アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・シェムリアップ郊外のプノンクーレンを訪ねて②


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

カンボジア人がピクニック感覚で訪れるシェムリアップ郊外の
プノンクーレンにはプリア・アントンと呼ばれる巨大な砂岩から
掘り出された約9.4mもの涅槃仏が安置されている。

その涅槃仏が安置されているお堂には写真のような階段を
登っていかなければならない

IMG_6517.jpg

階段の手前で裸足になり・・・

IMG_6514.jpg

お堂を目指すのだ。

IMG_6519.jpg

お堂に行く途中にプノンクーレン周辺を一望できる所が
あるのだが、もうとにかくジャングル・ジャングル。
深い熱帯雨林のジャングルが周辺を覆い、地面が見えない

このジャングルの奥深くには未だ発見されていない遺跡があるのだろうか・・・
そんな事を考えていると楽しくなってくるものだ。

IMG_6526_201501122316473f1.jpg

おおっ!これか!
本堂に入ると線香の香りが漂い、その中にでーんと巨大な
涅槃仏が安置されていた。

16世紀に造られたものらしいが、今でも参拝客が絶えないのか

IMG_6534.jpg

涅槃仏にはたくさんの小さな仏像や供物が供えられていた・・・
カンボジアでも仏教に対する信仰は厚いようだなあ。

IMG_6531.jpg

お隣タイからも王族が訪れたりしてるらしいが・・・

どこの国でもそうであるが隣の国同士は仲が悪い・・・
タイとカンボジアは国境を巡って今でもプリア・ヴィヘア周辺で
時々、銃撃戦が起きている・・・

またベトナムとも仲が悪く、トンレサップ湖に住む多くの
ベトナム水上生活者は差別を受けているそうな・・・

IMG_6535.jpg

お堂を出て階段を降り、ヒンドゥー教の象徴でもあるリンガヨニ
水を掛けてお祈りをする・・・

掛けた水は命の源泉となって下流に流れていくのだ。

IMG_6539.jpg

その後、駐車場に向かう途中に川があり、そこにもやはり巨大なリンガ
川底に彫られていたなあ~

IMG_6550.jpg

そして無数の小さなリンガも・・・
こうやって下流に住む人々に繁栄と豊穣をもたらすのだ。

IMG_6540.jpg

そして川岸に彫られたヒンドゥーの神々・・・

IMG_6546.jpg

その川で洗濯をし、水浴びをする村人がたくさん見られた。
物質的にはまだまだ恵まれていないけれど、このパワースポットで
毎日生活できる彼らは僕らよりも心豊かに生きているのかな~っと
そんな事を考えていたのだ。
関連記事
スポンサーサイト

| シェムリアップ | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・バクタプルへ向けて出発!!

パナウティのバスターミナル
記事中の全ての画像はクリックすると拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

朝が美しいパナウティの街並みを堪能した後、ホテルへ戻り
チェックアウトする。。。

パナウティ郊外のバスターミナルへ行くのだが。。。
もう、無数のバスが待機しているんだけど、どのバスが
どこへ行くのかもわからず、ひたすらその辺のおっちゃんや
ドライバーに「バクタプルに行きたいんだけど。。。」と聞いて回る

ん~~。。。こういう時、一人旅だと心細いんだよねえ~。。。
などと思っていると。。。
バクタプル行きはこっちだ!!と手招きするお兄ちゃんの
おかげでバスに乗る事ができた

IMG_1763_20120312022401.jpg

が。。。バスに乗っても本当にこのバスがバクタプルに行くのか
信用する事ができず、他の乗客に確認を試みる。。。
英語が通じない人が多いので、できるだけ身なりのちゃんとした人
(英語が話せるだろうという先入観)を探すのだがなかなかいない

と、そこへネクタイをしたエリート風(これも先入観)の
お兄さんが乗り込んで来たので話しかけると案の定、英語が
話せたので安心する。確かにこのバス、バクタプルに行くそうだ!

IMG_1766.jpg

バスは名も知らぬ小さな街をいろいろ経由しながらバクタプルに向かう。

停車する度に大勢の人が乗ってくるので車内はもう満員御礼状態に

後で気付いたのだが、出口は前方だけなので僕のように後方に
席を取った人は街に停車する度に前へ前へ移動するのがコツの
ようで。。。でないと降りられない可能性が!!

IMG_1769.jpg

そういえば、英語の話せるエリート君(勝手に命名)も
最初、僕の前の席にいたのだが、停車する度に前へ前へ
移動していた。

次に停車する街の名前をバスのスタッフが大声で車内に伝えるのだが
これを聞き逃すとどこへ行ってしまうのか検討もつかない

あ~~、不安だなあ~~。。。

IMG_1772.jpg

バクタプル!バクタプル!

スタッフが確かにそう言ったうよな!?と思った瞬間に
すでに前の方へ移動していた先ほどのエリート君が
振り返って目で合図してくれた!

そして、スタッフも僕がバクタプルに行くことを覚えていたようで
アゴで前に来いと合図。。。

満員御礼の車内をソーリー、ソーリーと大きなバックパックを
抱えながら前へ進み、エリート君にお礼を言い、バスを出た。。。

で、ここからどうやって町中へ??
砂埃が舞う、だだっ広い道路の端にポツンと降ろされて考える

IMG_1774.jpg

ラッキーな事に歩き出した方向が正しかったようで
ガイドブックに載っていた寺院が見えた!!

IMG_1775.jpg

そうそう、この愛嬌のあるユニークな顔が印象的な狛犬?のある寺院。。。

IMG_1778.jpg

リンガヨニが祀られているこの通りこそバクタプルの
中心へ向かう通りなのだ!

IMG_1779.jpg

あちこちに点在するヒンドゥー教の神様を眺めながら歩いていると
ヘイ!ヘイ!と誰かを呼ぶ声が

IMG_1780.jpg

呼んでいたのは僕の事で、おっちゃんがこっちへ来い!と
ブースの方へ手招きするので行ってみた。。。

入場料を払え!という。。。
そう、ガイドブックにも書いてあったが町の中心へ向かう
道にはこういうチェックポイントがあり、観光客から入場料を
取っているのだ。。。

カトマンズ周辺の観光地では入場料を取る所が多く、以後何回も
払う事になる。仕方がないな~~。。。文化財保護基金との事だし。

IMG_1781.jpg

10ドルを払ってスタンプを押したパスがもらえた。
いざ!町中へレッツ・ゴーだ!

続く。。。
関連記事

| バクタプル | 00:06 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・アンコールワット遺跡・クバール・スピアンへ


全ての画像はクリックすると画面一杯に拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

シェムリアップから北東へ約50Km、バイクで1時間30分かけて
クバール・スピアンという遺跡を見に行った。

人気のない山道を歩くため、ガイドブックには信用のおける旅行会社の
車をチャーターしガイドを付ける事!と書いてあるが、宿泊している
ゲストハウスのバイクタクシーを利用する。

ドライバーのチャイ君を信用し、自己責任で行くことにする。

まずは、ガソリンの補給だが、瓶詰めにされたガソリンを
ダイレクトにバイクのタンクへ!!
一服したかったが、タバコをポケットに仕舞う

IMG_9966.jpg

色分けされた燃料がドラム缶に並べて置かれている。
この店はいわゆる雑貨屋で、生活用品とか食料まで売っている。

東南アジアではこのようなガソリンスタンド?を良く見かける。

IMG_9967.jpg

天気に恵まれ、意外にもきれいに舗装された広々とした道路を
走り続けて、やっと遺跡の駐車場に到着。

こんな郊外の遺跡にも観光客向けのレストランや土産物屋が並ぶ。

IMG_9968.jpg

ドライバーのチャイ君に「2時間ぐらいで帰ってくるよ!」と
遺跡の入口へ向かう。。。

実は遺跡へは40分ほど山道を登らなければならない!!
しかも、このあたりは地雷撤去が完了しておらず、木や岩に
赤くペイントされた目印から山側は歩いてはいけない!!

IMG_9969.jpg

な~~んだ~~!けっこう平坦な道やん!
楽勝!楽勝!

IMG_9971.jpg

15分後。。。むむっ!ちょっと険しくなってきたなあ~~!
だんだんと足場が悪くなってきた。。。

IMG_9973.jpg

30分後。。。なんか、傾斜が凄い事になってきた!
大きな岩をよじ登ったり、木を掴んで登ったり。。。
まるでジャングルトレッキングだ!しんどい。。。

IMG_9979.jpg

やっと遺跡に到着!!

この川はシェムリアップ川の源流にあたり、このクーレン山
シェムリアップ川、トンレサップ湖をそれぞれヒマラヤ山脈
ガンジス川、インド洋に模して古来から山と海を結ぶ起点として
重要視されてきたそうだ。。。

IMG_9980.jpg

それにしても盗掘の痕が痛々しいなあ。。。
こんな山奥じゃ盗掘し放題なんだろうなあ。。。

IMG_9984.jpg

彫刻の内容は。。。

アーナンダ(ヘビ)に横たわるヴィシュヌ神のヘソから蓮の花が
生えて、その上でブラフマー神が瞑想している。ヴィシュヌ神
横には妻のラクシュミーがいて、皆でシヴァ神が壊した世界が
再生するのをのんびりと待っているのだそうだ。。。

ヘソから蓮。。。
世界の再生を寝て待つ。。。

凄い世界観だ。。。


IMG_9988.jpg

ブラフマー神。。。

乾季で水量が少なく、彫刻が良く見える。。。

IMG_9990.jpg

川底には無数のリンガ(男性)が彫られており
写真のように巨大なヨニ(女性)も彫られている。。。

リンガを流れた水は聖なる水となるので、川底に無数のリンガ
彫ればよりパワーのある水になると考えられたそうだ。。。

つまり、この水で沐浴すれば病気が治ったり、幸せになれると
言うことらしい。。。

IMG_9978.jpg

お~~、だったらこの滝に打たれてくれば良かったかなあ~~!

IMG_9997.jpg

メインの彫刻以外にも、ふとその辺の岩に目をやると
こんな小さな彫刻が彫ってあったり。。

IMG_9998.jpg

カエルの彫刻もあるよ!

IMG_0005_20110904011632.jpg

時間があれば点在する様々な彫刻を見ることも出来るが
地雷の危険もある為、あまりジャングルの奥深くには
行かないほうがいいかも。。。人が踏み固めた道を歩くなら
問題はなし。

僕個人的にはおススメの遺跡です~~!

チャイ君、ただいま~~!
お腹減ったね!奢るから何か食べようぜ~~!

続く。。。
関連記事

| アンコールワット遺跡群 | 16:09 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。