アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・アンコールワット遺跡・バイヨンその①

バイヨン①

アンコール遺跡群の中でもアンコールワット寺院
並んで有名なバイヨン。。。

旅行ガイドはもちろん、テレビや雑誌でよく見るこの観音菩薩達。。。
初めて見た時、僕はジャングルの中にポツポツと巨大な
トーテムポールのように林立しているのかと思っていましたが。。。

バイヨンの全体風景

実は写真のように、石造りの巨大な寺院の一部だったのですね~。
本格的にカンボジアに行くぞ!って決めてからガイドブックを
読んで知りました(笑)

バイヨンアンコール・トムと呼ばれる都城の中心にあり、
神々が降臨する聖なる場所だったそうです。。。

ちなみに、アンコール・トムは一辺が約3kmの正方形をした
都城で、高さ8m!の壁でぐるりと覆われています!しかも外濠付き!
また、周囲に5つの巨大な門があって、外敵を防いだようです。

で。。。やはりアンコールワット寺院同様に。。。

バイヨンの小僧さん達

今でも現役の寺院として、信仰の対象となっているようです。
少年小僧さん達の姿を見かけました。

人懐っこい笑顔で『ハロー』と声を掛けてくれました。

アプサラダンスの衣装?

バイヨンの中は、やはり人気があるのか、観光客で一杯!

アンコールワット寺院でもそうだったけど、日本語のツアーを
やっている団体にうまく紛れて、遺跡の説明をタダ聞きしたり
してしまいました。← 使えるかも(笑)

というか、聞こえて来るんだから仕方がないし。。。(笑)

踊りの衣装でしょうか?凄い人だかりで、皆写真を撮っていました。

ところで、バイヨン内にはたくさんの観音様のお顔があるのですが。。。

クメールの微笑み

この観音様が『クメールの微笑み』と称されていて
現地の200リエル札にも描かれてますよ~。

タイは『微笑みの国』と言われてますけど
カンボジアの人々(クメール人)もこの観音様のように
笑顔がとっても素敵だと思います。

この夏休みに、再びカンボジア行きが決定しました!!
今までに行った事のない遺跡に行くのが目的(無数にあるので)ですが
カンボジアの人々の笑顔にもたくさん出会えたらいいな~と思ってます。

↓↓ いつもご覧頂きありがとうございます!ぽちっと! ↓↓
関連記事
スポンサーサイト

| アンコールワット遺跡群 | 23:53 | comments:24 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。