アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミャンマー・バゴーのシュエターリャウン寝仏~ビルマの竪琴~

ミャンマー・バゴーにあるシュエターリャウン寝仏
記事中の全ての画像はクリックすると拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

チャカッワイン僧院で僧侶の修行風景を垣間見たあと
僕はバゴーで最も有名で、映画『ビルマの竪琴』の
モチーフになったと言われるシュエターリャウン寝仏
見に行った。。。

僕も映画はテレビで見たけどうろ覚え
たしか、水島上等兵が寝仏の体内で竪琴を弾いていたんだよね?

しかし。。。ごっついなあ~!!
写真に収まりきらない!

IMG_5822.jpg

ミャンマーには無数の寝仏があるけれど、この仏様のサイズは
全長55m、高さ16m、口のサイズ2.3m、足の裏7.7m。。。

めちゃくちゃ巨大だ!

余談だが、ミャンマーモウラミャインには全長183mという
とんでもなくでかい寝仏様がいらっしゃるのだ!

IMG_5837.jpg

994年にモン族のミガディパ王によって建立されたものと
考えられており、その後王朝の滅亡と共にジャングルに
埋もれたものを1880年に英国人によって発見されたのだ。

この枕の螺鈿細工も見事だなあ~~

IMG_5823.jpg

足の裏はもちろん超偏平足!
仏陀の超人的な特徴の一つなのだ!

IMG_5824.jpg

ズ~~~ム!

IMG_5825.jpg

さらに、ズ~~~~~ム!

今改めてよく見ると、いろんな装飾がされてるんだなあ~
いろんな動物?器?をかたどった物に青や赤の石が
埋め込まれている。。。

IMG_5826.jpg

寝仏の背中にはずらりと、この寝仏の生い立ちが
美しく装飾された絵で紹介されている。。。

IMG_5841.jpg

一点を見つめながら、何を考えているのだろう??
楽しそうなお顔をされている。。。

口元が笑っているようでしょ?

IMG_5819.jpg

おまけ。。。

これはミャンマーで流通しているUSドルの兌換紙幣なのだ!

10ドルと。。。

IMG_5820.jpg

20ドル!!

現在でも公にはミャンマー国民のドル紙幣の保有が許されていない為、
この紙幣は外国人従業員への賃金支払いを目的に存続しているとの事。。。

今後民主化の進展に伴って、自国の通貨チャットを実勢に基づく
変動相場制へ移行するようになると、この紙幣の廃止も近いだろう。。。

関連記事
スポンサーサイト

| バゴー | 00:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。