アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミャンマー・ヤンゴンの街をウロウロと歩く②


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ミャンマーヤンゴン。旧市街はインド人街中華街が入り混じり
異国の中の異国を感じる事ができる・・・

上の写真は旧市街から望むスーレー・パゴダ

インド人街の次は中華街へ行ってみる。

IMG_7414.jpg

中国式寺院もミャンマー仕様になると電飾が賑やかに(笑)
とにかくミャンマーの人々は宗教施設をとにかく派手にアピールしないと
気が済まないのかな?

IMG_7404.jpg

ヤンゴン中華街インド人街と隣り合わせの位置にあって
インド人街から数分歩くと、ガラリと街の雰囲気が中華風に!

街もどこからともなく線香の香りが漂う・・・

しかし、華僑って凄いよな!東南アジアの主要な都市には
必ず中華街があるもんな~
こういう馬力は認めないといけないな!

IMG_7406.jpg

で、やっぱりあるよね。金行や金のアクセサリーショップ。
とにかく東南アジアの人々はゴールドがお好き!
いやアジア全体だな。中華街の象徴的な店だよな~

IMG_7398.jpg

こんな看板がずらりと並ぶ。
金だけでなくて宝石類、特にミャンマーはルビーが有名で
ピジョン・ブラッド(ハトの血)と呼ばれるルビーは最高級品だ。

IMG_7400.jpg

ん?この女性は歩道で何をしているんだろう・・・

まさか、電話屋さん!?

IMG_7395.jpg

街には至る所に同じような店?がたくさんあって、観察していると
どうやら本当に電話屋さんのようだ。

電話機を売るのではなくて公衆?電話屋さんなのだ。

ミャンマーでは携帯電話が爆発的に普及しているが、まだまだこのような
サービスが健在なんだなあ~

IMG_7419.jpg

健在なんだなあ~と言えば、中古の日本車!
しかも20年以上前の古い車が現役で活躍している!

いすゞ、ホンダ、トヨタ・・・

IMG_7415.jpg

マルトモ株式会社さん!ミャンマーで活躍中ですよ!

IMG_7394.jpg

バスの外観はミャンマー仕様に塗装されているがほとんどが
日本から運ばれた中古のバスのようだ。

「ワンマン」のプレートがそのまま付いてるバスもあったなあ~

とにかくアジアのどの国に行っても日本車は丈夫だ!潰れない!と
大評判なのだ。日本の工業製品が中古であれ、こうやって元気に
第二の人生を過ごしているのを見るのは嬉しいもの!僕も日本で
車や建機メーカーへ部品を供給しているが、ウチの部品もきっと
がんばっているハズだ!



インド人街中華街の中間あたりでセパタクローを楽しむ若者たちを
撮影しました~~

ヤンゴンのウロウロ歩きは続きます・・・
スポンサーサイト

| ミャンマー | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミャンマー・ヤンゴンの街をウロウロと歩く①


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ヤンゴンの朝、ミャンマー名物のモヒンガーを食す。

ナマズがどろどろになるまで煮込んで作ったスープに
米麺を入れた料理なのだが、これが美味い!
意外と生臭くなく、日本人には馴染める味ではないだろうか?

IMG_7357.jpg

ホテルを出て街歩き開始。
歩道には即席の店がずらりと並び、モヒンガーを提供する屋台だったり・・・

IMG_7356.jpg

鶏肉や魚を売る店などがあった。
市場ではないので活気はないが、元気そうな女性達が静かに店を
切り盛りしていた。

IMG_7365.jpg

おお!きれいな教会があるぞ!
敬虔な仏教徒の多いミャンマーでは珍しい建物だが
元々イギリス領だったので教会があっても不思議ではないか・・・

IMG_7370.jpg

ばらまき用の土産を買おうとやって来たのはボーヂョーアウンサン・マーケット
ヤンゴンで最も大きく、にぎやかなマーケットなのだが・・・

だが様子がおかしい!開いている気配がない!

なんと!改修工事中であった・・・残念・・・

IMG_7382.jpg

仕方が無いのでトボトボとインド人街の方へ・・・

ヤンゴンには地理的にも歴史的にもインドと中国の関わりが深く
巨大なインド人街中華街が存在するのだ。

路上でバナナを売る人々・・・

IMG_7385.jpg

路上で売られている様々な物を見ながら奥へ奥へと歩いていくと・・・

IMG_7379.jpg

ガラリと街の印象が変化し、道行く人もインド人が多くなってきた。
どうやらインド人街に入ったようだ。

通りは歩行者天国のようになっていて子供達がサッカーをしたり
親と一緒にゲームに参加したりして過ごしている。



そんな様子を撮影しました~~

IMG_7380.jpg

上を見上げると、建物から通りの楽しそうな様子を眺める
子供達の姿も・・・

イスラム教徒も多く住んでいるようだな~

僕もしばらくこの楽しそうな光景を眺めながら、自分の少年時代を
思い出すのだった・・・

関連記事

| ヤンゴン | 00:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミャンマー・バガンを馬車に乗ってあちこちへ⑨


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ミャンマーバガン漆細工の特産地としても有名
バガンのお土産は漆塗りの器とか皿とかを購入しようと思っていたので
一軒寄ってもらった。

で、店に着くとオーナーが実際に作業の様子を見学できるというので
お言葉に甘えて見学させてもらう

IMG_6618.jpg

まだ肌寒い午前中の作業場。中では裸足で黙々と作業をする
職人さん達の姿が・・・

黒く塗った上から繊細なタッチで複雑な文様を描いていく・・・

IMG_6615_20141214220336e62.jpg

このように並べて乾燥させ、磨いたりを繰り返してあの独特の風合いが
生まれるのだなあ~

店に戻り、オーナーからあれこれすすめられるけど、何せバックパッカーなので
大きな物は購入できない!
さんざん迷った挙句、八曜日をモチーフにした直径30cmぐらいの飾り皿を購入。
価格はやはり安いのではないだろうか?できればたくさん購入して販売したいが
今回は見送る・・・

ミャンマーの雑貨はまだまだ未開拓で取り扱うショップも少なく、商材としては
いいのだけれど輸入手続きがねえ~・・・

IMG_6626_20141214215956414.jpg

お気に入りの漆細工の皿を購入し、満足感に満たされながら着いたのは
グービャウッヂー寺院。

ミャンマー最古とされる壁画が残る寺院で有名なのだが内部が暗いので
懐中電灯は必携。僕は忘れた・・・

IMG_6624.jpg

だいたいバガンの有名どころの寺院では所構わず写真のように絵を広げて
露天売りしているのだが、有名な砂絵を含めてモチーフがどこでも一緒で
つまらない・・・キットのような物まであるとかないとか

IMG_6622.jpg

そんな絵を眺めていると店のおっちゃんがおもむろに誕生日を聞いてくるので
答えると、僕の八曜日を素早く計算?し、ライオンを描き始めた・・・
ほんと、ミャンマーの人って誕生日を聞いただけですぐにその人の八曜日が
判るんだよなあ~~

IMG_6623.jpg

ズーム!!

さすがに上手い!←当たり前w

この絵描きのおっちゃんもそうだが、ミャンマーの人々はこんな観光地であっても
しつこい営業トークはしてこない。

この絵も何も買わないのに、サービスだから心配するなとニコニコ顔でくれた。

逆に日本人はこういう事をされると弱いもので・・・2枚ほど絵を購入してしまった
20ドルぐらいだったかな?

逆に日本人のそういう弱さを見抜いて商売しているなら、このおっちゃん、
なかなかやるな~と思った。

IMG_6630.jpg

これもミャンマー寺院にありがちな仏教ジヲラマのミニチュア版。
一つ一つ表情が違い、見ごたえがある。

IMG_6632.jpg

彼らはたぶん他のミャンマー地域から来たと思われる若者達なのだが
ロンジーを穿いていないんだよねえ~~

そういえばヤンゴンでも若者は男も女もジーパンが多かったなあ~
東南アジア全般にジーパンが若者に大変な人気だけど、高温多湿の
東南アジアではジーパンって気持ち悪いと思うんだけどなあ~

そんな事を思いながら、これまたジーパン姿の馬車使いの元に
戻っていくのであった・・・

続く・・・
関連記事

| バガン | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。