アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・ポブジカ~オグロヅルを観察しながらトレッキング


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ガンテ・ゴンパの参道を逸れて、オグロヅルを観察しながら
ホテルまでトレッキング。

このポブジカを有名にしているのはオグロヅルの越冬場所と
なっているからだが、別にブータンでは野生動物は珍しくない。
しかし、人里のど真ん中で越冬する鶴をブータンの環境政策の
目玉として保護に力を入れており、そんな鶴がどんなものなのか
興味が湧くものだ。

広々としたポブジカの緩やかな谷は標高3300mの所にあって
ブータンでも寒さが厳しい所。

IMG_2802_20160306213948cc5.jpg

その標高と寒さで米や麦の栽培に適さず、人々はヤクや羊の
放牧を行い、チーズやバターを作っている。

日本の番組でポブジカが紹介された時に「鶴をとるか電気のある暮らしをとるか」
のような内容だったらしいが、すでに地下ケーブルによる電化が完了しているらしい。

景観はもちろん、鶴が感電死しないようにとのブータン政府の
保護活動の真剣さがわかるなあ~

IMG_2803_2016030621395786f.jpg

確かに寒い!もうすぐ日没なのだが、急速に気温が
下がっていくのがわかるぐらいだ。

さて、オグロヅルに出会う事ができるのかな?

IMG_2807.jpg

村から離れた針葉樹林の中を通って、オグロヅルの住む
湿地帯に降りて行く・・・

ブータンの旅行ではミニトレッキングしながら寺院や町に
向かう事をおススメします~。ただでさえ車の移動が多く
トレッキングは気分を開放的にさせてくれるし、人々の
生活にも触れられるしね。但し、呼吸はゆっくりと深く(笑)

IMG_2808.jpg

針葉樹林を抜けるとオグロヅルの住む湿地帯が広がる。

ヒマラヤ山脈を越えてやって来るオグロヅルを観察したければ
秋から春にかけてポブジカに来るのがいいのだが、ほんとここは
ブータンでも寒さで知られた所なので防寒はしっかりした方が
良さそうだ。

IMG_2811_20160306214210668.jpg

この広々とした谷のどこかにオグロヅルがいるハズなのだが・・・

鶴は放牧されているヤク等に混じって竹の地下茎とか昆虫を
食べているらしい。

寒いが歩いていて気持ちの良い場所であるなあ~

IMG_2809_20160306214219030.jpg

冷たい風に吹かれてはためくダルシン(経文旗)。

そのダルシンの由来も宗教感もピンとこない僕でも
何かとてつもなく大きなスピリチュアルな雰囲気は
感じる事ができる。

ブータンの象徴的な風景の一つだなあ~



そんなはためくダルシンの様子を撮影しました~
ほんと、幻想的です!

IMG_2827.jpg

谷を降りながら歩いていく・・・
オグロヅルがいないか時々、谷に目を凝らしながら歩くが
まだ発見できず・・・

双眼鏡を持って来れば良かったなあ~~

IMG_2847.jpg

見れなかった残念だなあ~なんて思っていたら突然目の前を
鳥の大軍が飛んで行く・・・

えっ!えっ!と慌ててシャッターを切る。

ガイドのペマがオグロヅルだよ!って教えてくれた。

おお!きれいだなあ~~
優雅な羽の動きに見惚れながら、歩くのをやめてしばし観察。

IMG_2843.jpg

おお!今度はまた違う群れが飛んでいるぞ!

ブータンの人々は鶴をトゥントゥンと呼んで天国の鳥として
大切にしてきたそうだ。

見れて良かった~~

IMG_2865.jpg

良く見ると地上にも鶴の姿が。

オグロヅルは世界に5000羽ほどしか生息していないらしく
その生態はあまり知られていないとの事。

ポブジカには毎年500羽ほどが飛来するそうな。

IMG_2845.jpg

はためくダルシンと天国の鳥のオグロヅル・・・
幻想的な谷の風景もあって、ブータン旅行で一番の
思い出深い体験となったなあ~

IMG_2880.jpg

標高3300m・・・

う~~ん、本当にここが天国の入口かも知れない??

関連記事
スポンサーサイト

| ポブジカ | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・ブムタン~タルパリン僧院を巡るトレッキング③


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ガイドのペマと岩肌を叩くセッションを楽しんだ後、頂上を目指して
トレッキングの再開だ!

IMG_2505.jpg

徐々に背の高い植物の姿がまばらになり、森林限界が近づいているようだ。
森林限界って緯度や環境によって世界でまちまちらしい・・・

例えば日本の富士山では2500mぐらいだと言われている。
熱帯だとそれが3500~3600mぐらいになるらしい。



ここでガイドのペマがGPSを取り出して高度を測定しはじめた・・・
動画の僕もびっくりしているが、3700m近くまで登ってきたようだ・・・

富士山が3776mという事を考えると何だか凄い所まで来てしまったなあ~と
思うがブータンでこの高さは山ではなくて丘らしい
5000mを越えて初めて名前が付くそうだ・・・スゲー

IMG_2502.jpg

眼下を見渡してみると、なるほど森林限界ってまちまちなのだな~
富士山でこの高さなら、ごつごつした岩だらけで植物なんてほとんど
生えてないもんな~

IMG_2500.jpg

途中、タルチョがはためく岩場で記念撮影!
ユニクロでがんばってます!

IMG_2512.jpg

お経が書かれたタルチョが風に吹かれると、はためいた分だけお経を
読んだ効果があり、立てた人に幸福を呼ぶ・・・

もうボロボロになったタルチョがあちこちに立っているが、こんな高地まで
運んで立てようとするブータンの人々の信仰心に恐れ入る。

IMG_2506.jpg

やっと頂上に到着!!

ペマと並んで座り込んで休憩~~~

ペマがまたGPSで高度を測定始める・・・

IMG_2509.jpg

無言でGPSを見せられる・・・
なんと!3796m!富士山よりも高い場所にやってきた!

なんか急に呼吸が苦しくなったような気がする
意識的に呼吸をゆっくり深くするようにする・・・



そんな頂上の様子を撮影しました~!
時折強い風が吹くが寒くはない。
風が止むと太陽の日差しでポカポカ温かくなるぐらいだ。

遠くにヒマラヤ山脈も見えてトレッキングの達成感がジワリ。

そんな気分に浸っているとペマが「さあ!下りますよ!」と
急かしてくる!ここから一気に1000mぐらい山を下りるとの事!

この後、山登りが登りよりも下りがシンドイという事を学ぶのであった・・・

続く・・・
関連記事

| ブムタン | 00:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・アンコールワット遺跡・クバール・スピアンへ


全ての画像はクリックすると画面一杯に拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

シェムリアップから北東へ約50Km、バイクで1時間30分かけて
クバール・スピアンという遺跡を見に行った。

人気のない山道を歩くため、ガイドブックには信用のおける旅行会社の
車をチャーターしガイドを付ける事!と書いてあるが、宿泊している
ゲストハウスのバイクタクシーを利用する。

ドライバーのチャイ君を信用し、自己責任で行くことにする。

まずは、ガソリンの補給だが、瓶詰めにされたガソリンを
ダイレクトにバイクのタンクへ!!
一服したかったが、タバコをポケットに仕舞う

IMG_9966.jpg

色分けされた燃料がドラム缶に並べて置かれている。
この店はいわゆる雑貨屋で、生活用品とか食料まで売っている。

東南アジアではこのようなガソリンスタンド?を良く見かける。

IMG_9967.jpg

天気に恵まれ、意外にもきれいに舗装された広々とした道路を
走り続けて、やっと遺跡の駐車場に到着。

こんな郊外の遺跡にも観光客向けのレストランや土産物屋が並ぶ。

IMG_9968.jpg

ドライバーのチャイ君に「2時間ぐらいで帰ってくるよ!」と
遺跡の入口へ向かう。。。

実は遺跡へは40分ほど山道を登らなければならない!!
しかも、このあたりは地雷撤去が完了しておらず、木や岩に
赤くペイントされた目印から山側は歩いてはいけない!!

IMG_9969.jpg

な~~んだ~~!けっこう平坦な道やん!
楽勝!楽勝!

IMG_9971.jpg

15分後。。。むむっ!ちょっと険しくなってきたなあ~~!
だんだんと足場が悪くなってきた。。。

IMG_9973.jpg

30分後。。。なんか、傾斜が凄い事になってきた!
大きな岩をよじ登ったり、木を掴んで登ったり。。。
まるでジャングルトレッキングだ!しんどい。。。

IMG_9979.jpg

やっと遺跡に到着!!

この川はシェムリアップ川の源流にあたり、このクーレン山
シェムリアップ川、トンレサップ湖をそれぞれヒマラヤ山脈
ガンジス川、インド洋に模して古来から山と海を結ぶ起点として
重要視されてきたそうだ。。。

IMG_9980.jpg

それにしても盗掘の痕が痛々しいなあ。。。
こんな山奥じゃ盗掘し放題なんだろうなあ。。。

IMG_9984.jpg

彫刻の内容は。。。

アーナンダ(ヘビ)に横たわるヴィシュヌ神のヘソから蓮の花が
生えて、その上でブラフマー神が瞑想している。ヴィシュヌ神
横には妻のラクシュミーがいて、皆でシヴァ神が壊した世界が
再生するのをのんびりと待っているのだそうだ。。。

ヘソから蓮。。。
世界の再生を寝て待つ。。。

凄い世界観だ。。。


IMG_9988.jpg

ブラフマー神。。。

乾季で水量が少なく、彫刻が良く見える。。。

IMG_9990.jpg

川底には無数のリンガ(男性)が彫られており
写真のように巨大なヨニ(女性)も彫られている。。。

リンガを流れた水は聖なる水となるので、川底に無数のリンガ
彫ればよりパワーのある水になると考えられたそうだ。。。

つまり、この水で沐浴すれば病気が治ったり、幸せになれると
言うことらしい。。。

IMG_9978.jpg

お~~、だったらこの滝に打たれてくれば良かったかなあ~~!

IMG_9997.jpg

メインの彫刻以外にも、ふとその辺の岩に目をやると
こんな小さな彫刻が彫ってあったり。。

IMG_9998.jpg

カエルの彫刻もあるよ!

IMG_0005_20110904011632.jpg

時間があれば点在する様々な彫刻を見ることも出来るが
地雷の危険もある為、あまりジャングルの奥深くには
行かないほうがいいかも。。。人が踏み固めた道を歩くなら
問題はなし。

僕個人的にはおススメの遺跡です~~!

チャイ君、ただいま~~!
お腹減ったね!奢るから何か食べようぜ~~!

続く。。。
関連記事

| アンコールワット遺跡群 | 16:09 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。