アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラオス・ルアンプラバーン国立博物館

ルアンプラバーン国立博物館前のパバーン像安置祠

上の写真はルアンプラバーン国立博物館入口にある、
パバーン像を安置する祠。

ノースリーブ、ミニスカートでの入場は
出来ません~。短パンもダメです!
ルアンパバーンでの観光は、暑くても長ズボン
襟付きのシャツで行動する事をオススメします!

タイも結構、そうですよね~。

ナーガ像

タイラオスのお寺に必ずある
八岐大蛇(ヤマタノオロチ)のような像。

これって、アンコールワット遺跡にもたくさん
見られる『ナーガ』ですよね??
ヒンドゥー教も仏教もどこか繋がりがあるのですね~。

シーサワンウォン王像

かつて、この王宮に住んでいた
シーサワンウォン王の像。

ルアンプラバーン国立博物館

かつて王宮だった建物を利用して博物館として開放している。

館内は写真撮影禁止!土足厳禁!
手荷物も預けなければならない。

王族が使用した家具や調度品が展示されている。

博物館の入口

博物館から入口方向を見る。
前の山はプーシー。

とにかく、ルアンパバーンでの観光は歩いて
ゆっく~り、まった~りとお茶でも飲みつつ
時間をかけてめぐるのが良いようです。

街全体が世界遺産に登録されている為か
情緒もあって、素敵な街ですよ~。


↓↓ いつもご覧頂きありがとうございます!ぽちっと! ↓↓

関連記事
スポンサーサイト

| ルアンパバーン | 23:24 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。