アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミャンマー・インレー湖~インディン周辺をボートで散策


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

インディンの市場を出発し、周辺をボートで巡ってみる。
水上に建てられた家々には蘭が吊り下げられ、豊かな
生活が垣間見れる。

タイの水上マーケットに向かう途中にも多くの水上に建つ
家屋を見たが、同じような光景だ。

IMG_7170.jpg

家の2つの小窓から外の様子を伺う人々と
孫とおばあちゃん?が楽しそうにしている・・・
なんとも微笑ましい光景だなあ~

IMG_7168.jpg

で、やってきたのはシルバー細工をの工房。
ここインレー湖ではこんなシルバー細工の工房が
たくさんあるようで外国人観光客がたくさん見学に
訪れていた。

作業者は男ばかり。ミャンマーの人々も他のアジアの
国々の人々と同様に手先が器用なんだろうな~

IMG_7160.jpg

その作品の一部を見せてもらったが、すごい繊細で緻密なデザイン!
下手に値段を聞くと、しつこい値段交渉が始まりそうなので聞かなかったが(苦笑)

IMG_7178.jpg

次にやってきたのは紙作りの工房。
ミャンマーは傘が有名だか、ここインレー湖でも
傘に使用する紙の製造が盛んなようだ。
(ここは傘工房と一緒になっていた)

紙漉きは写真のように、まるで和紙のような製法で造る。



そんな紙作りの様子を撮影しました。
紙の材料(みつまた?)を木槌で激しく叩き柔らかくしている。

IMG_7176.jpg

これが材料。日本の和紙は楮(こうぞ)又はみつまたと呼ばれる
樹皮から作られるが、これも見た目はそんな感じを受ける。



漉いた紙を天日で乾燥させて動画のように慎重に
剥がしていく・・・

IMG_7177.jpg

天日で乾かされる紙がずらりと・・・

IMG_7183.jpg

ここで出来上がった紙は傘に使用される。
欲しいな~、でも持って帰るの大変だなあ~

IMG_7185.jpg

そう言えば日本の番傘も和紙が使われているよな~
ここでも全く同じ。仕上げは植物性の油で水をはじくようにするのかな?

IMG_7190.jpg

傘を買いたい欲求を抑えながら、次は首長族カヤン族)が
機織りをしている工房へ・・・



首長族カヤン族)に会うのはこれが2回目。
最初はタイチェンマイで。

動画の中で観光客が「写真を撮っていいですか?」と聞いているように、
確かに躊躇する気持ちが湧いてくるものだ・・・チェンマイでもそうだった。
彼らは生活の為、割り切って自らを観光の一部として認識し、働いている。
これを「人間動物園」などと批判する人々もいる・・・

難しい問題だが少なくともこうやって働く場所が提供され現金収入を
得る機会がある事は喜ばしい事だと思うのだが・・・

IMG_7193.jpg

首輪を持たせてもらったが真鍮製の首輪はずっしりと重くてびっくり!
トラから致命傷になる首を守る為とか、他の部族の男たちから身を守る
(その特異な姿で寄せ付けない)とか色んな説があるが、それにしても
こんな重い物を生涯身に付けるとは・・・

IMG_7192.jpg

可愛いカヤン族の子供達。
すでに小さな首輪をしているなあ~~
「人間動物園」とか色々言われながらも、本人たちは結局
自らの伝統やしきたりに誇りを持って、それを忠実に守って
いるだけのような気もしてきたなあ~

続く・・・
関連記事
スポンサーサイト

| インレー湖 | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイ・チェンマイのパドゥン・カレン族の村を訪ねて

パドゥン・カレン族の村

タイチェンマイ郊外に『首長族』と呼ばれる
パドゥン・カレン族の住む村がある。

500Bを払って中に入って見ると目に入るのは
この大きな看板。。。

パドゥン・カレン族の説明

首長族の歴史についての説明が書いてあるのですが
元々、ミャンマーの人々なんですよね~。

難民として逃れてきた人も多く、実際の所、ここに
住むにもタイの旅行会社やカレン族のミャンマー反政府組織が
かかわっているなど複雑だと聞きました。

入場料は見世物的な生活を強いられている彼らの
生活の足しになるんですけど、背景は頭に入れて
おきたいものです。

パドゥン・カレン族の女性

パドゥン・カレン族の女性は首に真鍮!!のコイルを
巻いて長く伸ばす風習があるんです。

なぜこのような風習が始ったかは、わからないそうです。

パドゥン・カレン族の少女

写真のような少女の時から25歳くらいまでに
何度かコイルを替えて伸ばしていくようです。

パドゥン・カレン族の子供達

写真奥の男の子は首にコイルを巻いていません。

女性だけの風習のようです。

パドゥン・カレン族の女の子

ここの女性達は布などを織って、軒先に並べ
観光客に土産として売っています。

カバンやクッションカバーなんかも並んでいました。

パドゥン・カレン族の村

写真は村のメイン通り。ひっそりとしています。

パドゥン・カレン族の女性2

所変われば、美意識もここまで変わるのですかね~。

村の女性達はカメラを向けると気軽に応じてくれますし
笑顔も見せてくれます。

彼らの生い立ちを考えると『わくわく楽しい観光』という
気分にはなれませんが、アジアの国境地域でよく見られる
民族問題に興味が湧いたきっかけとして、思い出に残る
場所となりました。

↓↓ いつもご訪問ありがとうございます!ぽちっと!(笑) ↓↓
関連記事

| チェンマイ | 23:55 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。