アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台湾・台北~郊外の人気ローカル線に乗る!平渓線①


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

台鉄台北駅から瑞芳駅へ・・・

瑞芳駅から今、観光客に大人気のローカル路線、平渓線に乗り
その個性豊かな駅と周辺の見所を観光しようと思うのだ!

平渓線台湾北部の基隆河に沿って山間を2~3両でのんびりと走る
ローカル線で「猫の町」がある「猴硐駅」、町の真ん中を列車が走る「十分駅」
ひなびた味わいのあるレトロな終着駅の「菁桐駅」など日帰りの観光に
うってつけの路線なのである。

IMG_9724.jpg

切符を購入し、いざ出発!



そんな台鉄からの景色を撮影しました~~

IMG_9731.jpg

台北を出発して10分程すると高層ビルも、大きなマンションもまばらになり
緑が増えてくる・・・
そして40分ぐらいで瑞芳駅に到着。ここで下車する人々は観光客ばかり。
地元の人々の姿も多いのが印象的だった。

IMG_9734_201605292209424cf.jpg

で、いざ平渓線の車両に乗り込んだのだが、古く年代を感じさせる
レトロな車両かと思いきや、車内は非常に小奇麗でピカピカ!

IMG_9736.jpg

瑞芳駅から一つ目の駅、猴硐駅に到着。
ここは近年、「猫の町」として有名で、50匹以上の猫達が集落に
住んでいるという・・・

さっそく、可愛い猫達に会いに行こう~~!

IMG_9744_2016052922112386b.jpg

案内板に「猫村」とある!なんだが楽しい!

IMG_9743_20160529221155b3b.jpg

さっそく、一匹の猫が挨拶?にやってきた(笑)
人懐っこく、足元でニャーニャーと何かを訴えている(笑)
食べ物を持ってないんだよね~~、ごめんね~~

IMG_9747_20160529221147d16.jpg

ほんと至る所に猫がいる!
冷たい小雨が降る中、猫小屋?から可愛い顔を出してニャ~~~(笑)

IMG_9751_2016052922140491a.jpg

集落は鄙びた古い家屋が多い。
猫の面倒は、集落全体で見られていて、常連の猫には名前もつけられている。

民家にはもちろん、立入厳禁。
民家に寄っては土産物を売ったり、ちょっとしたカフェになっていたりする。

IMG_9752.jpg

そんな鄙びた古い集落と猫達の様子が、妙にマッチしているなあ~~
人には慣れているが、やはりそこは猫!どの子達もマイペース(笑)

IMG_9749_201605292213511ef.jpg

「猫村」の案内図があったりと、猫を観光資源として力を入れているのが
よくわかる。実際に瑞芳駅から乗り込んだ観光客のほとんどが、この駅で
降りて猫村を目指す。

IMG_9748_201605292212027d6.jpg

もう少し、この集落で猫達との出会いを楽しもうっと!

関連記事
スポンサーサイト

| 台北 | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台湾・台北~中正紀念堂を訪れる


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

台湾台北にある中正紀念堂を訪れた。
広大な敷地に建つこの建物は中華民国の初代総統、蒋介石
善行や功績などを広く知らせることを目的とした「顕彰施設」との
事だ。

急な階段を登って行くと・・・

IMG_9700_2016030619071521e.jpg

蒋介石の巨大な像が置かれている。。。
中国からの観光客が場所を争うように写真を撮る姿に
少々違和感を覚えつつ、しばし蒋介石の像を眺める・・・

IMG_9693_20160306190716767.jpg

蒋介石が1975年に亡くなり、1980年に竣工した建物であるが
「顕彰施設」だけあって建物の中は蒋介石の功績を時系列で
写真や遺品で紹介する内容になっている。

中正紀念堂の中正は蒋介石の本名との事だ・・・

訪れたのはもう夕方であったが、たくさんの市民が思い思いに
家族や恋人と過ごしていたなあ~



そんな広場の様子を撮影しました。

IMG_9707_2016030619072211b.jpg

広場に設置してあった自動販売機に目が行く・・・
カルピス、CCレモン、日本でもお馴染みの銘柄が並ぶ。
もしかしたら名前だけ台湾仕様になったドリンクもあるかも?

とにかく自動販売機が存在するだけでも台湾の治安が
良い方なんだとわかるなあ~

IMG_9712_20160306190844e6d.jpg

実は中正紀念堂にやって来たのは、この店が近くにあるから!という
理由が大きいのだった。小籠包の美味しい店で有名な「杭州小籠湯包」。

IMG_9714_201603061908511b1.jpg

地元の人々にも大変な人気店で、整理券を配っているのだが
次から次からテイクアウトを含めてお客さんがやってくる・・・

お腹もすいている事もあるのだが、期待が膨らむではないか(笑)

IMG_9709.jpg

待っているあいだに注文する物を選んでおく・・・
漢字なので内容はほぼ判る。小龍包をメインに水餃子等も
注文してみる。

IMG_9717_20160306190848b2e.jpg

厨房も大忙し。大量の蒸籠が次々と出て行っては
空になって戻って来るぞ!
しかし、何人雇っているんだ?凄いねえ~

IMG_9718.jpg

30分以上待って案内されたのは刻んだ生姜を
お好みで取り放題のコーナーの一角。

生姜好きの僕はもちろん何度も利用(笑)

さて、肝心の小龍包のお味は・・・

アツアツの肉汁は程よい風味を残した感じで僕の好きなタイプ。
あんまりあっさりした肉汁だと残念な気持ちになるのだ。
風味(臭味)を生姜と一緒に食べると一層美味しい!
皮も少し薄い感じで何個でも食べられる!

実質これが台湾で初の小籠包体験となり、その後5、6軒美味しいと
言われる店に行ったが、今でもここの小龍包が一番だ!おススメ!



関連記事

| 台北 | 00:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マレーシア・ボルネオ島~コタキナバルの街をウロウロ①


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

クアラルンプールからの乗継で約2時間でボルネオ島の
コタキナバルに到着・・・

眼下にはキレイな海!ビーチリゾートとしてもマレーシア
有名であるが今回はジャングル!なのである。

成田からなら直行便もあるらしい・・・

IMG_6746.jpg

今回の旅行の移動は全てエア・アジアなのだが、これはカラーリングが
LINE仕様となっている!LINEはタイをはじめ東南アジアでは非常に
ポピュラーなんである。

空港はこじんまりとした空港だが新しくてキレイ。

IMG_6747.jpg

タクシーで市内のホテルまで。
荷物を部屋に置いて、さっそくコタキナバルの街へ!

まずは腹ごしらえと言う事で近くのマレー料理のレストランへ。
名前は忘れたけど、梅干しが入った柑橘系のジュースをゴクゴク飲む!美味し!

IMG_6749.jpg

で、メインの料理はナシレマ(右)とラクサ(左)

ナシレマはご飯に漬物や鶏肉、焼鳥、ピーナッツを添えた
マレー料理の代表格!インドネシアにもナシチャンプルという
良く似た物があるが、どちらも大好きだ。
ピーナッツのポリポリ感とご飯の食感が意外と合うのだ。

IMG_6753_2016020723081912a.jpg

コタキナバルはこじんまりとした小さな街ではあるが、近年押し寄せる
観光客や所得水準の上がった地元の人向けに巨大なショッピングモールも
あちこちにあるのだ。

年末という事もあってショッピングモールではいろんなセールをやっていたが
物価が日本と変わらないんだよなあ~・・・靴やシャツとか日本の方が安い!

IMG_6757.jpg

人口55万人のコタキナバルマレーシアで2番目に大きなサバ州
州都であり、東マレーシア最大の都市なのだ。

街並みには昔、イギリス領であった事を思わせる建築が見られる・・・

IMG_6762_20160207230915718.jpg

ジャングルや海など観光資源豊富なボルネオ観光の拠点として
近年、新しいホテルやレストラン、外資のチェーン店等がぞくぞくと
オープンしているようだ。

実際、日本人はほとんど見かけなかったが、中国人や欧州からの
観光客は非常に多い。

IMG_6760_201602072309203c4.jpg

華僑が元々多く住むので、美味しい中華料理店も多い。
夜だけ営業するそんなレストランも多く、歩道まではみ出した
テーブルや椅子に座って食事していると、まるで台湾
香港にいるような気持にも・・・

IMG_6763_20160207230921041.jpg

海岸沿いでは、シーフード料理の店が溢れかえり、地元の人々と
観光客でびっしり!あちこちから魚やイカ等を焼く良い香りが漂ってくる・・・

IMG_6766.jpg

いつまで営業しているの?と聞きたくなるぐらい遅くまで
開いているナイトマーケットをだらだら歩いて見るのも
楽しい。

もう少し、コタキナバルをウロウロしよう!

続く・・・

関連記事

| ボルネオ島・コタキナバル | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。