アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タイ・アユタヤ~バンコクのフアランポーン駅から電車に乗って④

アユタヤのワット・マハータート
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

バンコクのフアランポーン駅から電車でアユタヤまでやってきた
もちろん、遺跡観光が目的な訳だが、ツアーに参加していないので
遺跡を巡る足が必要になるそこでレンタサイクルを
借りたのだが、これが曲者だった。。。

写真は有名なワット・マハータートの木の根に埋もれた
仏頭。。。アユタヤのイメージの象徴だ

IMG_9262_20130303193958.jpg

これが借りた自転車なんだけど、乗るまで気が付かなかったが
サドルのボルトが甘くてグラグラしているのだ
そのグラグラが、遺跡内の舗装されていないガタガタ道を走る度に
酷くなって、座って漕げなくなってしまった

こうなると、きつい!炎天下の中をずっと立ち漕ぎしなきゃいけない。。。
レンタサイクル屋に文句を言いたかったが、すでにかなり遠くまで
来てしまっているので時間がもったいない。。。

くそ~~!

IMG_9222.jpg

気分を取り直して遺跡観光だ。。。

どこの遺跡もそうなのだが、往時の面影を残すのは頭部だけ
切り取られた仏像、苔むしたレンガ積みの仏塔だけだ。。。
徹底的にビルマ軍に破壊されたのだなあ~。。。

IMG_9229.jpg

川の中州にある町、アユタヤは1350年から417年に渡り
5つの王朝、35人の王が君臨したタイの古都。。。

今は見る影もない。。。
スコータイと雰囲気が似ているのはどちらも広大な
遺跡公園になっていて整備管理されているからだなあ~

IMG_9235.jpg

ワット・ラーチャブラナ。規模も大きく見応えのある遺跡。
クメール様式の建築が随所に見られるなあ~

個々の遺跡には駐輪場があって、自転車に鍵をかけて駐輪し
遺跡を観光する。基本的にツアー以外で来た観光客は自転車を
借りて観光しなきゃいけない。そんな観光客をたくさん見たなあ~

IMG_9238_20130303193709.jpg

ガルーダとかヒンドゥーの神様で装飾されていたりする。
遺跡から生えている植物に力強さを感じるなあ~。。。

IMG_9244.jpg

その辺に座って、当時の様子を思い浮かべてみる。。。
参拝する多くの人々、修行する僧達、木造のお堂に囲われた
金ぴかの仏像達。。。

バンコクにあるワット・プラケオや王宮の様子がそのまま
このアユタヤにも存在したのだろうなあ~。。。

IMG_9249.jpg

木造の建物は腐って残っていないけど、かなり大きな
本堂や回廊があったはずだ。。。

IMG_9251.jpg

ワット・プラ・シー・サンペット

バンコクのワット・プラケオに相当する王室の守護寺院。
アユタヤ中期に建てられた3個のセイロン様式のチェディには
3人の王の遺骨が納められている。

この公園は地元タイ人の憩いの場所にもなっていて
家族連れやカップルが多い。

そんなカップルに頼んで写真を撮ってもらった

IMG_9253_20130303193853.jpg

象に乗って遺跡を回る事もできる!!

なので、遺跡公園の道には象の落し物があちこちに落ちていて
気をつけて走らないといけないのだ

利用しているのはバンコクからのツアー客ばかりのようだ。

IMG_9254.jpg

これもアユタヤのシンボル的な存在のワット・ロカヤスタ
この前のタイの洪水では完全に水没してしまった。。。

青空の下、悠々と横たわる仏様はユニークで印象深い

続く。。。
関連記事
スポンサーサイト

| アユタヤ | 00:00 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。