アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・シェムリアップのレストランで牛の脳みそを食らう!?

夜のシェムリアップの様子
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

昼間は精力的に?遺跡の観光に励み、夜はシェムリアップ
街をトゥクトゥクに乗ってレストランへ。。。

写真はシェムリアップのメイン通り、シヴォタ通りの様子。
夜遅くまで店が開いており、多くの観光客で賑わっている
概ね、このあたりの治安は良いようだ

IMG_6657.jpg

ガソリンスタンドもある!!
車よりもバイクが多いのはお隣の国ベトナムと一緒だ。
まだまだ地元の人が車を所有するのは難しい。。。

IMG_6659.jpg

そんな夜の街をトゥクトゥクから眺めつつ、やって来たのは
国道6号線沿いにあるロム・ドゥル・シェムリアップという
カンボジア鍋の専門店で、地元のでも人気のある店なのだ!

IMG_6661.jpg

ピンボケ気味で見にくいが、オープンエアの店内には
地元のお客さんに交じって観光客の姿もチラホラ。。。

IMG_6662.jpg

最初にドリンクを注文!
頼んだのは何だか珍しいなあ~という事で冬瓜のお茶を!

良く冷えているのだが、肝心の味は。。。なんと言うか
青臭い風味でおいしいものではないなあ~
飲めない訳ではないけど、もう二度と飲む事はないだろうなあ~

IMG_6666.jpg

適当に鍋の食材を注文する。。。
上の左から卵麺、鶏肉、キノコの一種?、カリッとした『アゲ』
下は空芯菜に細い何かの野菜。。。

IMG_6668.jpg

で!手前に卵と一緒に皿に盛られた白いプニュプニュした物体が
牛の脳みそだ!

オススメは?と店員さんに聞いたらこれを薦めるので、じゃっ!と
ばかりに勢いで注文したが、出てきたのを見てちょっとびびる
ま、良く火に通せば大丈夫だよな?フグの白子みたいなもんだろ?と
気持ちを落ち着かせつつ。。。

さて、これらの食材をどのように調理すればいいんだろう?と
思っていたら。。。

IMG_6671.jpg

店のおばちゃんがテケテケとやって来て、鍋に豪快にザバッと
入れてくれる。。。順番はどうでもいいのね

IMG_6670.jpg

で、いろんな調味料を持ってきてくれるのだが。。。
左からタマリンド(酸味の元。東南アジアでは良く出てくる)
そしてプラホック。。。カンボジア料理の必需品!日本の
味噌みたいなものだが、これがもう魚臭くて僕はギブアップ!
前回のカンボジア訪問時にも何とか慣れようとしたけれどダメ!
口に含んだ瞬間に腐った魚の風味が・・・

でも、好きな人にはたまらない一品だと思う!

IMG_6674.jpg

グツグツといい具合になってきたので、いただきま~~すっ!
鶏肉は地鶏なので身が引き締まっておいしい!麺は日本の
ラーメンとそっくりでお隣タイのバーミー・ナムと同じ!
これもおいしい!空芯菜はコリコリして新鮮!これもおいしい!
空芯菜をどんどん追加注文する!

鍋のダシを器にいれ、タマリンドを入れて酸味を出して頂く。。。
暑い国なのに何故か鍋がおいしい!もちろん汗が噴出すように
出てくるが、その汗が心地いいのだ!

で、牛の脳みそ。。。ジュルリとすべるように口に入っていく。。。
とろける脳みそ。。。口の中に広がる濃厚な生臭さ。。。

牛さん!ごめんなさい!!
これはダメだ~~~

関連記事
スポンサーサイト

| シェムリアップ | 00:00 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・アンコールワット遺跡群~プリア・カン~


記事中の全ての画像はクリックすると拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

アンコール・トムの北大門を抜けてしばらく進むと
プリア・カンという、これまた見ごたえのある遺跡に
辿り着く。。。

出来た当初は単なる寺院だけでなく、様々な職種の
人々が住む「村」としての機能も持っていたようだ。。。

IMG_9908.jpg

入口には巨大なガルーダのレリーフがあるが
寺院としての信仰は仏教なのだそうだ。。。

アンコールの遺跡群はたくさんあるけど
どの遺跡も特徴があって飽きない。特に
僕のような遺跡好きにはたまらない魅力が
テンコ盛りなのだ。。。

IMG_9901.jpg

長~~~い参道を歩く。。。
もう、夕暮れも近い時間なのに4月のシェムリアップ
暑い!暑い!暑~~~い!

この日、二本目の1.5リットルのミネラルウォーターも
残りが少なくなってきた。。。

あっ!遺跡のトイレ事情はご心配なく!!
各遺跡にはトイレが完備されていて、その個々の
トイレには専属?のトイレ係が常駐しているようで
清潔でキレイなのだ。。。

さすが、観光資源としてのアンコール遺跡。。。
国の力の入れようが本気であるなあ~。。。

IMG_9917.jpg

が。。。

中に入ると、痛々しい崩れたままになっている箇所もあり。。。
手付かずのままの姿を見られる!という嬉しさと、この先何年
中に入って観光できるのか?という侘しさを感じてしまう。。。

IMG_9913.jpg

この美しいデバターも風化が激しい。。。
手で触れる事ができるこの世界遺産も、今後は「管理」が
始って触れる事が出来なくなるのだろうか。。。

IMG_9912.jpg

見事な破風のレリーフ。。。

IMG_9921.jpg

遺跡の中は絵になる写真スポットが至る所にある。。。
普段カメラに興味のない僕でも、次回は一眼レフの性能のいいカメラを
用意して再び来たい!と思うほどだ。。。

ちなみに僕が愛用しているデジカメはキャノンのGシリーズ。
少々、大きなカメラだがクセがなく、夜間の撮影もOK!

IMG_9935.jpg

このプリア・カン遺跡の一番の見どころは、この二階建の建築。。。
まるでギリシャの古代神殿のようだ。。。

IMG_9929.jpg

でた~~~!
アンコール遺跡名物の「スポアン」という巨大な木!

この植物の根元部分はまるで生きたヘビのように遺跡に
絡みついていて、成長する度に遺跡を破壊していく。。。

このスポアンと遺跡のコラボレートはタ・プロームと言う
遺跡が有名だが、他の遺跡にも結構見られる。。。

IMG_9930.jpg

カメラを引いて撮るとこんな感じ。。。
その巨大な容姿にほんと圧倒される。

遺跡は整備されているから意識する事はないが
ここは一昔前はジャングルの中だったという事に気付く。

あっ、この遺跡、東と西に出入り口があって
どちらも良く似ているので、迷わないように!(笑)
実際に僕は東から入って西から出てしまい、慌ててしまった(笑)

おまけ。。。

IMG_0398.jpg

写真は、シェムリアップ一の繁華街を走るシヴォタ通り
一応は舗装されているが、所々こんな感じで土剥き出しの
ガタガタ道となっている。。。

一度、雨でも降れば泥でぐちゃぐちゃになり、余計ガタガタに。。。

IMG_0400.jpg

この写真は2009年の物だが翌年、訪れた時には舗装されて
キレイになっていたが。。。

それでもシェムリアップを少しでも離れると、というか
このシヴォタ通り国道6号線を少しでも離れると未舗装の
道路が大半だ。

なので、昼間は凄い土埃が漂い、雨が降ると泥まみれになる。。。
それでも現地の人は隣のベトナムの人々のようにマスクをしないのだなあ~。。。

なんか、興味深い。。。
関連記事

| アンコールワット遺跡群 | 00:01 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。