アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミャンマー・インレー湖~機織りをする女性達~


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ミャンマーインレー湖の観光は続く・・・

波の緩やかな湖畔には多くの民家が建っていて
彼らの生活を垣間見ながらボートは進む・・・

IMG_7237.jpg

インレー湖に住む人々は車の代わりにボートで移動する。
食料を買いに行ったり、ちょっと親戚や友人の家を訪ねるのも
ボート。船着き場がどの家にもある。

街灯がないので夜の移動はどうするんだろう?
懐中電灯を頼りに移動するのかな?
夜は真っ暗闇になるだろうし・・・

IMG_7268.jpg

インレー湖にはたくさんの機織りの工房があるのだが
どこも見学可能のようだ。

観光客の僕を見て笑顔で迎えてくれる機織りの女性・・・

IMG_7251.jpg

スゴイ!機織り機が奥までズラリと並んでいる!
入口では熱心に機織りについての説明を受ける観光客の姿も。

IMG_7247.jpg

糸を紡ぐ女性。工房では若い女性だけでなくお年寄りも
まだまだ現役のようだ。技術の継承もしっかりとされているに
違いない。

手さばきが年齢を感じさせないぐらいにテキパキと早く
紡ぎ方を知らなくても思わずスゴイ!と声をあげてしまう程。

IMG_7250.jpg

色とりどりの染料・・・

機織り機もそうだけど染料を作るのも人の手なんだよなあ~

この工房、きっと100年前も同じような風景だったんだろうな~

IMG_7261.jpg

顔にタナカを塗った若い女性がカタン、コトンとリズムカルに
布を織っていく・・・

彼女が織っているのはインレー湖で有名な蓮の茎から糸を紡いだ
布で非常に高価!世界でここだけ!僕はインレー湖のお土産に
この布の購入を考えていたのだが、あまりに高くてやめた・・・
ちょっとした手ぬぐいサイズで3万円とかする!

IMG_7263.jpg

良い笑顔!道具一つ一つが使い込まれ、光っている・・・

富岡製糸場が機械織りの工場跡として世界遺産に登録されて
いるけれど、ここではそれよりも古い手法が現役で残っていて
稼働中なんである・・・



手足バラバラに動かさないといけないんだな~~
これは難しい!

IMG_7254.jpg

座りっぱなしでずっと同じ動作・・・
これは僕には無理だなあ~~

IMG_7265.jpg

布を洗う女性・・・
ここでは男の姿を1人も見なかったなあ~~
全工程を全て女性の手で行っているようだ。

インレー湖では市場でも工房でも女性が主役なのだ。
というか、アジアの女性は強くてたくましい!

関連記事
スポンサーサイト

| インレー湖 | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。