていると楽しくなってくるものだ。

IMG_6526_201501122316473f1.jpg

おおっ!これか!
本堂に入ると線香の香りが漂い、その中にでーんと巨大な
涅槃仏が安置されていた。

16世紀に造られたものらしいが、今でも参拝客が絶えないのか

IMG_6534.jpg

涅槃仏にはたくさんの小さな仏像や供物が供えられていた・・・
カンボジアでも仏教に対する信仰は厚いようだなあ。

IMG_6531.jpg

お隣タイからも王族が訪れたりしてるらしいが・・・

どこの国でもそうであるが隣の国同士は仲が悪い・・・
タイとカンボジアは国境を巡って今でもプリア・ヴィヘア周辺で
時々、銃撃戦が起きている・・・

またベトナムとも仲が悪く、トンレサップ湖に住む多くの
ベトナム水上生活者は差別を受けているそうな・・・

IMG_6535.jpg

お堂を出て階段を降り、ヒンドゥー教の象徴でもあるリンガヨニ
水を掛けてお祈りをする・・・

掛けた水は命の源泉となって下流に流れていくのだ。

IMG_6539.jpg

その後、駐車場に向かう途中に川があり、そこにもやはり巨大なリンガ
川底に彫られていたなあ~

IMG_6550.jpg

そして無数の小さなリンガも・・・
こうやって下流に住む人々に繁栄と豊穣をもたらすのだ。

IMG_6540.jpg

そして川岸に彫られたヒンドゥーの神々・・・

IMG_6546.jpg

その川で洗濯をし、水浴びをする村人がたくさん見られた。
物質的にはまだまだ恵まれていないけれど、このパワースポットで
毎日生活できる彼らは僕らよりも心豊かに生きているのかな~っと
そんな事を考えていたのだ。

| シェムリアップ | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・シェムリアップ郊外のプノンクーレンを訪ねて①


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

カンボジアシェムリアップ郊外にプノンクーレンと呼ばれる
アンコール王朝の幕開けの地とされる場所がある・・・

川底に掘られたリンガやヒンドゥーの神々で有名なのだが
地元の人の間ではピクニック等、手頃なレジャーの場所として
知られている・・・

とにかく、そこに行くまでの道のりが舗装されていない道を行くので
なかなかに振動がお尻に効いて痛い

IMG_6474.jpg

あの小高い山がプノンクーレン(ライチの山)だ。
なんでもライチの木がたくさん生えているのでそう呼ぶらしい・・・

ほんの数年前まではこの辺りはポルポトの拠点と言うこともあって
外国人がむやみに立ち入る事が出来なかったらしい・・・
今でも撤去されていない地雷が相当数残っているそうだ・・・

IMG_6482.jpg

しかし今は大きな駐車場を完備した地元の人々が大勢訪れる
場所になっていて、土産物屋やレストランもたくさんあるのだ。

IMG_6485.jpg

で、そこを流れる川底には写真のようなヴィシュヌ神ブラフマー神
レリーフや無数のリンガが彫られていたりと遺跡も豊富にある。

IMG_6493.jpg

その川にある落差20mもの滝下は地元の人々の水遊び場となっており
僕が訪れた時も大勢の人々でにぎわっていた。
ポルポトによる血の粛清は今は昔・・・

今では人々は平穏で平和な日々を謳歌できるようになったのだなあ~

IMG_6504.jpg

旅行会社が用意してくれたランチボックス。
暑い中を時間をかけてやってきたので思わず匂いを嗅いでしまった

カンボジアで食べるオニギリは美味しかった~~
味付け海苔でなかったのは残念だけど・・・←関西人は味付け海苔でオニギリを作る!

IMG_6505.jpg

所々に古い遺跡があるなあ~~

この山に点在するレンガ造りの寺院遺跡はプレ・アンコールから
アンコールへの過渡期と位置付けられた遺跡なんだそう。
なのでこの地は以後600年続くアンコール王朝発祥の地なのだ。

IMG_6508.jpg

こんな郊外の辺鄙な場所にもたくさんの人々が暮らしており・・・

しかし、ゴミがすごいなあ~~・・・

IMG_6509.jpg

そこそこしっかりとした家がたくさんあって驚いた。
自給自足の生活なのかなあ~~??

ちゃんと電気も通っているようだなあ~

IMG_6513.jpg

外国人はやはり珍しいのか?子供達がキャーキャーと騒ぐ
カメラを向けると御覧の通りの笑顔・・・

もう昔のような悲劇は繰り返してはいけないな!
今日は幸せそうなカンボジアの人々をたくさん見れて良かったなあ~

続く・・・

| シェムリアップ | 00:00 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・シェムリアップのレストランで牛の脳みそを食らう!?

夜のシェムリアップの様子
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

昼間は精力的に?遺跡の観光に励み、夜はシェムリアップ
街をトゥクトゥクに乗ってレストランへ。。。

写真はシェムリアップのメイン通り、シヴォタ通りの様子。
夜遅くまで店が開いており、多くの観光客で賑わっている
概ね、このあたりの治安は良いようだ

IMG_6657.jpg

ガソリンスタンドもある!!
車よりもバイクが多いのはお隣の国ベトナムと一緒だ。
まだまだ地元の人が車を所有するのは難しい。。。

IMG_6659.jpg

そんな夜の街をトゥクトゥクから眺めつつ、やって来たのは
国道6号線沿いにあるロム・ドゥル・シェムリアップという
カンボジア鍋の専門店で、地元のでも人気のある店なのだ!

IMG_6661.jpg

ピンボケ気味で見にくいが、オープンエアの店内には
地元のお客さんに交じって観光客の姿もチラホラ。。。

IMG_6662.jpg

最初にドリンクを注文!
頼んだのは何だか珍しいなあ~という事で冬瓜のお茶を!

良く冷えているのだが、肝心の味は。。。なんと言うか
青臭い風味でおいしいものではないなあ~
飲めない訳ではないけど、もう二度と飲む事はないだろうなあ~

IMG_6666.jpg

適当に鍋の食材を注文する。。。
上の左から卵麺、鶏肉、キノコの一種?、カリッとした『アゲ』
下は空芯菜に細い何かの野菜。。。

IMG_6668.jpg

で!手前に卵と一緒に皿に盛られた白いプニュプニュした物体が
牛の脳みそだ!

オススメは?と店員さんに聞いたらこれを薦めるので、じゃっ!と
ばかりに勢いで注文したが、出てきたのを見てちょっとびびる
ま、良く火に通せば大丈夫だよな?フグの白子みたいなもんだろ?と
気持ちを落ち着かせつつ。。。

さて、これらの食材をどのように調理すればいいんだろう?と
思っていたら。。。

IMG_6671.jpg

店のおばちゃんがテケテケとやって来て、鍋に豪快にザバッと
入れてくれる。。。順番はどうでもいいのね

IMG_6670.jpg

で、いろんな調味料を持ってきてくれるのだが。。。
左からタマリンド(酸味の元。東南アジアでは良く出てくる)
そしてプラホック。。。カンボジア料理の必需品!日本の
味噌みたいなものだが、これがもう魚臭くて僕はギブアップ!
前回のカンボジア訪問時にも何とか慣れようとしたけれどダメ!
口に含んだ瞬間に腐った魚の風味が・・・

でも、好きな人にはたまらない一品だと思う!

IMG_6674.jpg

グツグツといい具合になってきたので、いただきま~~すっ!
鶏肉は地鶏なので身が引き締まっておいしい!麺は日本の
ラーメンとそっくりでお隣タイのバーミー・ナムと同じ!
これもおいしい!空芯菜はコリコリして新鮮!これもおいしい!
空芯菜をどんどん追加注文する!

鍋のダシを器にいれ、タマリンドを入れて酸味を出して頂く。。。
暑い国なのに何故か鍋がおいしい!もちろん汗が噴出すように
出てくるが、その汗が心地いいのだ!

で、牛の脳みそ。。。ジュルリとすべるように口に入っていく。。。
とろける脳みそ。。。口の中に広がる濃厚な生臭さ。。。

牛さん!ごめんなさい!!
これはダメだ~~~

| シェムリアップ | 00:00 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・シェムリアップで伝統芸能の影絵(スバエク・トーイ)を鑑賞した!

シェムリアップでスバエク・トーイ
記事中の全ての画像はクリックすると拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

カンボジアシェムリアップのレストラン、バイヨンⅠで
ディナーを見ながら伝統芸能のスバエク・トーイ影絵芝居)が
鑑賞できるというので行ってみた。。。

ブレブレの写真で恐縮です!
ステージの前に陣取り、料理を注文して開演を待つ事に。。。

IMG_6354.jpg

とりあえずビールがやってきた。。。
タイガービールはともかく、左のバイヨンビールに興味津々。。。
世界遺産のバイヨンという名を冠したカンボジアオリジナルビール!!

ゴキュッ・ゴキュッ。。。

やや甘みのあるすっきりした味だ!飲みやすく何杯でもいけそう

IMG_6355.jpg

続いてサラダ。。。

これはカンボジアのサラダだったと思うのだが名前を忘れた
生野菜、大丈夫かなあ~~?と思いながらもムシャムシャ食べてしまう

僕だけの一人旅の場合はほとんど火の通ったものしか食べないが
何でも食べたい派の奥さんと一緒に行く場合は生野菜だろうが氷だろうが
カットフルーツだろうがお構いナシに食べまくる!!

アジア好きのおっさんと称しながらも、食事には実に神経質なのだ

IMG_6364.jpg

おっと~~、芝居が始まったぞ!!

芝居の内容は古代インドの叙事詩「ラーマーヤナ」を基に
した物で、セリフは全てクメール語!

予め配られる英語のストーリー解説書を読みながら芝居を観る

IMG_6362.jpg

人形劇は時に激しく、時にのんびりと展開していく。。。

ストーリーが良くわからなくても光に照らされてイキイキとした
動きを観ているだけでも楽しいと思う

IMG_6356.jpg

え~~と、これはガーリックたっぷりのエビと野菜の炒め物!
これもカンボジア料理だったと思うけど。。。
とにかく。。。エビがプリッとしていて非常においしい~~!

このバイヨンⅠというレストランはガイドブックによると。。。
味の良さ、料理の種類の多さでトップレベルのカンボジア料理店との事!

ふ~~む、なるほど他のテーブルを見回すと、JTBやHISなど
日系の旅行会社のツアー客が多い!しかも良い席をリザーブしている

個人旅行で来ている日本人は僕ら夫婦だけのようだ

IMG_6368.jpg

ちょっとトイレのついでに舞台裏を覗いてみた!

あれま~~!皆若い若い!!
高校生ぐらいの子達が人形を操っている!!

IMG_6375.jpg

それに写真には写っていないけど、楽器の演奏も同じぐらいの
歳の子達がやっている!!

表情は真剣そのものだ!

長い内戦の間、演じられる事もなく、さらに指導する
人々が内戦の犠牲となったために最近まで忘れ去られた
芸能だったらしい。。。

政情が安定してきたこの5~6年で政府も芸能の復興と
保存を考えるようになってきたとの事。。。

この芸能の未来もこの若い青年達に託されているのだなあ~~

IMG_6358.jpg

自分の席に戻って、運ばれてきたのがこのプラホック・クティ!!

カンボジア料理に欠かすことの出来ない大事な調味料で
日本の味噌のような役割を果たすプラホックに豚のひき肉を入れ
ココナッツミルクで合わせながら炒めた料理なのだが。。。

ギブアップ!!

くさやのような強烈な風味と塩辛さが二口目を許さなかった。。。
奥さんも野菜に付けて食べるなどしたが、ダメだった。。。

でもこれ、クセになる人にはたまらないおいしさなんだろうなあ~~。。。

納豆でもイカの塩辛でも平気な僕だが、このプラホックはダメだった。。。

IMG_6376.jpg

プラホックに完敗し、影絵も終了。。。
部屋に帰って明日巡る遺跡の予習でもしておこう!!

「終わりました」か。。。
ちょっと日本語の使い方が。。。

| シェムリアップ | 00:02 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。