アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・アンコールワット遺跡群~西バライをボートで②


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

西バライの遺跡はかつては目を見張るような巨大な寺院で
あっただろうが、今はその面影はなく回廊の一部が残るのみ・・・

この遺跡の見所はその回廊の一部と・・・

IMG_7114_2016011117530943a.jpg

この古い井戸・・・

この井戸から現在プノンペン博物館に収蔵されている
「横たわるヴィシュヌ神の胸像」が発見されたのだ。
なぜ井戸に放置されていたのかは謎なのだが、
地元の村人が仏陀の肖像が西バライに埋められており
土からの解放を求めている夢を見たとされ、それが
この胸像の発見の由来とされる・・・

実際は仏陀ではなくヴィシュヌ神であったが、仏陀は
ヴィシュヌ神の化身とも言われるので間違いではないよね~

IMG_7122.jpg

この人造湖の西バライは東西8Km、南北2kmにも及ぶ。
その真ん中に浮かぶ島に遺跡があるのだが、最近では
乾季になると陸続きになって徒歩でも行けるそうだ・・・

ほんとな~~んにもない島だなあ~~

IMG_7130.jpg

あちこちに石が転がっているが、良く見ると寺院に使用されていた
石材のようだ。意外と他の寺院に転用されているのかもしれないな・・・

IMG_7128_201601111753222a6.jpg

島の中央には観光客用の休憩場所?それとも地元の村民の
集会場?早朝という事もあるのだろうが、ひっそりとして寂しい
感じが漂う。

IMG_7134_20160111181402df4.jpg

島内を一周して探検終了。
派手な遺跡ではなかったけれど素朴で味がある遺跡だったなあ~
イマジネーションを刺激される・・・そんな遺跡だ。

IMG_7140.jpg

再び村人の生活を垣間見ながら船着き場に戻る・・・
犬達も大人しく一緒になってまったり中・・・

IMG_7136.jpg

手を振ると笑顔で振り返してくれる。ほっこりとする瞬間だ。
漁のための小屋だと思うが、その簡素な造りにちょっとビックリ!

IMG_7146_201601111814181e8.jpg

船着き場に付いて、堤防上を歩く・・・
この堤防の先にアック・ヨムと呼ばれるアンコールワット遺跡群の
中でも最も古い寺院跡を見るためだ。

堤防の上は真っ直ぐに赤土の道路が伸びている・・・
陽射しを遮る物がないので暑い!

IMG_7148_201601111815143f9.jpg

ガイドブックでは船着き場からそんなに離れていない
感じがしたが、実際は1kmぐらい歩いたと思う・・・

遺跡は当時の構造が想像できない程に崩壊しており・・・

IMG_7152.jpg

遺跡のほとんどは西バライ建設時に湖中に沈んでしまったようだ・・・

創建が7世紀初頭と言われており、アンコールワット寺院よりも
400年ほど古い。アンコール地域に都が移される前の王都が
ここに造られていたと考えられているそうだ。

IMG_7149.jpg

しかし、今でも新しい祠が建っていたりと現在でも信仰の
対象として村人に大事にされているようだ・・・

関連記事
スポンサーサイト

| アンコールワット遺跡群 | 00:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・アンコールワット遺跡群~西バライをボートで①


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

アンコールワットから登る朝日を堪能後、一路シェムリアップ
空港方面へ・・・

次に訪れる遺跡は西バライというアンコールワット王朝時代に
築かれた人工の貯水池に浮かぶ西メボンという名の遺跡だ。

東にもかつては巨大な貯水池があり、そこに浮かぶ東メボンという
名の遺跡があるが、水はすでに干上がってしまい遺跡だけが残る。

IMG_7066.jpg

これはアンコールバルーン。アンコールワットからの朝日を
楽しんだ観光客を乗せたバルーンは仕事を終えて地上に
降りてきたようだ。

IMG_7075.jpg

20分ほどで西バライに到着。
早朝の西バライには観光客の姿もなく、ひっそりとしている・・・

西メボンの遺跡に向かうにはここでボートをチャーターしなければ
ならないのだが・・・交渉すると往復20ドル!との回答・・・高い!

せっかくここまでやって来たし、こんなチャンスはもうないかもと
思うと払うしかないかなあ~~・・・

トゥクトゥクのドライバーも初めて訪れるようで、一緒に行く気満々だ(笑)

IMG_7080_20151012005637071.jpg

堤防を降りてボートへと向かう・・・

本来ここでも遺跡見学用のパスを見せないといけないのだが
そんなスタッフはどこにもいない・・・

IMG_7081.jpg

ボートに乗り込みいざ出発!

貯水池の中央あたりに小島のようなものが見える。
アレが西メボンの遺跡がある場所だ・・・



ボートはインドシナ半島の国々で良く見る、車のエンジンにプロペラを
取り付けたシャフトを直結した物。

カラカラカラと軽い音を出しながらゆっくりと進んで行く・・・

IMG_7084.jpg

天気は生憎の曇り空。
早朝という事もあって少し肌寒い・・・

IMG_7098.jpg

遠くにプノン・バケンの遺跡がある山が見えた。
そういえば、プノン・バケンから眺める夕陽は
この西バライの水面に反射してとてもキレイだったなあ~

IMG_7100.jpg

この巨大な貯水池では漁も盛んなようだ・・・
乾季という事もあるのだろうか?水位が低く水草が凄く目立つ。

IMG_7090_201510120058097c8.jpg

岸辺では多くの人々が集まり網の手入れや
獲れた魚の仕分けをしていた。

昔に造られた人工の貯水池は現代になっても周辺の田んぼに
水を供給しており、現役らしい。

今でも人々に無くてはならない存在なのだ・・・

IMG_7103.jpg

ボートは西メボンに到着。ここからは歩いて遺跡に向かう。
恐らく雨期の時はもう少し遺跡に近い所までボートで行けるのだろう。

IMG_7105.jpg

島の中央付近に遺跡を発見。
回廊の一部のようだ・・・

昔は大きな寺院が建っていたと思われるが今では
その姿を想像するしかない・・・

IMG_7112.jpg

もう少しこの島を探検してみよう!

続く・・・
関連記事

| アンコールワット遺跡群 | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・アンコールワット遺跡群~プノン・バケンを象に乗って


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

アンコールワット遺跡群には美しい夕日が見られるというポイントが
いくつかあって、その中でもプノン・バケンという遺跡から見る夕日は
美しいと評判で、アンコールワット寺院から見る朝日と共に定番に
なっているのだが・・・

前回は徒歩で遺跡のある頂上まで山を登ったのであるが、今回は2回目と
言う事もあり、趣向を変えて象で頂上を目指す事にした

IMG_6115_20140324014419885.jpg

象に乗る機会はアジア旅行では結構あるものだが、今回人生初の経験!
ワクワクしながら象使いのアシストを受けながら象の背中に取り付けられた
座席に座り込む・・・

ユッサユッサ・・・ユッサユッサ・・・

象が歩くたびに左右に大きく揺れる座席は、時にこのまま落っこちてしまうのでは
ないかと言うぐらいに不安定で・・・

IMG_6117_20140324014431ab1.jpg

途中で左側に目をやると遠くにアンコールワット寺院が見えたりして
感動を得つつも・・・「おえっ~~~」気持ち悪い

そう、車酔いというか船酔いに近い気持ち悪さが襲ってくる

IMG_6118.jpg

時折、頂上で客を降ろして仕事を終えた象とすれ違いながら高さ60m程の
小さな山をゆっくりゆっくりと登っていく。

心の中では「もう、ええわ!」って感じ

そうこう思っている内にプノン・バケンの遺跡にたどり着いたようだ。

IMG_6119.jpg

降り場が近付いてくる。こう見ると象って背が高いよな~
実際、乗った時に「高~~っ!」と思ったもんな~

象使いの着ているTシャツの後ろに「TIPS」と書いた小さなポケットが
縫い付けてあって、「むははは!なかなか商売上手だな~」と思いながら、
2ドル突っ込んだ(笑)

IMG_6133.jpg

しかし・・・

相変わらず凄い人・人・人・・・
前回もそうだったが、その時よりも多いかもしれない・・・

どこの遺跡の階段も急なのだが、ここも結構な勾配。写真の中にお尻を付きながら
降りている人がいるが、ほんと怖いものなのだ

IMG_6123.jpg

日の沈む西の方には西バライという人口湖があって、そこに沈む夕日が
とてもきれいなのだ

遺跡の頂上は世界中から来た観光客で一杯・・・
この遺跡は修復中なのだが、毎日毎日こんな大量の観光客が頂上にいて
崩れたりして事故がないのか心配になったりするなあ~

IMG_6135.jpg

はい。こんな感じ・・・
広くない頂上にこれだけの人がっ!

カンボジアの政情も近年安定し、観光客を迎えるホテルやレストラン
旅行会社等も充実してきており、遺跡を訪れる観光客は年々増加!!

しかし、遺跡の保護が全く追いついていない現状をあちこちで見かけるのだ・・・

下の写真は今回の夕日のベストショット・・・
雨季のせいか雲が多く、きれいな丸い夕日を見る事は出来なかった・・・

IMG_6130.jpgIMG_6131_201403240145466e4.jpg

さて!暗くならない内に山を降りよう!!
山には外灯もなく、日が沈むと真っ暗闇になるのだ!

皆、慌てずにゆっくりと階段は降りましょう~~~

前回の夕日の様子はこちら
関連記事

| アンコールワット遺跡群 | 23:39 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。