FC2ブログ

アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

インドネシア・ジャワ島・プランバナン遺跡に行ってみた!

プランバナン遺跡

ジャワ島からバリ島への移動日にジョグジャカルタ空港に
程近い世界遺産プランバナン寺院を訪れてみた。

小雨の降る生憎の天気だったが雨季だから仕方がない。。。

所々でレンタル傘屋が僕に向かってアピールするが
日本でもあまり傘をささない性分なのでノーサンキュー

プランバナン遺跡公園


遺跡周辺はボロブドゥール遺跡同様に広大な公園になっていて
観光客はもちろん地元の人々の憩いの場にもなっている。

遺跡は修復が進んでおらず、写真のように放置された物も
多い。特に2006年に起きたジャワ島中部地震での被害は
甚大で全体の修復の目処が立っていないという。。。

IMG_7648.jpg

とにかく観光客が多い多い。

外国人観光客よりもインドネシア国内から来た観光客が多く
修学旅行の学生が多い。

遺跡の陰でタバコを吸っている学生達を発見(笑)
一応、先生に見つかったら怒られるようですね(笑)

遺跡の階段は急なので気をつけて

IMG_7617.jpg

レリーフも必見!!

ヒンドゥー教の寺院なんだけどレリーフ
どことなく仏教の神様っぽい
カーラも祀ってます。

IMG_7618.jpg

表情がとてもリアルで今にもこっちを振り向きそうだ
アンコールワット寺院のデバターよりも表情は繊細で豊か。

IMG_7639.jpg

彫りはボロブドゥールに軍配

IMG_7651.jpg

台湾から来たと言う男性に写真を撮ってもらった

地元の小学生の団体がウロウロしていたんだけど
日本人が珍しいのかサイン攻めにあった(笑)
次から次からお願いされるので切が無い。←サインに応じている(笑)

IMG_7659.jpg

プランバナン遺跡には大きな6つの仏塔があるのだけど。。。

シヴァ神、ヴィシュヌ神、ブラフマー神を祀る3つの仏塔と
それぞれの神様が乗る乗り物、ナンディ(牡牛)、ガルーダ(神鳥)
ハンサ(白鳥)を祀る3つの仏塔で構成されている

IMG_7660.jpg

ふと空を見上げるとガルーダインドネシア航空の飛行機が飛んでいた。

やっぱりヴィシュヌ神が乗っているのだろうか??

| ジャワ島・ボロブドゥール他 | 00:39 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インドネシア・ジャワ島・ボロブドゥール遺跡④

ボロブドゥールのサンライズ

いきなり真っ黒な写真ですみません。。。(笑)

夜が明ける前のボロブドゥール遺跡の様子なんです。
わかりますか??

現地時間で4時起床。日本時間で6時ですね~。
ホテルから懐中電灯を受け取って真っ暗闇の中、遺跡を目指します。

ボロブドゥールのサンライズ2

少し明るくなってきましたよ。

霧が立ち込めており、とても幻想的です。
肌寒く、長袖のシャツが必要です!!

ボロブドゥールのサンライズ3

さらに明るくなってきました!
相変わらず深い霧。

そして。。。厚い雲が。。。

サンライズは見れないのかな~~~。

ボロブドゥールのサンライズ4

ほんと深い霧です。

写真には写っていませんが、結構観光客も集まってきていますよ。

ボロブドゥールのサンライズ5

お~~~~!きた~~~~!
サンライズ!!

でも迫力に欠ける。。。

ボロブドゥールのサンライズ6

あれ?どこに消えた??

厚い雲に隠れてしまったようです。。。。

結局サンライズはこれで終了。。。

ボロブドゥールのサンライズ7

完全に明るくなりました。。。。

今日の天気は曇りのようです。。。

でもまあ、一瞬だけでも小さかったけれど
サンライズが拝めて良かったかなと。。。

僕のブロ友さん2名がこのサンライズツアーに参加されていますが
こんな感じで終了した模様です。。

きれいなサンライズが見れるのはめったにないとの事です。

残念だけど仕方が無いので宿に戻って一眠りしようと
遺跡を降りていると、遺跡清掃のおじさんが手招きするので
なんだと思ったら。。。

ポーズを決める私

『ボロブドゥールでのお祈りの仕方を教えてやる!』と言うので
言われた通りのポーズを決める私。。。(笑)

そしてこの写真を撮ってくれた。
あっ、お腹のポッコリはポケットに懐中電灯とか
入れてるんで大きく見えるだけです!念のため(笑)

祈りが終わると、『これで君は日本に帰っても幸せな生活を送れるぞ!』と
ニッコリ笑いながら手を差し伸べる。。。

チップだ!!!(笑)わ~~~やられた!(笑)
ポケットに丸まっていた5000ルピア札を渡して遺跡を後にした(笑)

ま、なんか清々しい気分になったような気もするので良しとしておこう!(爆)

| ジャワ島・ボロブドゥール他 | 23:45 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インドネシア・ジャワ島・ボロブドゥール遺跡③

ボロブドゥール遺跡公園

ボロブドゥール遺跡は巨大な遺跡公園の中央にあります。

公園内のトラム

公園内は徒歩でぶらぶらする事もできますが
写真のようなトラム?に乗って公園をぐるぐる廻る
事ができますよ~。

僕も5000ルピア(約50円)を払って乗り込む!(笑)

公園内のトラムの様子

乗車前にペットボトルの水がプレゼントされるオマケ付き!
インドネシア人の家族連れに大人気でした。

遺跡公園内の博物館

博物館の前で降りて、中に入ってみると。。。

未整理のボロブドゥール遺跡の破片

未整理の遺跡の破片がぎっしりと庭を埋め尽くしてました!
常々思うんだけど遺跡の修復や記録、管理って大変ですよね~。
気の遠くなるような壮大なパズルを解くような印象です。

ボロブドゥールのトップ

ボロブドゥール遺跡のトップにあるストゥーパ
安置されていた未完成の仏陀像ということです。。。

これから先は博物館の内部に入っていくんですけど
撮影禁止です!

発掘、修復の歴史が多数の写真や模型で詳細に語られて
いました。

遺跡公園内の花屋さん

公園内には日本で言う『花屋さん』があって
熱帯植物の好きな僕にはたまらない場所でした!
日本では見かけないサトイモ科の植物があったり
日本にもって帰りたいんですけど、検疫が。。。

基本的に『土』の付いた物は日本への持込が
禁止されているんですね~~。

タイスワンナプーム空港に売っている僕が良く買う蘭は
瓶詰めで土を使わず培養ゼリーに植わっているのでOKなんだとか。。。

遺跡公園の外

遺跡公園を出ると何にもない地元の道路となっていて
チャドルを被った女の子達が自転車に乗っていました!

馬車に乗る女の子達

中には馬車に乗って家に帰る子達の姿も!

普段、インドネシアと言えばバリ島ばかりだったので
チャドルを被る女の子を見ると、そうだそうだインドネシア
イスラムの国だったんだと納得するのでした。。。

続く。。。

↓↓ いつもご訪問ありがとうございます!ぽちっと!(笑) ↓↓

| ジャワ島・ボロブドゥール他 | 23:55 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インドネシア・ジャワ島・ボロブドゥール遺跡②

ボロブドゥール遺跡の遠景

ボロブドゥール遺跡はご覧の通り巨大で
それはそれは魅力的な遺跡です。
細部を見ると、その造りやレリーフ
美しさに目を奪われます!

ん~~。この写真、身長が高く見えるので
いい感じだな~~(笑)

何か、お腹がぽっこりしてるし!やだやだ(笑)

ボロブドゥール遺跡の外観

遺跡の周りには仏像を安置した小さな祠?が
たくさんあって、造りの複雑さが際立ちます!

ボロブドゥール遺跡の外観2

表情がひとつひとつ違う仏像が安置されていて
見ていて飽きません。

ちなみにボロブドゥール遺跡は世界三大仏教遺跡の
一つなんですよ!

残りはカンボジアアンコールワットミャンマー
バガン遺跡です。ってこれ、前回も記事に書いたような。。。(笑)

ミャンマーにも行きたいな~~。軍事政権下で政情は
不安定だけど、黄金の丸い石が転がるチャイテイヨーとか
素朴な風情のインレー湖とか魅力的な所が多いですからね~~。
首都のヤンゴンも楽しそう。。。

ボロブドゥールのレリーフ

話は戻ってボロブドゥールのレリーフなんですが
これが凄く彫りが深く、特に人のレリーフ
まるで人の上から石膏で固めたの??と思うぐらい
表情がリアルで、ドキッ!としてしまいます。。。

ほら、生身の人間に見つめられている感じがしませんか??(笑)

ボロブドゥールのレリーフ2

ねっ?彫りが深いでしょ??
アンコールワットレリーフも素晴らしいですが
人の顔や体躯の表現は、ボロブドゥールの方が
優れていると思います。

象のレリーフ

アジアの遺跡に必ずある象さん。

ボロブドゥールのレリーフ3

レリーフはお釈迦様が誕生する所から悟りを啓くまでの
場面が絵巻物のように展開されているんです。

ボロブドゥールのレリーフ4

素晴らしいレリーフがある反面、やはりと言うか
東南アジアのどこの遺跡でも見られる途中で製作を
中断したレリーフがあったりするんですよね~(笑)

見えない所は必ず手を抜くし、中断する時は中断する!(笑)
この気質は今のインドネシア人にも当てはまりますな(笑)
いや、アジア全体かな??(苦笑)

ボロブドゥールのレリーフ5

じっくりとこんなレリーフを見ながらここに居ると
時間がなんぼあっても足りません!(笑)

ガイドを雇わないと細かなレリーフの意味なんかが
わからずに残念ですが、小さなこの遺跡に関する
本なんかを用意して鑑賞すると、良さそうですね~。

さ、雨が降ってきそうだし、ホテルに戻るかな?

↓↓ 遺跡めぐりが大好きな人!ぽちっと! ↓↓

| ジャワ島・ボロブドゥール他 | 23:54 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インドネシア・ジャワ島・ボロブドゥール遺跡①

ングラライ空港の国内線

国際線に比べてこじんまりとしているバリ島
ングラライ空港の国内線。空港施設使用料として
3万ルピアを払う。インドネシア人でも同額を
払わなければならないようだ。

歩いて飛行機へ(笑)国内線だからこんなものだろう(笑)

目指すはお隣の島、ジャワ島にあるボロブドゥール遺跡!
行きたい、行きたいとは思っていたが遂に行く事に!

ボロブドゥール遺跡入口

ジャワ島ジョグジャカルタに到着!

久々に飛行機が揺れる揺れる!

隣に座っていた、インドネシアのおばさんは
恐怖で前の座席に頭をくっつけて必死に耐えていた。。。
確かにこれだけ揺れた経験は久しぶり。
ちょっと酔ってしまった(笑)

空港からタクシーをチャーターしてボロブドゥールへ!
約1時間で到着!!

げげげ!すんごい急な階段だ!

ボロブドゥール寺院

息を切らせながらなんとか登りきると
視界が開けて目の前にボロブドゥール寺院が!

思ったよりもでかい!大きい!
息が戻るのを待ちながら、しばし眺めてみる。

ほんま、筋力も体力も心肺機能も中年のおっさん丸出し。。。(苦笑)

さあ!遺跡の頂上を目指します!
また、急な階段や~~~!(笑)

ボロブドゥールの急な階段

アンコールワットの遺跡群もそうだが、急な階段が
多い!しかも踏み込みが浅く、靴全体がおけないステップも
あったりと危険極まりない!横向きに登る人や降りる人の
姿を良く見かけた。

私、chempakaも手摺を持ちながら慎重に上へ上へ。。。(笑)

ボロブドゥールからの眺め

やっと頂上へ。。。
さすが観光名所だけあって観光客も多い。
日本人、中国人、韓国人、タイ人?(カーカー言っていたので)と
アジアの人々が多い気がした。

頂上からは熱帯のジャングルが見渡せる。。。絶景だ。。。
しかし、周りに何にもない所だな~~。

ストゥーパ

ボロブドゥールと言えばこの立ち並ぶストゥーパが有名ですね~~。
ストゥーパの中には。。。

ストゥーパの中の仏様

仏様がいらっしゃいます!!

あっ!どうもこんにちは!(笑)

むき出しの仏様

中にはむき出しの仏様もいらっしゃいます。。。

ストゥーパの中に手を突っ込んで仏様を触ろう!と
試みる観光客が多いのですが、私、chempakaは
腕が短く、全然仏様に届きませんでした。。。

昭和初期の体型なもので。。。(笑)

続きます!

↓↓ 私も昭和初期の体型だと言う方!ぽちっと! ↓↓

| ジャワ島・ボロブドゥール他 | 23:51 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |