アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・ボダナート~ネパール最大のストゥーパを見る!


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ネパール最大のストゥーパカトマンドゥ盆地のボダナートにある!
世界遺産にも登録されているこの巨大なストゥーパはタメル地区からタクシーで
30分ぐらいで行く事ができる・・・

よし!この距離ならトイレもガマンできそうだ!←まだ完全復活していない

タクシーを降りると大きなゲートが目の前に・・・

IMG_2042.jpg

おおおおおっ!素晴らしい!

これこれ!ある意味、ネパールの象徴とも言える巨大なストゥーパ
目に飛び込んできた!

周囲にはチベットから持ち込まれた骨董品などを売るツーリスト向けの
土産物屋や線香や仏具を売る巡礼者向けの店でびっしりだ

IMG_2046_20140330234122a9d.jpg

この巨大なストゥーパが鎮座する階段状の4層の台座?には入る事が出来る。
熱心な巡礼者がロウソクや線香を供えていたなあ~

IMG_2070_20140330234304e01.jpg

ここボダナートは古くからチベット仏教徒の主要な巡礼地であり、
中国のチベット武力併合後は世界でも有数のチベット文化の中心地に
なっているそうだ・・・

そんなボダナートに建つこの巨大なストゥーパには確かにチベット人と
思しき顔立ちの人々がたくさん訪れていた。

IMG_2053_20140330234300123.jpg

彼女達もネパール人とは違う顔立ちだよな~~

IMG_2079_2014033023425050c.jpg

彼はチベット僧なのかな?

巡礼者はただひたすらストゥーパを右回りに回り続ける・・・

この冬の季節はネパールはもちろん、ブータン、インドのチベット系住民が
避寒を兼ねて巡礼にやってくるそうな。

ここボダナート周辺にはおよそ20のゴンパがあり、多くの僧や
尼僧が学ぶ修行の中心でもあるのだ

IMG_2052_201403302343000c9.jpg

マニ車をひとつひとつ回しながら真言を唱える老婆・・・

IMG_2060.jpg

巨大なマニ車もあるぞ

IMG_2045.jpg

雲ひとつ無い真っ青な空に色とりどりのタルチョがはためく・・・

この目の描かれた塔は後に行くブータンでもたくさん見たなあ~

IMG_2081.jpg

ん?

ふと塔を見ると何やらオレンジ色の液体をストゥーパにぶっかけているぞ!
なるほど、このストゥーパにうっすらと残る黄色い線は、あのようにして
作るのだな~・・・結構な技術だ。

ささ、ホテルへ戻ろう!トイレ!トイレ!(苦笑)

スポンサーサイト

| ボダナート | 00:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・チャングナラヤン~世界遺産の寺院を堪能~

ネパール・チャングナラヤン
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ナガルコットを朝8時頃出発したトレッキングもいよいよゴール!
お昼前にチャングナラヤンにようやく到着した。

所要時間4時間。天気に恵まれ、道にも迷わず、きれいな景色が
眺められて良かったなあ~~

上の写真はチャングナラヤンの街の入口。

IMG_1961.jpg

さて、街の中に入ってみよう!

この街にはナラヤン神を祀る古い寺院、チャングナラヤン寺院があり
スワヤンブナートボダナートなどとともにカトマンドゥ盆地の主要な
史跡として世界遺産にも登録されている

街全体が門前町になっていて、古い民家が参道の両脇に続く。。。
赤レンガの風合いがほんとに素晴らしい

ん??建物の窓辺りに何かぶら下がってる??

IMG_1962_201308260113379cc.jpg

大根だ!!

それにしても凄い数の大根だなあ~~
乾燥させて保存するのかな?
日本なら漬物とか切り干し大根にするよねえ~

IMG_1964_20130826011502964.jpg

うわぉ!今度はトウモロコシだ!
みんな家族かな?近所の子供達?
はしゃぎながら実を取っていたなあ~

楽しそうだなあ~いいなあ~~

IMG_1963.jpg

ここは沐浴場かな?洗濯物や水を運ぶ金属製の瓶が並んでいる。。。
そして山羊の姿も。。。

ここの家畜は自由にウロウロ。人も動物ものんびりだ。

IMG_1966.jpg

沐浴場や食堂を通り抜け、石段を登った先が寺院の境内だ。

その境内にそびえる中央本殿。ヴィシュヌ神の化身とされる
ナラヤン神を本尊とし、ネワール様式の繊細な木彫りが目を引く

IMG_1969_20130826011655291.jpg

間近で見られないのは残念だけど屋根の下に立派な木彫りの像が
ずらりと並ぶ。

IMG_1968.jpg

ふと目を下に移すと、いろんなヒンドゥーの神々が祀られている。
上の写真はガネーシャ。。。小さな像であっても祈りは絶えない。

IMG_1974_20130826011739c12.jpg

おおっ!ここにもガネーシャが。
なんか目の周りのメイク?が可愛らしいなあ~



そんなチャングナラヤン寺院にお参りする人々を撮影しました

IMG_1983_20130826011752b8f.jpg

偶然この街で知り合った大阪のカップルに写真を撮ってもらう

首都のカトマンドゥはとにかく砂埃が凄くて咳が出て
のどがやられたとの事。。。

う~む、やっぱりマスクを持ってきた方が良かったか?
そう、これから首都のカトマンドゥに向かいます!

続く。。。

| チャングナラヤン | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・ドゥリケル~ナモーブッダ~パナウティまでトレッキング④

ネパール・ドゥリケル
記事中の全ての画像はクリックすると拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ネパールドゥリケルの街を出発して6時間。。。
自分でもウソのような時間をバックパックを背負って
ひたすらに歩く!歩く!(笑)

ず~っと左側に見えていた雄大なヒマラヤのパノラマもそろそろ見納め。。。

あ~~、天気に恵まれて良かったなあ~!!

ネパール・パナウティ

トレッキングは山間の盆地を見ながらのルートに変わった。
もう、昼食の時間はとっくに過ぎているけど、ゆっくりしているヒマはないのだ。

日の落ちる前にパナウティの街に着いておかないと宿もないし
とにかく先を急がなくてはいけない。
しかも、途中のナモーブッダにも着いていない状況。。。

バックパックを背負う肩がしびれて感覚が鈍くなっているし
足の脛は早くも筋肉痛でだるく、休ませてくれ~と悲鳴を上げている。
手のひらもむくんできた!でもでも、スピードアップして歩くしかない!

こんな所で夜になったら大変だしね。

ネパール・ナモーブッダ

にわかに道の両側に土産物屋が現れ始めたと思ったら
ようやく、ナモーブッダに着いたようだ。。。

IMG_1658.jpg

真っ青な空にストゥーパにくくりつけられた色とりどりの
タルチョが風にはためいている。。。

辺りは地元の人々や観光客で溢れているが、意外と静か。
目が痛くなるほどの線香の煙りと濃厚な香りが充満していて
信仰の深さを感じとる事ができる。

IMG_1655.jpg

そうそう、このナモーブッダカトマンズ盆地での
チベット仏教三大聖地のひとつで、このストゥーパの周りを。。。

IMG_1656.jpg

主にチベット人が写真のマニ車をコロコロ回しながら礼拝している。
土産物屋にはこのマニ車をかたどった土産がたくさん置かれていたなあ~。。。

ちなみに残りの聖地はボダナートスワヤンブナートだ。

IMG_1660.jpg

ん?この表示って日本でも良く見ますよね!?
東南アジアではタイのカンチャナブリーにある
JEATH戦争博物館の入口にもあったなあ。。。

なんというか、こういう聖地でこんな表示を見ると
余計に世界の平和を願いたい気持ちになる。
あっ!これが狙いなんだよね!(笑)

IMG_1661.jpg

あ~~、お腹が減った~~。。。
でも、ゆっくり出来ない!パナウティに着かないと!

しかし、これだけ歩いたのは何年ぶりか??(笑)
すでに足は筋肉痛。歳を取ると、運動した日から数日置いて
身体中が痛くなるらしい(笑)全身に来るのか?筋肉痛!(笑)

参ったな~~(笑)

続く。。。

関連記事

| パナウティ | 23:55 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。