アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インド・ジャイプール~アンベール城のハーレム


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

アンベール城にはザナーナー・マハルと呼ばれるハーレムが存在する。
王に仕えた女性達の住む後宮なんだが、凄く広い!

しかし日差しが眩しいなあ~~
でも乾燥しているからか蒸し暑くはないので過ごしやすいのだが・・・

IMG_0576_20160229014542563.jpg

その中庭にある沐浴場の跡。

王はここで沐浴する女性達を眺めたりしてたんだろうなあ~~
アグラ郊外のファテープル・スィークリーにもこんな場所があって
というか、男の権力者がやる事はどこでも同じか!(笑)

IMG_0577_20160229014532a5c.jpg

周りの建物には、ちょっと描いてみました~程度にしか見えない
絵があったりする。王族が乗馬を楽しむ場面かな?
他にもエロチックな絵もあったりとイメージに一貫性がないのだ(笑)

IMG_0574_20160229014540e3e.jpg

彼女たちが住んでいた部屋を見上げてみる・・・
ほとんど隔離されて自由がきかなかったのかなあ~~

どんな思いで中庭を眺めてた事だろう・・・

IMG_0561_201602290145390f9.jpg

この女性のようにテラスから中庭に咲く花々に
心を和ませていたのかもしれないな~

IMG_0597.jpg

ザナーナー・マハルを出て少し遠方を見上げると
ジャイガル要塞と言われる建物が見える。

ここへも観光で訪れる事が可能で、アンベール城全体や
周囲の山々、遠くの村々を一望でき、その景色が大変に
素晴らしいとの事だ。

残念ながら今回のツアーのプログラムには入ってなくて
訪れる事が出来なかった・・・

ブロ友さんのジャイガル要塞の記事にきれいな写真付きで
紹介されていますので、ぜひご覧ください~

Yottitti様 ジャイガル要塞からのアンベール城は絶景です
ぽっつ様 絶景!ジャイガル要塞から眺めるアンベール城

IMG_0600.jpg

アンベール城を出た所で街の様子を見てみると、周りを山々に囲われて、
さらに城壁で守られている事がわかる。

IMG_0602.jpg

井戸から水を汲みあげながら洗濯している人々。
アンベール城の装飾を施した豪華で頑丈な作りの建築とは
程遠いレンガや石をコンクリートで固めただけの家々・・・

富の格差が広がっているのはどこの国も同じだが
やはりインドの「事情」は少し違うなと思うのだ・・・

根が深い・・・

関連記事
スポンサーサイト

| ジャイプール | 00:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インド・アグラ~ファテープル・スィークリーを訪ねて


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

たった14年で放棄されてしまった都がアグラ近郊にある。

かりそめの都・・・

世継ぎが無い事を悩んでいたムガル帝国代三代皇帝のアクバルは
スィークリーに住む聖者にすぐに男子を授かると予言し、的中させた。
そのことで聖者にあやかり1571年にスィークリーへの遷都を決定。
この新たな都はファテープル・スィークリー「勝利の都」と名付けられた・・・

そのファテープル・スィークリーを訪ねた。

一般市民が皇帝に謁見したと言う中庭を通って内部へ・・・

IMG_0355.jpg

貴賓謁見の間。ディーワーネ・カースがまずは目に飛び込んで来る。

中に入ると・・・

IMG_0306.jpg

吹き抜けになっており、細かな装飾が施された巨大な一本柱が
目につく。

さらに柱の先端には・・・

IMG_0304.jpg

房状の巨大な装飾があって、2階の回廊から四方に延びる橋と
連結しており、この柱の上に渡る事ができるようだ・・・

ほとんど使われなかった謁見の間ではあるが、やはり木造に
比べると保存状態は桁違いに良いなあ~

IMG_0345.jpg

このファテープル・スィークリーの建築群の中でひときわ目立つのが
この建物。パンチ・マハルと呼ばれる五層の建物だ。

IMG_0315.jpg

無数の柱に支えられた階段状の五層造りの建物なのだが
目的が凄い!

なんと建物の前の中庭に大きく方眼が刻まれているのだが
ハーレムの女性達をチェスの駒に見立てて皇帝が遊んで
いたのだ!それだけの目的の為に建てた建物!

上から眺めながら遊んでいたのだ・・・
中世の権力者ってやる事が凄いよね~~

IMG_0314.jpg

最下層に入り込んでみると列柱一本一本に装飾が・・・

IMG_0335.jpg

この池もきっとお気に入りのハーレム女性達を泳がせて
眺めては楽しんでいたのだろうなあ~~

IMG_0324.jpg

これはジョド・バーイー殿と呼ばれる建物でアクバルと
その妃の住まいだったらしい。

IMG_0317.jpg

ミリアムの館。アクバルの妃だったジャハーンギールの母の館。
なんと!かつては黄金で装飾されていたという・・・

しかし、これほどまでに贅を尽くした都も、水不足が原因でたったの
14年で放棄されたのだ・・・

皇帝にしたら一つの離宮を手放したに過ぎないのもしれないが
アグラにあるタージ・マハルといい、アーグラー城といい、考える事が
極端すぎて理解不能・・・凄すぎる・・・

IMG_0365_20150706003723936.jpg

遺跡の外はインドの混沌が広がっている・・・
観光客に馴れているハズなのにジロジロと見られる・・・
人をそんな風に見てはいけません!っという教育はないようだ。

IMG_0364.jpg

揚げた?焼いた?クッキーのようなパンのような物を
売っていたが油が回りまくってヤバそう・・・

ガイドさんが食べますか?と聞いてきたが丁重にお断りする・・・
絶対にヤバそうやもん!!

続く・・・
関連記事

| アグラ | 00:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。