アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・アンコールワット遺跡・象のテラスとライ王のテラス

象のテラス

アンコール・トム内にかつてあったと言う
王宮の近くに象のテラスライ王のテラス
呼ばれる遺跡がある。

写真は手前が象のテラスでず~~~っと奥に
ライ王のテラス

テラスの上を歩く事が出来るのだが、日を遮る
物が全くないのでめちゃくちゃ暑い!!
遺跡の石もジリジリ日に焼けているので、フライパンの
上を歩いているようなイメージ。

象のレリーフ

とにかく、先を急がずゆっくり休みながら観光しないと
熱中症になってしまう。

で、象のテラスというのは長さ300mにも及ぶ王族達が
閲兵を行ったテラスで、写真のような象のレリーフや。。。

風化が激しいね~~。

象の彫刻

蓮の花を鼻で摘む象の彫刻や。。。

牙が折れちゃってるね~~。

ガジャシンハ

ガルーダとライオンが一体化したガジャシンハが見られる。

テラスを支えているよ!よいしょっ!

良く見るとチビナーガもいるよ!(笑)

蓮の花を鼻で絡めとる象

特にこの象はお気に入り。
蓮の花を鼻で絡め取ってるのがわかるでしょ?

この時、私、太陽にイジメられてけっこう弱ってました(笑)

シンハ象

象のテラスの中でも特に、この王のテラスは王宮の門前に
位置しており、正面に勝利の門から続く道が延びている。

戦いから戻ってきた軍が王と謁見した場所であり、近隣各国の
王を出迎える場所でもあった。

ここでは当時の王になったつもりで思いをはせてみたい!

とりあえずシンハ像、思わず撫でたくなるようなプリプリの
お尻がキュートすぎ!(笑)

ライ王のテラス

象のテラスの隣に高さ6mにも及ぶテラスを持つ
ライ王のテラスがある。

その6mの壁には一面にレリーフが彫ってあり壮観!

ライ王像

テラスの上のライ王像はライ病にかかった王だと言う説や
ヒゲとキバがあることから閻魔大王だとする説があるようだ。

物売りの少女達

ライ王のテラスの前には土産物屋やレストランが立ち並び
観光客を見つけると物売りの少女達がたくさん集まってくる。

『3個1ドル~~』『お兄さん買う~、1ドル~~』

右から左から日本語で話しかけてくる。

物売りの少女達2

手作りのブレスレットや扇子、布などなど一生懸命に
売ってくる。

少女達全員から買ってあげたいけど、そんなに要らないし
安いからと言って何でもと言うわけにもいかない。。。

ブレスレットをちょこちょこっと買って終了。

カンボジアでは土産でもトゥクトゥクでも何でも
1ドルというのは基本相場のようだ。

続く。。。

関連記事
スポンサーサイト

| アンコールワット遺跡群 | 20:59 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。