アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・ブムタム~タルパリン僧院を巡るトレッキング④


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

富士山よりも高い場所に到達し、心も身体も満足感で満たされていると
ガイドのペマが「山を下りますよ~」とさっさと歩き始めた・・・

ま、下りは登りよりも楽だろう!それに時間も掛からないだろうし・・・と
のんびり構えつつ下山開始!

遠くに万年雪を冠したヒマラヤの山々を見ながらてくてくと歩く。

IMG_2513_2015060103043537c.jpg

うわお!雪が積もってるぞ!
しかも固くて凍っているようだ・・・
靴は普通のスニーカーなんだけど?大丈夫かな?
できるだけ雪の無い所を選んで歩く・・・

山道は細く勾配のキツイ所や・・・

IMG_2515.jpg

写真のような平坦な道が交互に現れる・・・

こんな繰り返しを何度か繰り返していると膝下全体に違和感が!
山登りは下りの方が足に「くる」ようだ・・・
下り道では片足に体重がぐっと乗るので無意識に膝下で支えようと
するのだなあ~

そのうちに膝から下がブルブルと「笑って」くる・・・

IMG_2518.jpg

足が痛い!!

下りで足を着くたびに膝下に痛みと震えが・・・
あ~~、情けない・・・日頃の運動不足がこういう所で出てくるのだ。

ちくしょう~!と思いながら歩いているとペマが指差した方向に
野鳥の姿が・・・
双眼鏡をバッグから取り出して観察を始めるガイドのペマ・・・
彼はバードウォッチングが趣味で一人山に入る事もあるそうだ。

そんな趣味を持たない僕は「ちょっと休憩できるぞ」と少しありがたい(苦笑)



そんな下山の様子を撮影しました。

IMG_2522.jpg

しかし良い天気だ~~
ず~~っと遠くまで見渡せる。

しばらく立ち止まって景色を堪能したいのだが、この後の予定もあるので
進行優先のペマはどんどん先に歩いて行く・・・仕方がないな。

IMG_2519.jpg

良い天気とは言っても山の小川は完全に凍り付いていて
溶けるような気配がない。日中以外は氷点下の世界なんだなあ~

IMG_2526.jpg

これはシャクナゲの木・・・
日本でシャクナゲというと低木のイメージだが、ブータンの物は
とても大きくて巨木である。

毎年4~5月はシャクナゲの開花時期となり、たくさんの観光客が
押し寄せるとの事だ。

IMG_2524.jpg

こうやって近くの山々を見ると同じぐらいの高さであるなあ~
という事はどれも3000m級の山々という事だよな!

もちろん海抜からの高さなので、元々高地のブータンだから
当たり前なんだけど、そのスケールの大きさが日本とはまるで
違うので興味深い。

しかし・・・足が痛い・・・
本格的に膝に効き出したようだ・・・

こうなってくると今度は膝を庇うのか、腰が痛くなってくる・・・
明日以降の酷い筋肉痛が今から少し憂鬱になる・・・

IMG_2529.jpg

何度か休憩を挟みながら黙々とひたすら下山を続ける・・・

木々の間から目的地のゾンが見え始めると足取りが少し
軽くなったような気がするので不思議だ(苦笑)

IMG_2535.jpg

ガクガクになった足を引きずるようにラストスパート!

着いたぞー!頂上の達成感よりも下山した時の達成感の
方が強かったなあ~~

下ではドライバーが待機してくれていた。

ブータンの旅はガイドとドライバーの連携が非常に重要!
恵まれて本当に良かったと思った・・・

続く・・・


関連記事
スポンサーサイト

| ブムタン | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・パタン~ネワール文化を継承する美の都


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

カトマンドゥからタクシーで20分ぐらいで聖河バグマティの川向こうに
位置する古都パタンに到着する。

到着したのは夕暮れ時で夕日が茶色のレンガをさらに赤く染めて
ダルバール広場の街並みをさらに美しく印象付ける・・・

IMG_2154.jpg

ダルバール広場にあるパタン博物館の前では夕暮れのひと時を
仲間と過ごす人々がたくさん腰掛けていた・・・

IMG_2153_201410060045368bf.jpg

トピーと呼ばれるネパール男性の正装にかかせない帽子を被り
マフラーをして腰掛ける人々・・・絵になるねえ~~

そう、日中はぽかぽかと暖かいが夕暮れになると一気に気温が
下がり、空気が冷たく感じるのだ。

IMG_2150_20141006004537443.jpg

沐浴場では水を汲む女性の姿も見られた・・・

IMG_2155_20141006004524ac6.jpg

ここパタンカトマンドゥ盆地にマッラの3王国があった時代に
首都として栄え、ダルバール広場の王宮をはじめとする見事な
建築物がその名残を見せる。

この地区に住む人々の約8割が仏教徒なんだそうだ。

IMG_2161_20141006004712141.jpg

クリシュナ寺院の前にはクリシュナの化身であるヴィシュヌ神の
乗り物、鳥人ガルーダの像が空高く立っていた。

これでバクタブルカトマンドゥパタンと3つのダルバール広場
見てきたけど、その時の王が美しさを競っただけの事はあるなあ~
どの広場も美しい・・・

IMG_2151_201410060045240b1.jpg

明日はいよいよ帰国の途につくのだが、いやはや今回のネパール旅行は内容が
濃いものになったなあ~~・・・
二日連続の8時間を超えるトレッキング、その時に見たヒマラヤ山脈の美しい山並みと
そこから昇る初日の出・・・
湯たんぽで過ごした寒い夜・・・食中毒?で寝たきりになったカトマンドゥ・・・
世界一大きなストゥーパのボダナート・・・
僕の死生観が変わってしまったパシュパティナートの火葬の様子・・・

IMG_2165.jpg

この旅行後、トレッキングが趣味になり日本でもあちこち行くようになったし
ブータンでも何度かトレッキングを旅程に入れたりと旅行に『幅』ができたなあ~

近いうちにネパールに再訪したい!ポカラにも行きたいし、何と言っても
世界最高峰のエベレストがあるし・・・せめてせめて、その展望台と言われる
カラ・パタール4000mまでは行ってみたいなあ~~夢だなあ~・・・

IMG_2178_201410060047431d3.jpg

さ、ホテルに帰って荷造りしなきゃ!
それより、帰国までお腹がもつかなあ・・・
ほんと旅先での食事には気をつけないと!
これがこの旅一番の教訓だな!

さようならネパール

| パタン | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・ワンデュ・ポダンのホテルで年越し、そしてトンサへGO!


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

リンチェンガン村を後にして、ホテルに到着。
プナツァンチュ・コテージというホテルで
ワンデュ・ポダンに2009年に出来たばかりの
新しいホテルだ。

IMG_2174.jpg

部屋は清潔で落ち着いた印象。
オイルヒーターが備え付けられているがそれでも
深夜は寒く、フリースを着込んでベッドに潜る。

IMG_2175.jpg

バスタブがなくてカプセル型のシャワーブースになっており
お湯は出るけど非常にぬるい!
冷たくなる前に通常の三倍速ぐらいで頭を洗う

IMG_2177.jpg

部屋にはテラスが付いているが寒くて外に出る気がおきない・・・

IMG_2180.jpg

ロウソクが備え付けられている。
やはり電力事情は良くないようだな~・・・

でもブータン滞在中は停電に遭った事はなかったなあ~

IMG_2181_2014020923585110e.jpg

さてさて本日はニューイヤーイブ、大晦日だ!
ホテルのオーナーからビールがプレゼントされた。

ドゥルックビール?ブータン製なのかな?
味は薄めだけどアルコールはそこそこあるなあ~

おいしいけど寒い!

IMG_2183.jpg

ダイニングには僕と若い白人の青年2だけ・・・
寂しい年越しだな~~

食事は山盛り出てくるけど、こんなに食べられる
訳もなく、おかずを主にそこそこ食べて終了。

そそくさと部屋に戻って寝る事にする・・・
明日も5時間くらいの移動が待っているのだ

毎年恒例の初日の出も今回は見られないなあ~
東の方角には高い山があるし・・・

IMG_2186.jpg

朝7時前には起床。コーヒーだけ飲んで出発の準備!

ふと東の方角を見るとかなり昇ってしまったが初日の出が
見られた!!

IMG_2193.jpg

さあ!中央ブータントンサに向けて出発だ!

車の窓から昨日訪れたリンチェンガン村が見えた。
ほんとこじんまりした小さな村だったんだなあ~

IMG_2213.jpg

一路、ぺレ・ラと呼ばれる3360mの峠を目指す!
それまでの道のりはず~~っと3000mの山道を
延々とクネクネと移動する・・・

いつの間にか高山病の症状も治まり、酔い止めナシでも
大丈夫になってきたぞ

そんな高地で放牧されるヤクの群れに出会う。
初めてヤクを生で見たので少し感動

IMG_2216.jpg

途中のトイレ休憩って言ってもトイレがある訳ではない
男はその辺の端っこで用を足す

これ、女性はどうするんだろうか?って茂みの中まで
行かなきゃいけないよな~やっぱり・・・

用を足しながら目の前に広がるヒマラヤの山々を見る・・・
う~~ん、開放的な気分だな~~

続く・・・

関連記事

| ワンデュ・ポダン | 00:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。