アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・ブムタンからトンサに向けて出発!


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ホテルから眺めるライトアップされたジャカル・ゾン

そもそも外国人旅行者が自由に行動できない事と宿周辺に
何もないので、一日の旅程が終了し部屋に戻るとぼーっと
過ごす事になる。

Wi-Hiの環境が整っているので日本の情報を入手したり
ブログやメールの確認ができるのはありがたい。

IMG_2659.jpg

これはブータンの紙幣。ニュルタム(BTN)。
1ニュルタムは1.8円ぐらい。

最高紙幣は1000ニュルタムで1800円ぐらい。
ちなみにお隣インドとは1インド・ルピー=1ニュルタムで固定されている。
1000と50に現国王が描かれている。

IMG_2660_2015111421114983e.jpg

裏には各地にあるプナカ・ゾン等、主要なゾンが描かれている。

IMG_2656_20151114211142d2d.jpg

で、夕食なのだが、これは水餃子。皮が分厚くて非常に
食べごたえがある。肉汁(なんの肉かは不明)がじゅわ~と
口に広がりクセもなく美味しい!

IMG_2654_20151114211146d40.jpg

問題はコレ!蕎麦!
見た目、日本のざる蕎麦のような感じだが・・・
食べてみるとコシがなく、口の中でほろほろと崩れる感じ。
ブツブツした食感。味はなんというか素朴過ぎると言うか
味らしい味がなく、2口でやめた(苦笑)

IMG_2685.jpg

翌朝、宿を出て一路トンサに向けて出発。

IMG_2684.jpg

ヨトン・ラと呼ばれる3400mの峠に到着。
高度順応もしてきたので車酔いみたいな高山病の
症状もなくなってきて快適に。

ただし、車から降りて歩く時はゆ~っくりと息をするように
心掛ける。

IMG_2674.jpg

途中に寄った土産物屋でブータンに来たら購入しようと思っていた
布を物色。中でもヤクの毛を使ったヤタと呼ばれる厚手の織物を
購入。写真の一番右端。

荒い織物だがヤクの毛というのがポイント。
高地ならではの織物ではないか!満足。

IMG_2677_20151114214029c95.jpg

織機も見せて貰ったけど、いたってシンプル。

ブムタン周辺は毛糸の産地で、紡ぎから染色、織りまで
すべて地元で行う事が出来るとの事。

IMG_2692.jpg

トンサに到着してガイドのペマが銀行に寄ると言うので
僕も付いていく。ブータン銀行、トンサ支店。

IMG_2696.jpg

おお!なんとATMがあるではないか!
ATMの枠が木製なのはご愛嬌。中に人が入ってたりして?(笑)

IMG_2698.jpg

窓口は地元の人で大賑わい。国王夫婦のポスターも。

このポスターを昭和天皇と皇后様にすると・・・
昭和初期の日本の風景に!?
こんな感じだったのではと想像が膨らんだ・・・
関連記事
スポンサーサイト

| ブムタン | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・プナカ~プナカ・ゾンでブータン人の大行列を見た②

IMG_2116_2013111801435969d.jpg
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

このプナカ・ゾンブータン中の人々が集まっているのでは?と
思うぐらいの凄い人の行列をみて(その記事はこちら)、いよいよ
プナカ・ゾンの内部に入ります

この急な階段を登って行くと。。。

IMG_2118.jpg

入口では銃を肩から提げたポリス?ブータン兵士?が
セキュリティとして入る者のチェックを行っている
女性と言う事もあってチェックもにこやかな笑顔で終了。。。

そもそもゾンとは寺院と地方行政の中核としての機能を持ち、
特にこのプナカ・ゾンは全国のゾンの中でも歴史的、信仰的に
最も重要なゾンである事から警戒も厳重になるのは無理もない。

IMG_2121_201311180145284be.jpg

一歩中に入ると広々とした中庭に出る。。。

プナカ・ゾンは何度も火災や地震(ブータンは地震が多い)、水害などの
被害を受け、その度に再建されてきた

近年も1986年の火災、1994年には上流の氷河湖の決壊で
大きなダメージを受けた。。。

IMG_2122_201311180146111c4.jpg

初代国王の戴冠式や現国王の結婚式もここが舞台だったそうだ。。。

IMG_2126_20131118014920846.jpg

中庭には巨大なインドボダイジュがあり、その周りでは
僧達が忙しそうに歩き回る。。。

IMG_2127_2013111801494421d.jpg

若い僧が多いなあ~
絵になる風景だ。。。

IMG_2128.jpg

寺院は息を呑むほど美しく装飾されている

内部はカメラ撮影禁止なので公開出来ないが、内装や
壁画の見事さはブータンで一番とも言われる。

IMG_2135.jpg

そうやって中庭をガイドのペマと歩いていたら、ペマが知り合いの
家族と遭遇。外国人(日本人)がまだまだ珍しいのか一緒に写真を
撮ってほしいとの事

男性は、女性はキラという民族衣装を着ている。
このを僕も旅の後半に着てウロウロする事になるが
意外と温かくて、しかも動き易い

IMG_2136.jpg

だいぶん陽も傾き、肌寒くなってきた

ティンプーに比べて標高が1000m以上低いと言っても
プナカは標高1300m以上あるのだ。

ワンデュ・ポダンに移動してホテルにチェックインしよう~

続く。。。

関連記事

| プナカ | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・プナカ~プナカ・ゾンでブータン人の大行列を見た①

ブータン・プナカ
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

チミ・ラカンのハイキングの後、プナカ・ゾンを目指して車は走る

プナカ・ゾンブータン全土のゾンの中でも、歴史的に
信仰的に最も重要なゾンであり、20世紀に入ってからの
大改修によって最も美しく完成された内部を誇っている。

IMG_2103_2013091601433197b.jpg

そのプナカ・ゾンであるがたった今、大規模な祭りが終了して
全国から集まったおびただしい数の人々がゾンから出てくる
ところだったのだ

IMG_2101_20130916014310249.jpg

対岸にまで伸びるブータン人の列。。。

これだけの人々が集まる祭りの内容も気になるが、
単純にこの人の多さにびっくりだ

IMG_2106_2013091601440288e.jpg

ガイドのペマ曰く、この祭りの為に何日も掛けて歩いて来る者も
いるらしい。。。

そうだろうなあ~こんなに人がいるのに停まっている車の量が
圧倒的に少ないもんなあ~~

IMG_2107.jpg

そんな行列に交じるようにペマが指示してきた
めったにない事なので一緒に写真を撮れば?と言う事らしい。。。

IMG_2109_20130916014539974.jpg

男性はみんな民族衣装のを、女性はキラを着ている

IMG_2110_20130916014612046.jpg

さらにペマが説明する。。。

この人達はブータン中のあちこちの村からやってきているので
言葉がバラバラですから、みんなコミュニケーションが取れません!

若者は英語を話すので問題ないけれど。。。

えっ!
村ごとに言葉が違うの??

峠を越える度に訛りどころか、言葉が全然違うらしいのだ。。。

IMG_2112.jpg

まだまだ続く、大行列。。。



その様子を撮影しました。どうぞ~~!

IMG_2116_20130916014729fd1.jpg

それではいよいよプナカ・ゾンの内部に入ります!

続く。。。
関連記事

| プナカ | 00:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。