アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・シェムリアップ郊外のプノンクーレンを訪ねて②


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

カンボジア人がピクニック感覚で訪れるシェムリアップ郊外の
プノンクーレンにはプリア・アントンと呼ばれる巨大な砂岩から
掘り出された約9.4mもの涅槃仏が安置されている。

その涅槃仏が安置されているお堂には写真のような階段を
登っていかなければならない

IMG_6517.jpg

階段の手前で裸足になり・・・

IMG_6514.jpg

お堂を目指すのだ。

IMG_6519.jpg

お堂に行く途中にプノンクーレン周辺を一望できる所が
あるのだが、もうとにかくジャングル・ジャングル。
深い熱帯雨林のジャングルが周辺を覆い、地面が見えない

このジャングルの奥深くには未だ発見されていない遺跡があるのだろうか・・・
そんな事を考えていると楽しくなってくるものだ。

IMG_6526_201501122316473f1.jpg

おおっ!これか!
本堂に入ると線香の香りが漂い、その中にでーんと巨大な
涅槃仏が安置されていた。

16世紀に造られたものらしいが、今でも参拝客が絶えないのか

IMG_6534.jpg

涅槃仏にはたくさんの小さな仏像や供物が供えられていた・・・
カンボジアでも仏教に対する信仰は厚いようだなあ。

IMG_6531.jpg

お隣タイからも王族が訪れたりしてるらしいが・・・

どこの国でもそうであるが隣の国同士は仲が悪い・・・
タイとカンボジアは国境を巡って今でもプリア・ヴィヘア周辺で
時々、銃撃戦が起きている・・・

またベトナムとも仲が悪く、トンレサップ湖に住む多くの
ベトナム水上生活者は差別を受けているそうな・・・

IMG_6535.jpg

お堂を出て階段を降り、ヒンドゥー教の象徴でもあるリンガヨニ
水を掛けてお祈りをする・・・

掛けた水は命の源泉となって下流に流れていくのだ。

IMG_6539.jpg

その後、駐車場に向かう途中に川があり、そこにもやはり巨大なリンガ
川底に彫られていたなあ~

IMG_6550.jpg

そして無数の小さなリンガも・・・
こうやって下流に住む人々に繁栄と豊穣をもたらすのだ。

IMG_6540.jpg

そして川岸に彫られたヒンドゥーの神々・・・

IMG_6546.jpg

その川で洗濯をし、水浴びをする村人がたくさん見られた。
物質的にはまだまだ恵まれていないけれど、このパワースポットで
毎日生活できる彼らは僕らよりも心豊かに生きているのかな~っと
そんな事を考えていたのだ。
関連記事
スポンサーサイト

| シェムリアップ | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・シェムリアップ郊外のプノンクーレンを訪ねて①


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

カンボジアシェムリアップ郊外にプノンクーレンと呼ばれる
アンコール王朝の幕開けの地とされる場所がある・・・

川底に掘られたリンガやヒンドゥーの神々で有名なのだが
地元の人の間ではピクニック等、手頃なレジャーの場所として
知られている・・・

とにかく、そこに行くまでの道のりが舗装されていない道を行くので
なかなかに振動がお尻に効いて痛い

IMG_6474.jpg

あの小高い山がプノンクーレン(ライチの山)だ。
なんでもライチの木がたくさん生えているのでそう呼ぶらしい・・・

ほんの数年前まではこの辺りはポルポトの拠点と言うこともあって
外国人がむやみに立ち入る事が出来なかったらしい・・・
今でも撤去されていない地雷が相当数残っているそうだ・・・

IMG_6482.jpg

しかし今は大きな駐車場を完備した地元の人々が大勢訪れる
場所になっていて、土産物屋やレストランもたくさんあるのだ。

IMG_6485.jpg

で、そこを流れる川底には写真のようなヴィシュヌ神ブラフマー神
レリーフや無数のリンガが彫られていたりと遺跡も豊富にある。

IMG_6493.jpg

その川にある落差20mもの滝下は地元の人々の水遊び場となっており
僕が訪れた時も大勢の人々でにぎわっていた。
ポルポトによる血の粛清は今は昔・・・

今では人々は平穏で平和な日々を謳歌できるようになったのだなあ~

IMG_6504.jpg

旅行会社が用意してくれたランチボックス。
暑い中を時間をかけてやってきたので思わず匂いを嗅いでしまった

カンボジアで食べるオニギリは美味しかった~~
味付け海苔でなかったのは残念だけど・・・←関西人は味付け海苔でオニギリを作る!

IMG_6505.jpg

所々に古い遺跡があるなあ~~

この山に点在するレンガ造りの寺院遺跡はプレ・アンコールから
アンコールへの過渡期と位置付けられた遺跡なんだそう。
なのでこの地は以後600年続くアンコール王朝発祥の地なのだ。

IMG_6508.jpg

こんな郊外の辺鄙な場所にもたくさんの人々が暮らしており・・・

しかし、ゴミがすごいなあ~~・・・

IMG_6509.jpg

そこそこしっかりとした家がたくさんあって驚いた。
自給自足の生活なのかなあ~~??

ちゃんと電気も通っているようだなあ~

IMG_6513.jpg

外国人はやはり珍しいのか?子供達がキャーキャーと騒ぐ
カメラを向けると御覧の通りの笑顔・・・

もう昔のような悲劇は繰り返してはいけないな!
今日は幸せそうなカンボジアの人々をたくさん見れて良かったなあ~

続く・・・
関連記事

| シェムリアップ | 00:00 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・アンコールワット遺跡~ロリュオス遺跡群・ロレイ~

アンコールワット遺跡・ロレイ
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

王都が現在のアンコール地域に移るまでは、シェムリアップから
国道6号線を南東に13km行ったロリュオスに王都があった

そのロリュオス地域の中でもこのロレイと呼ばれる遺跡は
今から1100年以上も前の遺跡なのだ~

IMG_0410.jpg

金剛力士像の壁画が力強い!!

IMG_0412.jpg

今は水が涸れてしまったが、昔は大きな貯水池の中央の小島に
建設されていた寺院なのだ。

レリーフも美しい。。。

IMG_0413.jpg

4基の祠堂の中央に十字型に配された水を送る長い管の
跡があり、その中央にリンガが設置されている。

そのリンガに聖水を注ぐと、四方に流れ出す仕組みに
なっているのだが。。。

IMG_0416.jpg

今ではそんな聖なる儀式の場所も子供達の遊び場所に
なっているのだった。。。

可愛いねえ~~

IMG_0420.jpg

それに境内には上座仏教の新しい寺院が建設され
僧院があちこちにあって。。。

IMG_0419.jpg

若い僧達の修行の場所にもなっているようだ。

IMG_0418.jpg

一体、何人の僧がここで修行をしているんだろう??

しかし、凄い暑さだ!
この環境で生活する事自体が修行のようであるなあ~。。。

関連記事

| アンコールワット遺跡群 | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。