アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミャンマー・バガンを馬車に乗ってあちこちへ⑧


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

バガンでの元旦の様子を堪能しつつ、向かった先はバガン最古の
建築とされるペッレイ・パヤー。1044年頃に建てられた仏塔で
中に入った回廊には・・・

IMG_6542.jpg

保存状態の良い?美しいレリーフが見られるのだが、この回廊の入り口は
鍵で封鎖されていて管理人に頼んで開けて貰わないといけない・・・

僕が回廊の鉄柵越しに中を覗き込んでいたら、おばさんがスタスタと
歩み寄り無言で鍵を開けてくれた・・・少しばかりのチップを払う・・・

IMG_6536.jpg

う~~む、レリーフが完全に失われている所と、上の画像のように
きれいに残っている所と両極端だなあ~~

もともとこの回廊部分は1905年まで土の中に埋もれていたらしいが
その後、いろんなどさくさに紛れて持ち去られたレリーフも多いと見た・・・

IMG_6552.jpg

元旦の朝から忙しく働くミャンマー女性を見ながら次の目的地へ馬車を
飛ばす。

どこのアジアの国でも見かける頭の上に荷物を乗せる女性・・・
だからか?姿勢の良い女性が多いなあ~~

IMG_6551.jpg

年配の女性も御覧の通り!

頭に荷物を乗せると両手の自由が利くので便利だよな~~
このバランス感覚は小さな時から養われたものなんだなあ~

IMG_6557.jpg

そんな光景を見ながらセィンニェ・アマ寺院に到着。
この寺院は上に登れるのだが非常に足場が悪く、ちょっと踏み外せば
10m以上落下して、大怪我では済まないだろう・・・

バガンの遺跡は良いのか悪いのか管理が行き届いてないので
観光客が自由に遺跡に登ったりできるのであるが、設備のある
病院もないこの地域での大怪我は致命傷になりかねない・・・

自己責任で慎重に登る・・・

IMG_6562.jpg

ほんと無数の仏塔が散らばり、幻想的な世界が広がる・・・
バガンに来てから何度もこんな景色をみたけれど、飽きないし
何度も美しいと感じるのだ。

IMG_6588.jpg

ふと見ると古い遺跡に交じって新しい仏塔の建築が進行中・・・
建築の様式も古いものに沿った形で行われているようであるが
複雑な心境にもなるもので・・・

IMG_6589.jpg

結局、こうやって新しい仏塔が次々と建つので所謂、世界遺産の登録基準に
抵触するらしいのだ・・・

地元の人々にとっては世界遺産なんてどうでも良くて、観光をアピールしたい
政府や役人の都合で世界遺産登録を実現したいだけなんだろうな。

でも世界遺産に登録されることで遺跡の保全や修復にかかる資金が
集まりやすくなる事実もあるわけだし・・・

遺跡の保全と周辺住民の理解。今後の動向に注目であるなあ~

IMG_6563.jpg

どちらにせよ、この景色はいつまでも残してほしいと思う。
新旧織り交ぜてもね!

IMG_6606.jpg

次にやってきたのはマヌーハ寺院

マヌーハは王様の名前で、アノーヤターに攻められた時に捕虜になり
解放された後にこの寺院を建てたのだが・・・

IMG_6611_20141025161523945.jpg

キッツキツの狭い場所いっぱいに仏像が安置されている。
これは捕虜の経験で鬱屈した王の気持ちを反映していると
言われ、なるほどそうかもと思わされる・・・

IMG_6603.jpg

さて!次はどこに行こうかな!!

続く・・・
関連記事
スポンサーサイト

| バガン | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。