アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マレーシア・マラッカ~ババ・ニョニャ文化に触れる旅⑤

IMG_1561_201604242334399ce.jpg
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

予約投稿です!

マラッカの街をさらに散策してみた。
ここはババ・ニョニャ・ヘリテージ。

おさらいしておくとババ・ニョニャというのは数百年前にマレーシア
移り住んだ華人男性と地元のマレー系女性が結婚して生まれた子孫の
事なのだが、男性はババ、女性はニョニャと呼ばれ、独自の融合した
文化が開花した。

このババ・ニョニャ・ヘリテージはプライベートなミュージアムで
チャン家の私邸を家宝とともに一般公開しているのだ。

残念なことに中は撮影が禁止されているが、所狭しと並べられた
家具類は中国や欧州から持って来られたものばかりで、歴史を
感じさせる重厚な物が多い。

長細い邸宅は三階建で、中庭には空から太陽の日差しが程よく
差し込み、非常に解放感溢れる造りが印象的だった・・・

IMG_1569.jpg

マラッカ川の両側はきれいな歩道が整備され古い邸宅や、マレー式の建物
カフェ、ミニ遊園地なんかがあって、歩いていて楽しい。

IMG_1576_201604242336231a6.jpg

が!これはないだろう~~
地元の学生たちがマラッカの歴史を壁画にして表現しているらしいが・・・
なんだかなあ~~・・・雰囲気がねえ~~(苦笑)

IMG_1571.jpg

観光客の集まるオランダ広場も整備中。
押し寄せる観光客に対応すべく今後どんどんとキレイになっていくのだろう・・・

IMG_1573_2016042423341193e.jpg

そのオランダ広場を少し歩くと、白色のきれいな教会に辿り着く。
この教会はセント・フランシス・ザビエル教会と言って、1849年に
フランス人が建てた二つの塔を持つゴシック式の教会だ。

雲一つない青空に白色が映えて非常に美しい!

IMG_1588.jpg

で、そんな美しい教会があるかと思えば、チェン・フン・テン寺院と
呼ばれるマレーシア最古の中国寺院があったりする・・・
1646年に中国から運んだ資材で建てられたと言う・・・

IMG_1587.jpg

中に入ると周辺には線香の香りが漂い、参拝者が絶え間なくやって来る・・・

IMG_1582.jpg

で、もう少し同じ通りを歩くと今度はマレーシア最古のイスラム寺院である
カンポン・フル・モスクが!1728年に建てられたモスクで、礼拝時間には
大勢の信者が集まるようだ。

IMG_1583.jpg

で、またまた同じ通りを少し歩くと、今度はマレーシア最古のヒンドゥー寺院である
スリ・ポヤタ・ヴィナヤガ・ムーティ寺院が!19世紀初めに建てられたらしい・・・

なんと同じ通りにマレーシア最古の中国寺院モスク、ヒンドゥー寺院が!
世界中の宗教施設が狭いエリアにこれほど密集しているとは!

ほんとマラッカの歴史の深さ、そして今も健在で共存している様子は
多民族国家マレーシアの原点を見ているようで興味深いのであった・・・

こんな所、どこにもないよ~~


関連記事
スポンサーサイト

| マラッカ | 00:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マレーシア・クアラルンプールの街を気ままに歩いて写真撮影③

イスラミック・アーツ・ミュージアム

クアラルンプールの街を気ままにブラブラ。。。
今回はクアラルンプールの西側に広がるレイク・ガーデン周辺を歩いてみた。

写真は『マレーシア・イスラム美術館』で、実際に入場したのだが
残念ながら館内は写真撮影禁止。。。

IMG_2281.jpg

まだまだ新しい美術館のようで工事が続いているようだ。

収蔵品は世界中から集められたイスラム教の美術品が
整然と展示されている。古いコーランの書物、剣、衣装、装飾品や
世界中にある有名所のモスクの模型などがあり見ごたえがあった。

IMG_2283.jpg

現地の小学生だろうか?見学に訪れていた。
女の子はチャドルを被り、男の子はソンコと呼ばれるイスラム帽を被っていた。
あ~~、マレーシアイスラム教の国なんだと再確認。。。

いろんな意見は抜きにして、単純にチャドルを被る女の子が
この時とても可愛らしく感じられた。

日本でも肥満児が増えたと言うが、マレーシアでも多いのかな?(笑)
真ん中の男の子、貫禄充分だ!(笑)

IMG_2290.jpg

レイク・ガーデンには植物園もあって写真のような熱帯植物の
通り抜けがあったり。。。

IMG_2287.jpg

きれいなハイビスカス畑?みたいなのがあったり。。。

IMG_2291.jpg

ランのコーナーもあったりで癒された。。。

やっぱりランの栽培は東南アジア中で盛んなようだ。
インドネシア、タイシンガポールマレーシア。。。街中の花屋さんはもちろん
土産物屋でも良く見かけるなあ~。一般家庭の軒先などにも普通に見られる。

IMG_2292.jpg

ここレイク・ガーデンには上の写真に書いてあるが
『鳥が自由に飛び回れる世界最大級の歩行可能な鳥小屋』がある。←うまくまとめられない(笑)

答えは。。。

IMG_2296.jpg

答えはこの写真の通り、森を巨大なネットで覆って自然の巨大な『鳥小屋』に
しているのだ。そこにいろんな鳥が自由に飛び回っているらしい。。。

らしい。。。と言うのは入場していないから!(笑)
だって30リンギット(約1000円)もするし。。。
今回は貧乏旅行だし(笑)

IMG_2295.jpg

歩いていたらストーンヘンジの小型版がおもむろに出現。
説明書きもなく謎だ(笑)

謎と言えば。。。

IMG_2294.jpg

謎と言えば。。。

この二つのホテル。ル・メリディアンホテルとヒルトンホテルが見えるが
良く見るまでもなく、建物が全く一緒なのだ。

客室も全く同じなのか?価格は?
誰か教えてくださいな??(笑)

続く。。。
関連記事

| クアラルンプール | 01:04 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マレーシア・クアラルンプールを歩く②

クアラルンプールの街

クアラルンプールのチャイナタウンから北へ
とぼとぼ歩くとクアラルンプール発祥の地、
モスクマスジットジャメが建っている。
周りは世界の大手銀行のビルが立ち並ぶ
金融の街となっている。

ちょっとシンガポールチック??

ムルデカスクエア

ビルの立ち並ぶ中にあって、ぽかんと空いた大きな空間。
ムルデカスクエア。別名を独立広場とも言い、約50年前に
ここでマレーシアの独立が宣言された場所だそうだ。

マレーシアの人々の憩いの場にもなっているようで
ぶらぶら散歩している人などが多い。

で、この広場には。。。

世界一高い掲揚塔

高さ100m!世界一の掲揚塔があって、マレーシア
国旗がはためいている。

首がしんどいぞ!(笑)

最高裁判所

公園の道を挟んで向かいには最高裁判所。
白のレンガでできた美しい建物だ。

マレーシア人にとっても観光スポットなのか
写真をパチリ!!

街灯のデザイン

この街灯のデザインは少しいただけない!(笑)
ゴムの会社だろうか?大きなビルが見える。
天然ゴムの生産はマレーシアが世界一だったかな?

LRT


LRTと呼ばれるこの電車は高架電車なので
踏み切りは一切なし。クアラルンプールの中心街は
もちろん、郊外の観光スポット巡りに便利。

マレーシアってバンコクホーチミンのように
歩き回って『楽しい!』と感じる事が少ない(苦笑)

もともと観光名所も少ないし、料理もこれといった物がない。

女の子もチャドルを被っており、なんだか残念。。。(笑)


↓↓ いつもご覧頂きありがとうございます!ぽちっと! ↓↓



関連記事

| クアラルンプール | 22:52 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。