アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミャンマー・ヤンゴンの街をウロウロと歩く②


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ミャンマーヤンゴン。旧市街はインド人街中華街が入り混じり
異国の中の異国を感じる事ができる・・・

上の写真は旧市街から望むスーレー・パゴダ

インド人街の次は中華街へ行ってみる。

IMG_7414.jpg

中国式寺院もミャンマー仕様になると電飾が賑やかに(笑)
とにかくミャンマーの人々は宗教施設をとにかく派手にアピールしないと
気が済まないのかな?

IMG_7404.jpg

ヤンゴン中華街インド人街と隣り合わせの位置にあって
インド人街から数分歩くと、ガラリと街の雰囲気が中華風に!

街もどこからともなく線香の香りが漂う・・・

しかし、華僑って凄いよな!東南アジアの主要な都市には
必ず中華街があるもんな~
こういう馬力は認めないといけないな!

IMG_7406.jpg

で、やっぱりあるよね。金行や金のアクセサリーショップ。
とにかく東南アジアの人々はゴールドがお好き!
いやアジア全体だな。中華街の象徴的な店だよな~

IMG_7398.jpg

こんな看板がずらりと並ぶ。
金だけでなくて宝石類、特にミャンマーはルビーが有名で
ピジョン・ブラッド(ハトの血)と呼ばれるルビーは最高級品だ。

IMG_7400.jpg

ん?この女性は歩道で何をしているんだろう・・・

まさか、電話屋さん!?

IMG_7395.jpg

街には至る所に同じような店?がたくさんあって、観察していると
どうやら本当に電話屋さんのようだ。

電話機を売るのではなくて公衆?電話屋さんなのだ。

ミャンマーでは携帯電話が爆発的に普及しているが、まだまだこのような
サービスが健在なんだなあ~

IMG_7419.jpg

健在なんだなあ~と言えば、中古の日本車!
しかも20年以上前の古い車が現役で活躍している!

いすゞ、ホンダ、トヨタ・・・

IMG_7415.jpg

マルトモ株式会社さん!ミャンマーで活躍中ですよ!

IMG_7394.jpg

バスの外観はミャンマー仕様に塗装されているがほとんどが
日本から運ばれた中古のバスのようだ。

「ワンマン」のプレートがそのまま付いてるバスもあったなあ~

とにかくアジアのどの国に行っても日本車は丈夫だ!潰れない!と
大評判なのだ。日本の工業製品が中古であれ、こうやって元気に
第二の人生を過ごしているのを見るのは嬉しいもの!僕も日本で
車や建機メーカーへ部品を供給しているが、ウチの部品もきっと
がんばっているハズだ!



インド人街中華街の中間あたりでセパタクローを楽しむ若者たちを
撮影しました~~

ヤンゴンのウロウロ歩きは続きます・・・
スポンサーサイト

| ミャンマー | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミャンマー・ヤンゴンの街をウロウロと歩く①


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ヤンゴンの朝、ミャンマー名物のモヒンガーを食す。

ナマズがどろどろになるまで煮込んで作ったスープに
米麺を入れた料理なのだが、これが美味い!
意外と生臭くなく、日本人には馴染める味ではないだろうか?

IMG_7357.jpg

ホテルを出て街歩き開始。
歩道には即席の店がずらりと並び、モヒンガーを提供する屋台だったり・・・

IMG_7356.jpg

鶏肉や魚を売る店などがあった。
市場ではないので活気はないが、元気そうな女性達が静かに店を
切り盛りしていた。

IMG_7365.jpg

おお!きれいな教会があるぞ!
敬虔な仏教徒の多いミャンマーでは珍しい建物だが
元々イギリス領だったので教会があっても不思議ではないか・・・

IMG_7370.jpg

ばらまき用の土産を買おうとやって来たのはボーヂョーアウンサン・マーケット
ヤンゴンで最も大きく、にぎやかなマーケットなのだが・・・

だが様子がおかしい!開いている気配がない!

なんと!改修工事中であった・・・残念・・・

IMG_7382.jpg

仕方が無いのでトボトボとインド人街の方へ・・・

ヤンゴンには地理的にも歴史的にもインドと中国の関わりが深く
巨大なインド人街中華街が存在するのだ。

路上でバナナを売る人々・・・

IMG_7385.jpg

路上で売られている様々な物を見ながら奥へ奥へと歩いていくと・・・

IMG_7379.jpg

ガラリと街の印象が変化し、道行く人もインド人が多くなってきた。
どうやらインド人街に入ったようだ。

通りは歩行者天国のようになっていて子供達がサッカーをしたり
親と一緒にゲームに参加したりして過ごしている。



そんな様子を撮影しました~~

IMG_7380.jpg

上を見上げると、建物から通りの楽しそうな様子を眺める
子供達の姿も・・・

イスラム教徒も多く住んでいるようだな~

僕もしばらくこの楽しそうな光景を眺めながら、自分の少年時代を
思い出すのだった・・・

関連記事

| ヤンゴン | 00:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミャンマー・インレー湖~猫が芸をするガーペー僧院を訪ねて


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

早朝からインレー湖の見所をボートであちこち廻り、さて昼食をという事で
やって来たのが「インターヘリテイジハウス」。

猫の看板が示す通り、ここには猫がたくさん飼われており、日本で流行の
「ネコ・カフェ」のようなものか?

IMG_7279.jpg

ボートを店に横付けして店内へ。スタッフが猫を見るか?と言うので
大きく広い「猫部屋」へ・・・

うわ~~~、いるいる!猫だらけ!

でもほとんど同じ猫ばかり。
大半が茶色のシャム猫のような猫だなあ~・・・純血種?なんて猫?

100匹以上いると思われる猫たちは、突然の訪問者である僕に
何の興味もないように寝てばかり・・・

IMG_7271.jpg

で、この猫・・・

あれれっ!このグレーの猫はロシアンブルーだよね!?
僕もロシアンブルーを飼っているので間違いないと思いながらも
こんなミャンマーの奥地にロシアンブルー??って事でビックリだ。
寝顔なんてウチの子にそっくりだ!

IMG_7281.jpg

ずっとここに居たい気持ちだが、スケジュールの都合でさっさと
昼食をとらねばならない・・・・

ぽかぽかと暖かい日差しが差し込むテラスで、インレー湖の湿原を
見下ろしながらシャン州名物の汁そばを食べる・・・

IMG_7288.jpg

スタッフは物静かだが、愛想が良くて笑顔も良い。
ここは宿泊する事も出来るようなので、猫好きの方には最高だろう!
僕もここを知っていれば泊っていたなあ~

IMG_7284.jpg

水路を進むボートを眺めながら、なんか遠くに来たなあ~って実感・・・

IMG_7298.jpg

昼食を食べ、次に訪ねるのは「猫が芸をする寺院」!!
何でも寺院で飼われている?猫たちが輪っかを飛び越える芸を
するらしいのだ。これは行かなければならない!

古い寺院がインレー湖畔に点在していて、絵になる風景・・・

IMG_7328.jpg

ここが芸をする猫たちがいる寺院。ガーペー僧院
湖上に建つ木造の僧院だ。

IMG_7334.jpg

がらんとした薄暗い本堂に猫がぽつり・・・
この猫が芸をしてくれるのか?

IMG_7335.jpg

柱に写真が飾ってある。おお!猫が元気にジャンプしてるぞ!

ガイドブックによると・・・僧侶が座禅を組む際に、腕の輪っかから
逃れようとして跳ぶことを覚えたのが始まりだそうな・・・
暇だから仕込んだという噂も!(爆)

IMG_7339.jpg

適当に観光客が集まったら「ショー」が始まるらしいが
生憎、僕を含めて数人しかおらずショーが始まる気配が
ない・・・

ガイドさんにショーを観たいと言ったら、近所の土産物屋の
おばさんと何やら交渉して連れてきた。

彼女がショーを見せてくれるらしい。



その様子を撮影しました!

う~~ん、確かにジャンプしてるんだけど、おばちゃんの「フォロー」の
お陰じゃないのか?これ?(笑)

IMG_7338.jpg

思わず笑ってしまったが、猫たちなりに頑張っている姿に
心がほっこりとしたのだった・・・

IMG_7329.jpg

寺院自体は非常に古い物で、シャン、チベット、インワ、バガン等の
スタイルをした仏像が数多く安置され、歴史を感じる味わい深い寺である・・・

関連記事

| インレー湖 | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。