アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミャンマー・カックー~インレー湖郊外の幻の遺跡を訪ねて①


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

活気のある五日市の様子を堪能し、車はインレー湖郊外の
カックーに向けて出発!片道約2時間の道のりだ!

途中、広大なブドウ畑に遭遇・・・
興味津々に眺めているとガイドさんが降りますか?と聞くので
トイレもしたかったし、降りる事に。

IMG_6835.jpg

インレー湖周辺の気候がブドウ畑に適していると考えた外国人が
栽培し始めたらしい・・・

IMG_6831.jpg

もちろんこのブドウはワインの原料になるのだが、けっこう美味しいらしいのだ。

IMG_6832.jpg

おおっ!ちゃんと実ってる!

試飲もできるとの事だったがアルコールがダメな僕は
丁重にお断りする・・・

そう、コップ一杯のビールでも顔が真っ赤になるぐらい
アルコールには弱いのである
旅先の開放的な気分でたまに一杯ビールを飲むと
うまい!と感じるけれど、普段は全く飲まないのだ・・・

IMG_6837.jpg

ワイン畑を後にして、車はある建物の前に止まった・・・

実はカックーに入るには少数民族パオ族の組織PNO(PAO NATIONAL ORGANIZATION)で
パオ族のガイドを同行させなければならないのだ

ここで入域料としてUS3ドルも支払う。

が?問題発生!今日はパオ族のガイドがいないらしい!
うわお!カックーに行けないのか?とドキドキして待っていると
ガイドなしで行って来い!との事・・・

このいい加減さがアジアだよな~、ま、行けるからいいんだけれど

IMG_6839.jpg

もう何にもないような田舎道をひたすら車は走る・・・

と、何やら広場で大勢の人が牛を連れて集まっているぞ

またガイドさんが降りますか?と聞いてくる・・・
なかなか気の利いたガイドさんで良かった!

旅先でガイドさんを雇う時ってドキドキするもの
気が合うか合わないは基本として、気配りが出来るかどうか?で
旅の楽しさが倍増したり半減したりするものだ。

IMG_6842.jpg

中に入ってみる・・・

凄い人だ!皆、お互いの牛を眺めて真剣な顔で交渉しているぞ!

IMG_6841.jpg

そう、ここは牛を売買する所らしい。

穏やかに交渉しているなあ~と思ったら突然、怒り出したように
早口で相手を捲し立てる!激しいなあ~~

IMG_6847.jpg

そりゃそうだよな~
大事に育てた牛だし、高い買い物だからなあ~~

人を乗せ、物を運び、田んぼでは耕運機代わりになる貴重な
財産でもあるしね。

IMG_6838.jpg

車が普及しつつあると言っても田舎ではまだまだ牛が現役なのだ。

IMG_6850.jpg

もう何百年と続く光景なんだろうなあ~

IMG_6849.jpg

交渉決裂したのかな?
意気消沈気味の男たち・・・

続く・・・

関連記事
スポンサーサイト

| カックー | 00:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミャンマー・インレー湖周辺の村で開かれる五日市①

IMG_6767.jpg
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

早朝にバガンニャウンウー空港から一路インレー湖のあるヘーホー空港を
目指して飛び立つ・・・

眼下には広々とした穀倉地帯が広がり、あらためてミャンマーの国土の
広さを痛感する・・・



エアバガンという航空会社に乗って約1時間でインレー湖の玄関口である
ヘーホー空港に到着・・・

そういえば、まさにこのエアバガン、数年前にヘーホー近くで墜落したよな~~
新興の航空会社しか選択できないミャンマーでは仕方がないが、整備だけは
しっかりとしてほしいものだ

IMG_6770.jpg

ヘーホー空港はこじんまりとしておりバガンニャウンウー空港同様、
田舎の小さな空港という感じだ。

ここで現地旅行会社に頼んでおいたガイドさんが迎えにきているはずだ。

IMG_6771.jpg

ガイドさんと合流、40代の女性ガイドだ。
これから車でカクー遺跡まで数時間の道のり。

途中、インレー湖周辺のとある村で五日市という大きなマーケットが
開かれているそうなので寄ってみる事にした。

IMG_6779.jpg

インレー湖のあるシャン州各地の村では5日ごとに市が立つ五日市
開かれるのだが、周辺の少数民族の人々が売り買いにやってくるため
観光客にとっては華やかな民族衣装を目にすることのできる絶好の
場となっているそうだが・・・

IMG_6796.jpg

華やかな民族衣装ねえ~~・・・
どこにもそんな人がいないんですけど?

頭に布を被ったそれらしい人々はいるけれど、華やかではないなあ~

IMG_6793.jpg

でも市は凄く活気に溢れており、あちこちから威勢の良い声が
聞こえ、盛り上がっているなあ~~

この小さな赤い物はトマト。
インレー湖の水耕栽培で採れた新鮮なトマトだ。



そんな活気のある市場の様子を撮影しました。

IMG_6786.jpg

これはミャンマーならではの売り物だな~
そう!顔に塗るあのタナカの木である。

この木をすり潰して出来た物を顔に塗るのだ。

僕も何度か付けた事があるけれどヒンヤリとして気持ち良い。

IMG_6785.jpg

これは大きな豆だなあ~~ソラマメかな?
僕はあのソラマメ独特の臭みが苦手なので食べないけれど・・・

IMG_6782.jpg

この紐状の物はなんだろう?野菜の仲間?
売り手の年配女性が肩から下げているのは伝統的なシャンバッグ

IMG_6787.jpg

インレー湖で捕れた魚の干物かな?
値段交渉が折り合ったようだ。おばちゃん、嬉しそうな顔で渡してる。

市場にいる女性はたいてい巻きスカートに上はジャージ姿。
肩からシャンバッグというスタイルが多いなあ~~
華やかな民族衣装はいずこ?

IMG_6782.jpg

小さな男の子も店頭に立って立派に商売をしている。
計量器なんてそんな物はなく、専ら計量には天秤が使われている。

市場歩きは楽しい!もう少し見てみよう・・・

続く・・・
関連記事

| インレー湖 | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。