アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・ブムタンからトンサに向けて出発!


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ホテルから眺めるライトアップされたジャカル・ゾン

そもそも外国人旅行者が自由に行動できない事と宿周辺に
何もないので、一日の旅程が終了し部屋に戻るとぼーっと
過ごす事になる。

Wi-Hiの環境が整っているので日本の情報を入手したり
ブログやメールの確認ができるのはありがたい。

IMG_2659.jpg

これはブータンの紙幣。ニュルタム(BTN)。
1ニュルタムは1.8円ぐらい。

最高紙幣は1000ニュルタムで1800円ぐらい。
ちなみにお隣インドとは1インド・ルピー=1ニュルタムで固定されている。
1000と50に現国王が描かれている。

IMG_2660_2015111421114983e.jpg

裏には各地にあるプナカ・ゾン等、主要なゾンが描かれている。

IMG_2656_20151114211142d2d.jpg

で、夕食なのだが、これは水餃子。皮が分厚くて非常に
食べごたえがある。肉汁(なんの肉かは不明)がじゅわ~と
口に広がりクセもなく美味しい!

IMG_2654_20151114211146d40.jpg

問題はコレ!蕎麦!
見た目、日本のざる蕎麦のような感じだが・・・
食べてみるとコシがなく、口の中でほろほろと崩れる感じ。
ブツブツした食感。味はなんというか素朴過ぎると言うか
味らしい味がなく、2口でやめた(苦笑)

IMG_2685.jpg

翌朝、宿を出て一路トンサに向けて出発。

IMG_2684.jpg

ヨトン・ラと呼ばれる3400mの峠に到着。
高度順応もしてきたので車酔いみたいな高山病の
症状もなくなってきて快適に。

ただし、車から降りて歩く時はゆ~っくりと息をするように
心掛ける。

IMG_2674.jpg

途中に寄った土産物屋でブータンに来たら購入しようと思っていた
布を物色。中でもヤクの毛を使ったヤタと呼ばれる厚手の織物を
購入。写真の一番右端。

荒い織物だがヤクの毛というのがポイント。
高地ならではの織物ではないか!満足。

IMG_2677_20151114214029c95.jpg

織機も見せて貰ったけど、いたってシンプル。

ブムタン周辺は毛糸の産地で、紡ぎから染色、織りまで
すべて地元で行う事が出来るとの事。

IMG_2692.jpg

トンサに到着してガイドのペマが銀行に寄ると言うので
僕も付いていく。ブータン銀行、トンサ支店。

IMG_2696.jpg

おお!なんとATMがあるではないか!
ATMの枠が木製なのはご愛嬌。中に人が入ってたりして?(笑)

IMG_2698.jpg

窓口は地元の人で大賑わい。国王夫婦のポスターも。

このポスターを昭和天皇と皇后様にすると・・・
昭和初期の日本の風景に!?
こんな感じだったのではと想像が膨らんだ・・・
関連記事
スポンサーサイト

| ブムタン | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・ティンプーからプナカへ~3150mのドチュ・ラ峠を越える

ブータン
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ブータンの首都ティンプーからプナカに向けて出発
高山病でちょっとしんどかった昨日に比べると完全に高度順応したのか
すこぶる調子がいい!

プナカまでは約3時間30分の道のりだが、大丈夫だろう!

車はティンプーを出て40分程でブータンに帰化したチベット人が
多く住むホンツォに到着。

ここで写真の検問所でビザとか旅程表を見せて通行許可を
もらわないといけない!

IMG_1993.jpg

ガイドのペマが検問所で手続きをしてくれている。
リンゴやチーズを売る屋台がたくさん目に付いた

外国人観光客が勝手にウロウロと旅行ができないブータンでは
厳しく観光客の行動が制限されており、国内にこのような検問所が
多数あるのだ!

IMG_2028.jpg

ホンツォの検問所から20分ぐらいで標高3150mの
ドチュ・ラ峠に到着。

かつては大きな仏塔がぽつんと建つ、物寂しい場所だったらしいが
2004年に108基の仏塔が新設されて公園のように整備されている

IMG_1997_20130520022942.jpg

ここでトイレ休憩を兼ねて、観光なのだがとにかく標高が
3150mの場所なので急に動いたり走ったりという動作は
慎まなくてはならない。しかも呼吸は大きくゆっくりと!
でないと、クラクラッとめまいを覚える

おお!遠くにヒマラヤの山々がきれいだぞ!

IMG_1996.jpg

ズ~~~ム!

今日はたまたま晴れているが、ガスっている時も多く
なかなかきれいなヒマラヤが見られないとの事!
ラッキーだなあ

ブータン最高峰のガンカ・プンスム(7570m)も見られる!

なんだか足が重い感じがするぞ!!
車の中ではじっと座っているだけなのでよく判らないが
歩いたりして酸素が多めに必要になると空気が薄いのが
よくわかる!



そんな公園の様子を動画でどうぞ!

IMG_2000.jpg

ガスで覆われる峠のようすもロマンティックでいいものらしい

ドチュ・ラのラは『峠』を意味しており、今回の旅行では
いろんな『峠』を越えながら町を移動する大変ハードな旅行だ!

IMG_2005.jpg

3360mのぺレ・ラ、3400mのヨトン・ラ等の峠を
越えていくのだ~!

観光客の中にはこのハードな移動で車酔いに悩まされ、途中で
旅行をキャンセルする人もいるとか!

IMG_2014.jpg

108基の仏塔の隣の小高い丘にたくさんのタルチョルンタ)が
はためいていた。。。

繰り返し経文を印刷した薄手の色とりどりの布であるが
風ではためく度に経文を読んだのと同じ効果があるらしい。。。



タルチョのはためく様子を動画でどうぞ。。。

通り過ぎる風とタルチョのバタバタとはためく音しかしない、
幻想的な雰囲気だった。。。

続く。。。
関連記事

| プナカ | 00:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。