アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラオス・チャムパーサック~アンコール遺跡のワット・プーを訪ねて

ラオス・バーンムアンの船着場
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ラオスバーンムアンの船着場に到着した。。。
前日にパークセーホテル近所の旅行会社でワット・プー
コーンパペンの滝観光、そしてシーパン・ドーンへの移動を
交渉していたのだった

公共の交通機関を利用すると安いが何日も掛かる為、
車をチャーターしたのだ。ドライバーはその旅行会社の
オーナー。予定が空いているので一緒に行こうという
事になった

しかし、支払いが大変だったなあ~~領収書の発行を
条件に前払いをOKしたんだけど、120USドルの
支払いに対してドルのキャッシュが不足したので、円と
バーツとキープで支払う
二人で為替相場をネットでチェックしながら行ったので
頭の中が混乱してきて大変だった

IMG_2814.jpg

で、パークセーから2時間ぐらいでこの船着場に到着。
ワット・プー遺跡のあるチャムパーサックへはこの雄大な
メコン川を船で渡らないと駄目なのだ!橋がないのだ!

運転手に3時間後の再開を約束。大きな荷物は車に預け
いざ、出発だ!!

IMG_2815.jpg

長さ5mぐらいの簡素な船の先頭に陣取り対岸を目指す!



心地良い風が顔を撫でながら、ゆっくりとメコン川
横切っていく。。。

この雄大なメコン川にはこんな船はまるで木の葉のような
感じで、凄く頼りなさを感じるなあ~。。。大丈夫か?



しかし、この茶色の水は大量の砂を含んでいて重たく力強い!
何度も船は流されるので、時々軌道修正が必要だ!

そして無事に対岸、チャムパーサックに到着だ~フウ。。。

IMG_2823.jpg

ここから遺跡へはトゥクトゥクをチャーターしなければならない!
さっきの小船の船頭がその辺のトゥクトゥクのドライバーに交渉している

40歳ぐらいの気のいいおっさんドライバーのトゥクトゥク
乗り込み、いざ出発!

しかし、こういう所がラオスだよなあ~。。。
パークセーから一直線でここまで来れないんだよなあ~
車~船~トゥクトゥク。。。ワット・プーの遺跡は一応、
世界遺産なんだし、もっとインフラの整備が必要かと。。。



素朴なチャムパーサックの町を走り抜けるトゥクトゥク。。。
本当はこの町にも何日か滞在して、ワット・プーだけでなく
他の遺跡も巡りたいものだなあ~~

IMG_2825.jpg

広大な田んぼの風景や時々見られる人家の様子等を
見ながら30分程でいよいよワット・プー遺跡公園の
入口に到着だ。

IMG_2828.jpg

遺跡公園の入口には立派なゲートが建っていて、黄色の服を
着た可愛らしい女性の職員が愛想よく購入したチケットを
切ってくれる

ここでもトゥクトゥクとしばしのお別れだ。。。
二時間後に帰ってくると伝える。。。

対岸に待たせた旅行会社のオーナーを含めて二人も
待たせる訳で、時間は厳守しなきゃいけない!

IMG_2831.jpg

ゲートを出てすぐにある博物館に入り、予備知識を叩き込んで。。。

IMG_2829.jpg

歩いてワット・プー遺跡を目指します!
頂上まで2キロぐらいあるかな?ちょっとしたハイキングだな~

公園内にカートが走っているのだが、あえて歩く!!
そう、ゆっくりと遺跡を味わいたいのだ!

続く。。。
関連記事
スポンサーサイト

| チャムパーサック | 00:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラオス・パークセーの街をウロウロ散策してみる。


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ラオス二番目の経済都市、パークセー。。。
二番目の都市と言ってもビュンビュン車が走る高速道路や
巨大なビル群がある訳でもなく、コンパクトでゆるい空気が
流れる静かな街だ

もともとフランス領だった事もあり、写真のようなコロニアル風の
建築物を見る事ができる



パークセーの街並みの様子をトゥクトゥクから撮影しました!

ラオス最大規模の市場、タラート・ダオフアンからトゥクトゥク
チャーターしてホテルに向かう所の様子なんだけど、一番人でごった返す
だろうこの辺りでも、こんなにのどか

飛ばして走るトゥクトゥクの風が心地いい。。。

IMG_2800.jpg

それでも最近の近代化は目覚しく、ATMがあったのには
びっくりした!

ん~~、ラオスでもATMが普及しているのかあ~。。。
東南アジアでも国際キャッシュカードを利用する事で
現金を持ち歩く事無く旅行ができる時代なのだなあ~~。。。

といいながら、僕はいつも現金を持ち歩くんだけどね
やっぱり、突っ込んだカードが出てこないとかトラブルが多いと
聞くしね~。。。

IMG_2801.jpg

やっぱり、こういう両替屋さんで必要分だけを現地通貨に
交換する方がいいなあ~。。。

円でも両替可能なので便利。ただし、田舎に行くならタイバーツとか
USドルを持っていきたい!

IMG_2797.jpg

こんな日本食レストランがあったりして驚く!
でもオーナーは日本人なのかは微妙だなあ~。。。
恐らく中国人か韓国人だと思うのだが。。。

IMG_2803_20130114223836.jpg

ちょっと小腹が空いたので、レストランへ。
中華、タイ料理、イタリアンといろんなメニューがあるけれど
なんとなく中華が食べたくなって注文したのが。。。

IMG_2802_20130114223808.jpg

なぜか、麻婆豆腐!!

しかし、この麻婆豆腐、ほとんど汁気がなくて豆腐に
凄い歯ごたえがあって、まるでカッテージチーズのような
バサバサした食感と味わいが。。。

辛さはあるんだけど、イマイチ物足りない。。。
不味くはないんだけどね~

IMG_2794_20130114223511.jpg

今夜のホテルはパークセー・ホテル

IMG_2785.jpg

中心街の中級ホテル。木彫りを活かした室内はシックで
モダンな感じ。お湯もしっかり出るしグッド

IMG_2784.jpg

シーツもパリッとして清潔!!
暑い国では清潔できれいなシーツの上で寝られるのって
気持ちがいいですよね~~

さあ、明日はチャムパーサックに向けて出発だ!



関連記事

| パークセー | 00:00 | comments:21 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラオス・パークセー~ダオファン市場とラオス・日本大橋をウロウロ

ラオス・パークセーの市場
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ここはラオス最大級の大きさと品揃えを誇る巨大な市場!
タラート・ダオファン市場

前回も市場レポだったなあ~。。。
いやね、ほんと見所がないんですパークセー(苦笑)

地面に転がった古タイヤがなんともアジアらしい。。。

IMG_2762.jpg

パークセーのあるチャムパーサック県内はもとより
サーラワン、セーコーン等の近隣の県からの買い物客で
大賑わいの大市場なのだ

ご覧の通り、衣料品がいっぱい!!
よ~く見ると、結構男女とも魅惑的なデザインの下着が
多いのにびっくりした。ヘエ~~って(笑)

IMG_2763.jpg

建物内は広く、清潔でトイレもある!
昼間なので人は少ないが、午前中は通路までも売り物で
埋め尽くされ、見てるだけでも大変なんだそうだ

IMG_2765.jpg

で、一息ついた店のスタッフがこれ、何だったかなあ~。。。
中国でも良く見る将棋のような遊びに興じている。。。
ウータン?だったかな??

IMG_2766.jpg

で、アジアではポピュラーな『金行』もたくさんあった

アジアの大きな市場やチャイナタウンには必ず『金行』が
あって、人々は財産を金に換金して身に付ける習慣がある。

以前、バンコクのセントラルワールドで華僑系タイ人の
おっちゃんだと思うのだけど、おそらく全部18金?
金ピカの腕時計に両腕に重そうなブレスレット、指には
これまたデカイ石の付いた指輪が5個も6個も!!
まさに財産を身に付けて歩いています!という感じだった。

IMG_2768.jpg

そんな金行が並ぶ一角にアクセサリーの修復を仕事にする
おじさんが黙々と作業を行っている。。。

細かい作業だなあ~~。。。まさに職人!

こういう細かい作業をやらせたら、アジア人って凄いよなあ~

IMG_2769.jpg

ある金行の店では、お客が持ち込んだ金を換金しようと
店の女性と交渉しているんだけど、これが非常に激しい
交渉で。。。両者一歩も譲らない

お互い、必死なのだ。。。


近年、金が高騰しているけど、かなり儲けた金行も多いはずだ

IMG_2771.jpg

そんな市場から徒歩で5分ぐらいでラオス・日本大橋に到着

全長1380m、メコン川にかかるこの長い橋は2000年に日本の
経済協力により開通した事からこのネーミングが付けられた

IMG_2779.jpg

この橋の魅力はメコン川を歩いて渡れること!
もちろん自転車やバイクでも簡単に渡れるのだ!

ラオスの紙幣である10000キープにもデザインされている



橋の上から360度の景色を撮影しました~~

大きな近代的なホテル、工事中の多い発展途上の街。。。
ほんとアジアの国々はどこも元気だなあ~

IMG_2776.jpg

遠くの山に金ぴかの仏像を発見

そう、ラオスも大変熱心な仏教徒が多いのだ

さてと、ホテルにチェックインしよう!

続く。。。
関連記事

| パークセー | 00:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。