アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミャンマー・バガンを馬車に乗ってあちこちへ⑦


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

昨夜の大晦日のガラディナーを早々と抜け出して眠りについたのは
初日の出を見る為だったのだ!(ほんとは1人で寂しいから)

昨日から行動を共にしているガイド兼馬車使いの彼(名前忘れた)
眺めのいい所があると教えてくれたのは〇〇〇寺院(名前忘れた)

シークレットな場所ではないらしく、結構な数の観光客が来ていたなあ~
しかし、早朝と言う事もあるがかなり寒い!吐く息が白いぞ!
薄手のダウンジャケットで丁度良い!

徐々に空が明るくなってくる・・・ワクワク・・・

IMG_6463.jpg

おおお!太陽が現れた!初日の出~~!
今年も家族皆が元気で幸せに過ごせますように・・・

しかし、なんという幻想的な風景だろう・・・
昨日のサンセットも感動したが、また違った印象だなあ~

IMG_6497.jpg

サンライズに合わせて気球に乗れるサービスがある!
今回はこれに乗って初日の出を堪能しようと思ったけれど
高額なのでやめた

次回にとっておこうと思う・・・

気球と飛び回る鳥達・・・少しカメラに補正をかけて処理した事もあって
良い感じの写真が撮れた!

間違いなく記憶に残る初日の出になったなあ~



初日の出を堪能し、遺跡めぐりに出発!
そんな道中で元気良く「ハッピーニューイヤー!」と通りすがりの人々に
声を掛けまくる僕と馬車使いの彼!

IMG_6522.jpg

美しいエーヤワディー川の様子
広いなあ~~向こう岸の奥がかすんで見えないぞ!

IMG_6520.jpg

そんなエーヤワディー川で朝早くから洗濯をする女性達・・・
乾燥したバガンの大地に恵みをもたらしているんだなあ~

IMG_6528.jpg

で、本日最初に訪れたのがバガン一帯でも最も南にあるニューバガン地区。
そこにローカナンダー・パヤーという川べりに建つ仏塔を訪れた・・・

金箔で覆われてピカピカ輝くこの仏塔はすらりとしている。
現在でも遺跡ではなく現役の仏塔として地元の人々に親しまれている。

IMG_6523.jpg

初詣という習慣があるのかないのかはわからないけれど、たくさんの
地元の人々が朝早くから祈りを捧げている・・・

家族総出でといった感じの団体さんも多い。

IMG_6526.jpg

で、ミャンマーの寺院ならどこにでもある八曜日
その象徴になる動物達を祀るコーナー・・・

僕はライオン。元旦でもあるし、初詣気分でライオンに水を掛け
お祈りをする・・・

IMG_6525.jpg

で、これまたミャンマーの寺院でよく見られる、コミカルな象達・・・
写実的とも言えなくないけど、とにかくゆるいよなあ~~

IMG_6524.jpg

で、犬達も元旦からゆるいのであった・・・

続く・・・
関連記事
スポンサーサイト

| バガン | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミャンマー・ヤンゴンのシュエダゴォン・パヤーに行ってみる!②

ミャンマー・ヤンゴンのシュエダゴォン・パヤー
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

うわ~~~っ!きれいだなあ~~~!!
これは凄いわ!金ぴかのパヤーがライトアップされて荘厳さが
パワーアップして見る者を圧倒する!

空を見上げれば月が出ているぞ!いい感じ!
残念なのは金箔の修復なのかな?足場がパヤーの周りを
囲んでいて景観が少し悪い事。。。仕方がないね~

IMG_5944.jpg

パヤーを取り囲む祠にはたくさんの仏像が派手な電飾で彩られ
参拝者を温かく迎える。。。

最初、この電飾グルグルを初めて見たのはラオスの寺院だったが
日本的に考えれば理解が出来ず、ちょっとこれは~。。。と思ったが
もう、何回も見ているとこういうのもアリだなと思うようになった
むしろ、神々しさを演出するには打ってつけかも?と思うようにもなったな~



動画を是非見てください~~、雰囲気が伝わると思います~

この黄金の塔、高さは99.4m!
使われている金箔だけでも8688枚!
塔の最頂部には1個76カラット!!のダイヤモンドをはじめ、
総計5451個のダイヤモンドと1383個のルビー、他にも
ヒスイなどの宝石が散りばめられているのだ~!!

全ては寄進によるもの!
ミャンマーの人々の信仰の深さがよ~くわかるなあ~


IMG_5940.jpg

シュエダゴォン・パヤーの境内には大小様々な祭壇や御堂が混在しており
さながら仏教テーマパークの様相だ!

その御堂一つ一つに巨大な仏像が安置されており、もう夜の8時過ぎだと
言うのに参拝する人が絶えない。。。

IMG_5949.jpg

これは『3つの音を持つ偉大な鐘』マハ・ティッサダの釣鐘。。。
42トンもあるこの鐘にはパーリー語とビルマ語で仏陀と王の
美徳について数百行もの記述が刻まれているのだ~!

IMG_5956.jpg

もう、いろんな仏像があちこちに!

そんな様子を見ていたら突然、境内全ての電気が消える!!
停電だ~~!もう、辺りは真っ暗闇に!

パヤーを照らす明かりも、グルグル電飾もストップ。。。

1分ぐらいでチカチカと明かりがつき始め元通りになったけど
首都ヤンゴンで、しかも聖なるこの場所でもインフラはまだまだ
整っていないようだ。。。

IMG_5969.jpg

あっ!まだこの人、いたぞ!

そう、僕はたいそうこの施設全体が気に入ってしまいグルグルと
何周もしてしまったのだ!中央のパヤーを中心にグルグルと。。。

IMG_5967.jpg

夜でもこの人出!!
見えている独特の屋根をした建物がすべて祭壇や御堂で、個々に
仏像やら鐘やら何かしら有名な物が祀られているのだ。。。

いや~~、楽しい!夕涼みに最高だ~!
裸足の足から大理石のヒンヤリとした感じが伝わってくる。。。

ペタペタと何周も歩く。。。

IMG_5970.jpg

昼間もまた雰囲気が違っていて楽しいだろうなあ~
でも。。。暑いだろうなあ~

太陽に照らされてキラキラ輝くパヤーの様子も見て見たいなあ~

IMG_5974.jpg

で、ここも他の寺院と同じく八曜日の守護神が祀られている。
僕は火曜日のライオンだ!発見したぞ!祈っておこうっと!

皆さんの八曜日を調べたい方はこちら

で、何の動物で、どういう性格なのか?はこちらで!

IMG_5977.jpg

この旅の安全祈願と今年の健康を祈って。。。

続く。。。
関連記事

| ヤンゴン | 00:00 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミャンマー・バゴー~シュエモード・パヤーでウロウロと

ミャンマー・バゴーのシュエモード・パヤー
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

シュエモード・パヤーバゴー最大の見所なのだそうだ

ここがその寺院の参道なのだが、ミャンマーの他の寺院でも
見られるように長~~い階段を持つ参道には土産物屋がひしめき
観光客はもちろん、地元の人でいっぱいだ

IMG_5860.jpg

おおお!すんばらしい!!

金ぴかに輝く仏塔の前で記念撮影

もちろん裸足。片手にミネラルウォーター。。。
暑くはないのだけど、乾燥しているので水は欠かせないのだ

それにしてもTシャツの裾から覗くお腹が恥ずかしいなあ
だらしないなあ~~

IMG_5857.jpg

地元のミャンマーの人々が祈りを捧げている。。。
ほんと信仰に関しては隣国タイよりも『まじめさ』を
感じるのはなんでだろう??

初めてタイでこんなシーンを見たときにもあ~凄いなあ~
まじめだなあ~と思ったものだが、ミャンマーでの感想は
それ以上のインパクトがある。。。

IMG_5873.jpg

なんて言うのかなあ~~
祈る人の表情や姿勢が違うというか、気持ちの入れ方が
違うというか。。。

物質的に豊かになったタイに比べて、ミャンマーはまだまだ。。。
なので祈る(願い)内容が素朴なんだろうなあ~という先入観の
せいもあるかも??

IMG_5866.jpg

それで言えば、ラオスなんかも同じなんだけど、またちょっと違う。。。
ミャンマー人の方が純朴に感じるんだよなあ~。。。
控えめだし、温厚だし。。。

寺院の敷地にはこんな風にきれいに手入れされた木の木陰で
休む事ができる

IMG_5864.jpg

それに所々、自由に飲んで!と水の入ったタンクが用意されている

IMG_5870.jpg

で、この巨大な転がっている物は実は仏塔!

1931年の地震によって被害を受けて崩落した仏塔の先端部分なのだ!

そう、この寺院は地震後、莫大な基金と民衆からのお布施で
1954年に再建されたのだった

IMG_5872.jpg

その転がった仏塔に近づいて、下のほうを見てみると。。。

たくさんの線香がこれ以上、崩れないで!と言わんばかりに
支えているのだった。。。

ここに線香を供えた人々はきっと大真面目に、純粋にそう思って
供えたに違いない

IMG_5875.jpg

で、ミャンマーには『八曜日』という伝統的な暦があって。。。

ミャンマーの人々にとって『八曜日』は生活の一部!
何日に生まれたかよりも何曜日に生まれたかが重要なのだ

生まれた曜日によって基本的な人格、人生、他人との相性が
決まってしまうらしい

こういう寺院の境内には必ずそれぞれの方位に八曜日の祭壇が
あるのだが。。。写真は僕の八曜日である火曜日の『ライオン』!

南東の方角にあるんだけど、これからミャンマーの他の寺院でも
南東へ行ってはライオンをお参りする事が習慣になってしまった

みなさんの『八曜日』を調べたいのならこちらで!

その上で何の動物なのか?で、その性格がどんななのか知りたい方はこちらで!

みなさんはどうでした??

IMG_5877.jpg

現在の仏塔はヤンゴンにあるシュエダゴォン・パヤーよりも
高く。地震で再建されたとは言え、1200年の歴史を持つ!

派手さはないけれど(派手かな?マヒしてくる)ゆっくりと
見学したい寺院だなあ~

関連記事

| バゴー | 00:00 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。