FC2ブログ

アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

ブータン・プナカ~チミ・ラカンまでハイキングする③

プナカ・チミ・ラカン
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

本堂へはマニ車を回しながら中にはいる。。。

IMG_2072_20130725223823.jpg

ブータンのどこの寺院もそうなんだけど、装飾が凄い!
装飾過多に見えるけど、うるさく感じないのが不思議なんだなあ~
これ、手描きで一筆一筆の作業なんだろうけど、ブータン人の
根気の良さを実感できる。もちろん信仰心の厚さも

IMG_2075_20130725223846.jpg

ネコも気持ち良さそうにしているなあ~~
ここプナカはほんと温暖だ。夜はどうかわからないけど
昼間はポカポカしていてハイキング中、汗がじわり。。。

IMG_2077.jpg

本堂内は撮影禁止!残念だがブータンのお寺ではほとんどそう。

このお寺は『子宝』に恵まれますようにと、世界中から人々が
やってくるようで、ここに参拝し、子宝に恵まれた人々の写真や
喜びのコメントがたくさん寄せられていた

IMG_2082.jpg

なるほど!だから子連れの家族が多いんだな~~
彼らもここにお参りして、子宝に恵まれたのだな~

彼らも遠くから来ているのかな??

IMG_2079.jpg

チミ・ラカンを後にしてきた道を戻ります

IMG_2086.jpg

マニ車を回した祠と空高くはためくダルシン、そして菜の花が
とっても絵になっていたので写真をパチリ

忘れられない景色になったなあ~

IMG_2087.jpg

んんっ!子供達がはしゃぐ声がするぞ!

あ~っ、これか~~!ブータン式ダーツって!
クルと呼ばれているようだ。



ふ~~~む、遊び方は簡単なようだなあ~~

楽しそうだなあ~と見ていたらペマがやって見ろ!とダーツを
手渡してきた



んんん!意外と重いぞっ!

子供達も突然の展開に興味津々でこっちを見ている
的までは15mぐらいかな?重いけど届きそうだ!

大きく振りかぶって。。。

うりゃあ~っ!



さあ、車に戻ろう!ペマ~~っ!

関連記事

| プナカ | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・プナカ~チミ・ラカンまでハイキングする②

ブータン・プナカ
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

昼食もそこそこにチミ・ラカンに向けてハイキングに出発!
田んぼの風景だけ見れば、日本の山間と似ているんだけど
こういう、なんともブータンらしい祠なんかを見ると
異国情緒にワクワクするものだなあ~。。。絵になるね!



祠のマニ車を回してみる。。。

カラカラカラカラ。。。

マニ車の胴体部分を触って回すのではなくて、下に付いている
何かの骨のような部分を指先で回すのだ

IMG_2053_20130723231017.jpg

菜の花が咲いているなあ~
可愛いきれいな黄色の花がたくさん咲いている。。。

そんな様子をゆ~っくり見ながら歩く僕をそっちのけで
ガイドのペマはどんどん先を歩いている

IMG_2055_20130723231058.jpg

日本に来た事もあるペマは日本語も上手くて、しかもなかなかの男前だ!
僕をガイド中にも、日本の女の子から電話がたくさん掛かってきていた
またブータンに行くのでガイドをしてほしいという電話なのだが、明らかに
ペマとデートがしたいご様子。。。

ペマは硬派なようで、内心困っていると話していたなあ~
変に気を持たせたくないから断っているらしい。。。

中身も男前のペマであった!

IMG_2056_20130723231134.jpg

子供達に遭遇。。。家の手伝いなのかな?
ネパールの山間の村でも、働く子供達をたくさん見かけたなあ~

IMG_2057.jpg

そして、どこでも家畜は大事に育てられているのだ。。。

IMG_2058_20130723231411.jpg

そうこうしているうちに道はチミ・ラカンに参道までやってきた。
門をくぐり、なだらかな坂道をもうしばらく歩きます

IMG_2061.jpg

境内に入ると巨大マニ車が登場。
グイ~~~ンっと回す。

大きなマニ車ほど読経したよ!効果が大きいらしい
なんというか、こういう感覚でOK!というのが日本人には
信じられないのだなあ~。。。実際に読経するのが一番!と
考えるよね~やはり。

IMG_2066.jpg

この空高く立っているダルシンという布も、風になびく度に
読経しているのと同じ効果が得られるという縁起ものなのだ!

布にはびっしりと経文が書き込まれているなあ~

IMG_2064.jpg

それでは本堂に入ってみます!

続く。。。
関連記事

| プナカ | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・ティンプー~タシチョ・ゾンと官公庁街を訪ねて

ブータン・ティンプーのタシチョ・ゾン
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ブータンの首都、ティンプーの中心から車で5分ぐらいの
所にタシチョ・ゾンと官公庁が集まる一画がある

タシチョ・ゾンは国王のオフィスでもあり、ブータン仏教界(ドゥク派)の
総本山でもあるのだ。。。

IMG_1894.jpg

タシチョ・ゾンの隣には国会議事堂もある

1994年に建設され、1996年からはそれまでタシチョ・ゾン
開催されていた国会がこちらで行われるようになったらしい

現在、外務省など一部の官庁も入っており、周囲には
日本ブータン友好協会が植樹した桜がたくさん植わっている。

IMG_1897.jpg

で、タシチョ・ゾン

内部に入る事ができるのだが、カムニと呼ばれる白い帯のような布を
民族衣装であるゴに着用しないといけなかったり(観光客は義務ナシ
ガイドは必須、基本的に宗教施設や官庁には着用義務アリ)車の乗り入れが
禁止されたり、クラクションの使用も禁止されているのだ

IMG_1898.jpg

タシチョ・ゾンの入口に着いた。

階段の上では、銃を携帯したポリスが数名、警備に
あたっている。。。

IMG_1900.jpg

観光客は右に見えるセキュリティゲートを通る事はもちろん
手荷物検査も慎重に行われるのだ

ま、建物の機能を考えると当然なんだけど。

IMG_1903.jpg

中は広々とした中庭?広場を中心にぐるりと建物が囲む
造りになっている。

昔はこの広場でツェチュと呼ばれる祭りの会場になっていたが
現在は専用の施設が外部に増築されたとの事

IMG_1909_20130121002645.jpg

至る所にマニ車が設置されている。
建物の外壁の出っ張った所には必ずと言っていいほどある。

このマニ車、回すときは胴体ではなく根元の軸を時計回りに
回すのが正しい

胴体を触って回していたらガイドのペマに軽く注意された
こういう無作法はブータン人として許せないらしい

そりゃそうだろうな。注意しよう。。。

IMG_1912 (2)

僧侶の姿もチラホラ。。。

『ゾン』と呼ばれる建物はブータンの要所要所にあるのだが
地方では寺院と地方行政の中核としての機能を持った建物だ。

通常、尾根や見晴らしの良い場所に建ち、古くはチベット軍の
攻撃に備えた砦でもあったのだ。

ツェチュが行われる広場、裁判所や県庁のオフィス、寺院等で
構成されているのが一般的だ。

IMG_1915.jpg

なので、僧侶の姿を良くみるのだ。

絵になるなあ~~

IMG_1916.jpg

ブータンの伝統的な建築方法で建てられているのだが、
なんと、釘1本も使われていないとの事!

日本建築でも見られる、ミゾとホゾだけで木組みされているのだ。

なんか、日本と共通項があって興味深いなあ~~

地方のゾンではこのような広い石畳の広場でツェチュ
行われるのだが、そういう時期は世界中から観光客が
集まるらしく、飛行機もホテルも予約で一杯になるらしい。。。

一度見て見たいなあ~

IMG_1917.jpg

荘厳で威厳のある建物だった。。。

このタシチョ・ゾンの近くに現国王の住むサムテリン宮が
あるのだけど、写真を撮ろうとしたら、ガイドのペマがNO!NO!と
小声で伝えてくれた。撮影禁止。最悪な場合はカメラを没収される
らしい。。。

ブータン観光では写真撮影に関しては制限が多いので
撮影する前にガイドに聞くのが一番だ

続く。。。
関連記事

| ティンプー | 00:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT