アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・アンコールワット遺跡・プリアピトゥ

プリアピトゥ1

王宮跡の近くにプリアピトゥと呼ばれる12世紀初頭に創建された
5つの神殿とふたつのテラスからなる寺院遺跡がある。

遺跡は修復工事が全くされておらず、周りは鬱蒼としたジャングルに
囲まれている。

訪れる観光客も少なく、僕が訪れた時もずっと一人だったのだが、
遺跡の独特な雰囲気がとても気に入った。味わい深い遺跡だ。

プリアピトゥ2

あちこちに遺跡の破片がゴロゴロしており、足元に気をつけないと
怪我をしそう。。。

そんなゴロゴロ転がる破片の中には。。。

ナーガのレリーフ

ハッとするような美しいナーガの彫刻や。。。

IMG_9868.jpg

名もわからない神々のレリーフが無造作に転がっている。。。

IMG_9874.jpg

本当に誰もやってこない。。。

ふと、『こんな所で暴漢に襲われても助けを呼べないな』とか
『こんな所で怪我でもしたら誰にも気づかれないな』とか
余計な事を考えてしまう(笑)

いるのは放牧された。。。

IMG_9877.jpg

牛が2頭いるだけ!!(笑)

それにしても世界遺産の敷地で牛の放牧とは。。。(笑)

IMG_9875.jpg

この二本の木の穴はカンボジア人のいたずらではありません。
ヨニ(女性のシンボル)として信仰されているようです。

ちなみに男性のシンボルはリンガと呼ばれ遺跡のあちこちに
見る事ができます。

IMG_9879.jpg

写真の下に写っている台がヨニで四角の穴に
先が尖がった石の彫刻(リンガ)を立てて
聖水を流し、儀式を行っていたようです。

世界中のヒンドゥー教の遺跡に見られる特徴ですね~。

生命の神秘は宗教的に結びつき易いという事でしょうか?

遺跡めぐりはまだまだ続きます。。。

~追記~

2010年8月現在、バイヨンの近くにあったレストランや
土産物屋がプリアピトゥの近くに移転した為、誰も訪れない静かな
遺跡ではなくなりました。。。現地にて確認済みです。残念です!

関連記事
スポンサーサイト

| アンコールワット遺跡群 | 23:31 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。