アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タイ・スコータイ遺跡をスイスイ~~と走ってみた!①

タイ・スコータイ
記事中の全ての画像はクリックすると凄く拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

タイスコータイ遺跡を写真に写っているレンタルサイクル、
「ターボ号」で巡ってきた。TURBOのロゴが気に入った

「ターボ号」といっても原動力はひ弱な僕の足になるわけで
またもや日頃の運動不足があとあと露呈する事になるのだ

象の彫刻が遺跡の中にすっぽりと納まっている。。。
窮屈そう。。。なかなかにシュールだなあ

IMG_1470.jpg

舗装されたきれいな道をスイスイ~~と軽快に飛ばす。

遺跡公園の周りは田園地帯なので写真のような牛が引く
大型のリヤカー?なんかにも出くわす。のどかでよろしい。。。

IMG_1473_20110927231726.jpg

走るのはきれいな舗装された道路だけでなく写真のような
木製の橋を渡ることも。。。

橋の柵が所々壊れて無くなっておりスリル満点!(笑)
走っているとキィキィと木が軋む音がする!

IMG_1479_20110927231724.jpg

橋を渡りきった先にはワット・プラ・パーイ・ルアンという
寺院にたどり着いた。が。。。

なんと痛みの激しい遺跡なんだろう。。。
黒くなっているのは昔に火災でもあったからかなあ~~。。。

IMG_1481_20110927231723.jpg

ほんと痛みが激しい。。。

それでもスコータイ遺跡全般で言えばアユタヤ遺跡よりも
保存状態はいいのだそうだ。

理由はスコータイ時代の寺院の柱がレンガ造りだから。
屋根は木製だったので残っていないけど、アユタヤ遺跡は
柱も屋根もすべて木造だったため基礎部分のレンガ部分しか
残っていないものが多い。

IMG_1482_20110927232103.jpg

これでも保存状態がいいのです。。。
というか、この寺院が傷みすぎのような気がする

IMG_1489.jpg

ワット・プラ・パーイ・ルアンを後にして、次の遺跡へ
「ターボ号」で走り出す。。。

もう、温度は40度ぐらいになっているだろうか?
刺すような日の光と道路からの熱気が、アラフォーおっさんの
体力をどんどん奪っていく!!

坂道も多く、いわゆる「立ちこぎ」で登っていく。。。
おっさんの立ちこぎってあまり見たくないよなあ~必死すぎて
大体、自転車に乗ること自体が久しぶりというか、何年ぶりだろう。。。

IMG_1494_20110927232101.jpg

ん?仏像さんがかくれんぼしているよ!

ここは本堂の中いっぱいに仏像が納まった、ワット・シー・チュムという
寺院遺跡なのだが。。。

IMG_1498.jpg

それにしても狭いなあ~~、窮屈だなあ~~

屋根のない32m四方、高さ15m、そして壁の厚さが
3mもある本堂に、巨大な仏像が座っている。

ちなみにこの仏像は「おそれない者」という意味の
アチャナ仏」と呼ばれ、今なお人々の信仰が厚い。

IMG_1513.jpg

だからだろうか?お坊さんの一行がバスで乗り付けて
観光?しに来ていた。そして記念撮影なんかしている

珍しい光景に思わず僕もシャッターを切る

IMG_1510_20110927232059.jpg

アップでもパチリ!

こう見ると、ほんと子供からおっさん?まで幅広い!

まだまだ、「ターボ号」との冒険は続きます!

関連記事
スポンサーサイト

| スコータイ | 00:05 | comments:26 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。