FC2ブログ

アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

カンボジア・シェムリアップのホテル~チェンラー

日没後のアンコールワット

プノン・バケンでサンセットを見た後に
再びアンコールワットに寄ってみた。

係員が『今日は終わり~。もう帰りや~。』と
手を叩きながら観光客を外に出そうとしていた。

僕もそうであったように、暗闇に包まれる直前の
アンコールワットを他の観光客も振り返り、振り返り
惜しむように出て行くのでした。。。

ゲストハウス・チェンラー

僕が宿泊しているチェンラーゲストハウス
専属ドライバー、チャイ君のバイクにまたがり
ホテルへ帰る。

あっ、写真は昼間のです。。

チェンラーの部屋の様子1

一応、テレビ、エアコン、ミニバー付き。
5泊6日で110ドル。一時間のマッサージと
アプサラダンスディナー付き。

シーツはパリッとして清潔。
ベッドの上に転がっているのは貴重品入れ。。。
部屋にセーフティボックスがなく、フロントに
預ければいいのだが、初日ということもあり少し警戒。

そう言えば昔、バリ島の安宿(クタのサリジャヤ)で
フロントに預けていた貴重品を出してもらったら
黒いゴミ袋のような物に入れられていて、ギョッと
したことがある(笑)

部屋の様子2

このソファがなかなか心地よくて、ずっ~と
座っていたなあ~。

部屋の様子3

湯沸かし器から直結のシャワー!(こういう製品なんだろうけど)
結構、アジアの安宿に泊まると見かけますよ。

予想通り、限りなく水のようなお湯しか出ないのだが。。。(苦笑)

トイレットペーパーが高すぎ~~(笑)
届かないよ~。

おまけにシャワーで濡れるよ~~(笑)

ペーパーでおしりを拭く習慣がないから、感覚が
わからないのかな???


↓↓ いつもご覧頂きありがとうございます!ぽちっと! ↓↓


| カンボジア | 23:58 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アンコール遺跡:プノン・バケンからの眺め

プノン・バケン

アンコール三聖山のひとつ、プノン・バケン山に
ピラミッド式の遺跡がある。

遺跡に辿り着くには結構、山歩きをしなくては
ならず、おっさんにはしんどい(笑)
さんに乗って登ることもできますよ!

ここは夕暮れ時になる大勢の観光客が詰め掛ける。
写真のように踏み込みの浅い、急な階段を恐々登って頂上へ。。。


大勢の観光客

息を切らせて頂上に上ると、ご覧の通り凄い人・人・人。。。

そして皆が見つめる先には。。。

西バライに沈む夕日

西バライ(アンコール期の大きな人工の貯水池)に
沈もうとする夕日がとても美しいのでした。。。

プノンバケンからの眺め

プノン・バケンの頂上からは360度のパノラマを楽しめます。

シェムリアップの街並みの他、今でもほとんどのアンコール遺跡
飲み込む深いジャングルも見渡せる。

アンコールワット寺院

アンコールワット寺院もご覧の通り。

アンコールバルーン

おっと~、何か浮かんでいるぞ。

もっと高いところから夕日や遺跡を眺めたい方は
アンコールバルーンはいかが?(笑)

サンセット時に乗船するには当日しか予約不可で
しかもグループツアー優先で予約が埋まる為、個人での
手配は難しそうだ。。。残念!


↓↓ いつもご覧頂きありがとうございます!ぽちっと! ↓↓


関連記事

| アンコールワット遺跡群 | 21:49 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |