アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・カトマンドゥのタメル地区

ネパールのカトマンドゥ
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

チャングナラヤンからネパールの首都カトマンドゥまでバスで移動
旅行者が多く滞在するタメル地区にやって来た。。。

しかし、長い一日だった。。。
朝の8時頃、ナガルコットをチャングナラヤン目指して4時間以上の
トレッキング

チャングナラヤンの観光を済ませて、バスでカトマンドゥへ。。。
チャングナラヤンからどれぐらい時間が必要だったかはぐっすり
寝てしまったので判らない

今日は元旦。。。観光客向けのニューイヤー横断幕

IMG_1992.jpg

とにかくこのタメル地区カトマンドゥ郊外の観光地から
アクセスも良く、質のよいゲストハウス、旅行会社や銀行、
各国のレストランが密集したツーリストエリアなのだ

IMG_1993_201309222348024d8.jpg

ランドリーサービス、両替屋、さすが登山が盛んなだけあって
アウトドア用品を売る店も多い。。。

インドからネパールに向かうバックパッカーもここに滞在していくらしい。。。

IMG_1997_20130922235002634.jpg

とにかく賑やか!
ネパールに着てからドゥリケルパナウティと言った田舎ばかり
巡ってきたのでなおさらだ。

様々な国籍の人々が行き交う地区だ。

IMG_1998.jpg

とにかく必要な物はなんでも揃う!
今ままでほとんど見ることのなかった日本人がたくさん歩いている

実はこのタメル地区から南に歩いていけば旧市街に行く事ができ
昔ながらの街の様子を地元の人々の生活とともに見る事が可能。
それはまた別の機会にアップします。。。

IMG_1999_201309222350483ac.jpg

日本料理店もある。しかもおいしい!
ギョウザやラーメン、うどんなども食べる事ができるので
ネパール料理に飽きた人にはラッキーだろう。。。
僕もそんな1人なのだが。。。

IMG_1996_20130922234936b90.jpg

そんなタメル地区で今回滞在するホテルはアンバサダーガーデンホテル

IMG_2002_201309222351127fb.jpg

きれいに手入れされた庭で朝食のサービスを受けられるのも
高評価だし。。。

なんと言っても客室も値段の割にはなかなか雰囲気良く満足できる。

IMG_1994_20130922234826963.jpg

夜は湯たんぽのサービスがあり、嬉しい。。。
この湯たんぽサービス、日本の寒い地方の旅館でやれば
絶対に受けるのに!

IMG_1995.jpg

さて、晩御飯は日本食にしよう!
カツ丼がいいなあ~~

この後、そのカツ丼でエライ目に遭うのだった。。。
関連記事
スポンサーサイト

| カトマンドゥ | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・バクタプルのタチュパル広場を歩く

ネパール・バクタプルのタチュパル広場
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

トマウディー広場から古い町並みを15分程歩くと
タチュパル広場に出る

写真はダッタトラヤ寺院と向かいに建つガルーダ像

IMG_1846_20121021174756.jpg

このダッタトラヤ寺院は1427年建立。
ご本尊はダッタトラヤはなんと!ブラフマーとヴィシュヌ、シヴァ神の
ヒンドゥー教3大神が一体になったものらしい!!

なんか凄い神様だなあ!

IMG_1847.jpg

この広場の特徴はやはり古い街並みと静かな雰囲気。。。

古い町並みに囲まれた広場は石畳。。。
訪れる観光客も少なく、ゆっくりとした時間が流れる。。。

IMG_1848_20121021174755.jpg

地元のおじさんやおばさんが集まる憩いの場でもあるようだ。。。
毎日繰り返される日常の風景なんだろうなあ~。。。

IMG_1850.jpg

古い町並み。。。屋根は草が生えて、枯れて。。。
修復されずに放置されているようだ。。。

危ないけど、これはこれで味があるなあ~~

IMG_1851.jpg

しかし、木彫りの装飾の緻密さには感心させられる。。。
ネパールの古い街(パナウティバクタプル)の特徴だなあ~

今度ネパールに行く時は騒々しいカトマンドゥをパスして
こういう町でゆっくりしたい

IMG_1853.jpg

木彫りと言えばこの広場にあるこの孔雀の窓はネワール彫刻の
最高傑作と言われる見事なものだ!

IMG_1854.jpg

ダッタトラヤ寺院のすぐ裏側にある木彫美術館の左側面に
見る事ができる。。。

画像をクリックして拡大してみて頂きたいです~~

さて、バクタプルを後にしてナガルゴットへ移動しよう!

続く。。。
関連記事

| バクタプル | 00:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・バクタプルのダルバール広場でまったりと。。。

ネパール・バクタプルのダルバール広場
記事中の全ての画像はクリックすると拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ここバクタプルカトマンドゥ盆地で3番目に大きな町で
マッラ王朝時代に3王国の首都として栄えた町なのだが
ここバクタプルダルバール広場カトマンドゥパタンのよりも
広々とした感じで、人はずっと少ない感じがするなあ~

観光客もまばらでのんびりした感じだ。。。

IMG_1801.jpg

たくさんの寺院に囲まれているダルバール広場だけど
1934年の大地震で被害を受ける前は、もっと多くの
寺院が建っていたらしい。。。

そうそう、ダルバールというのは、ネパール語で『宮廷』を
意味する言葉で、王宮前の広場として、カトマンドゥ王国の
中心だったパタンカトマンドゥにも同様のダルバール広場
ある。で、それぞれの王がその広場の美しさを競い合ったんだそう。。。

なので、ここバクタプルダルバール広場にも見事な装飾が
施された宮殿や寺院がたくさんある。

さてと、パナウティからの移動から何も飲み食いしてなかったので
とりあえずカフェに入って温かいチャイを飲もう

IMG_1805.jpg

昼になってどんどん気温は上昇するが、上下に着たユニクロの
ヒートテックがちょうどいい感じだ!この旅行ではヒートテックが
ほんとうに重宝した!

ゆっくりチャイを味わい、窓から見えるダルバール広場
眺めながらゆっくりした時間を過ごす。。。

そうだ!思い出した!あの名画『リトルブッダ』で出家前のシュダールタ王子が
過ごした都の場面は、多くはこのバクタプルで撮影されたものなんだって!

IMG_1807.jpg

結構な観光なのにどこでもいるような自称ガイドとか
声を掛けてくる輩は皆無。。。珍しい。。。

IMG_1816.jpg

ネパール各地から修学旅行で訪れているのかな?
小中学生ぐらいの子供達を大勢見た

万国共通で、引率する先生は大変だ~~。
大きな声で並べ!とか静かにしなさい!とか言葉がわからなくても
伝わってくる

IMG_1819.jpg

この建物は17世紀から18世紀にかけて造られた55窓の宮殿。。。
木彫りの窓が美しいネワール建築の傑作だ

IMG_1822.jpg

国立美術館として公開されている建物もあり、見事な
タンカ(仏画)がたくさん収蔵されているとの事。
土産にタンカを!と思っていた僕は目を肥やしに見学へ

写真撮影が出来ないので残念だが、国宝級のタンカ
たくさん見られて良かったなあ~。。。

曼荼羅チックなタンカを買って帰ろう!とこの時決めた!

IMG_1823.jpg

衛兵が立っている王宮への入口はゴールデンゲートと呼ばれており
一応中には入れるけれど基本的に写真は不可!突き当りから奥は
ヒンドゥー教徒しか入れない。。。

とことこと王宮内を歩いていくと。。。

王宮の壁には見事な木彫りの扉がある。凄い緻密な仕事に脱帽。。。

IMG_1828.jpg

奥にある沐浴所ではヒンドゥー教徒のおばさんが観光客に向かって
なにやら声を掛けている。。。何を言っているかわからないが、
ナーガ(ヘビ)の隣に立って迫力ある声を張りあげるおばさんが
物凄く聖なる人に見えてくるから不思議。。。

実はバクタプルには他にも広場があって、どこも素晴らしいらしい!

行くべ~!
関連記事

| バクタプル | 00:01 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。