アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・シェムリアップ~ランブータン・リゾート(旧ゴールデン・バナナ)


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

カンボジアシェムリアップのホテル選びは6号線を挟んで
巨大な大型ホテルに宿泊するか、それともバーストリート
市場のある周辺で探す事になるのだが・・・

上の写真はバーストリート(パブストリート)の昼間の様子。

IMG_7168_20160208000225417.jpg

個人的にはバーストリート周辺で探すのがおススメ!

遅くまでバーストリートで過ごせるし、土産物屋、街スパも
この辺に集中しており、全て徒歩圏内なのが嬉しい。
昼間は遺跡観光に集中し、夜はこの周辺でまったりと過ごしたい。

でも、夜は静かに眠りたい・・・

IMG_5964.jpg

そんな希望を叶える素晴らしいホテルがここ!
ランブータン・リゾート(旧ゴールデン・バナナ)だ!

バーストリートまでとぼとぼ歩いて10分ぐらい。
こじんまりとメインプールを囲むように客室が並ぶ姿は
アジアンテイストに溢れており美しい。

IMG_6348.jpg

部屋数も16室と少なく、ノンビリと過ごしたい旅行者には打ってつけだ!
スタッフの対応も非常にフレンドリーかつ誠実なので、信用できる。

IMG_6166.jpg

レセプション近くに置かれたソファ類にも遊び心が・・・

IMG_5961.jpg

このホテルのツイン・デラックス・ヴィラに滞在したのだが
リネン類もパリッとしていて清潔で寝心地が良く・・・

IMG_6347.jpg

部屋の中の階段を登った先はテラスのあるプライベートな
屋上になっていて、そこにはデッキチェアとバスタブが!

シャワー上がりに、このデッキに寝転がって一日の遺跡観光の
疲れを癒してたなあ~~

IMG_5963.jpg

部屋のデザインはアジアンテイストに、絵画を見てもわかるが
ポップな印象を加えた感じで楽しい雰囲気になっている。

IMG_5962.jpg

アメニティは必要十分な物が揃っている。
シャワーの出も申し分なかったなあ~←これ重要!

シェムリアップのホテル選びに迷っている方には迷わずお勧めしたい
ホテルなのです!

ホテルの詳細はこちら!トリップアドバイザーで!
関連記事
スポンサーサイト

| シェムリアップ | 00:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・アンコールワット遺跡群~プラサット・バッチュム


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

さて、今日もアンコールワットの遺跡群を堪能するぞ!
シェムリアップに来たら一日のパターンは決まっている・・・

朝食→遺跡めぐり→ホテルで休憩又はスパ&マッサージ
バーストリートで夕食→就寝

僕のような遺跡好きの典型的なパターンかな?

IMG_6690_20150211193826d21.jpg

トゥクトゥクはそんあ遺跡好きの僕を乗せて、素朴な田園地帯を
走り抜けていく・・・

朝にもかかわらず気温はぐんぐん上昇。
すでに顔に当たる風が非常に心地よく感じるなあ~~

IMG_6687.jpg

いつものように検問所でストップし購入した入場パスをスタッフに
見せる・・・

写真付きのこのパス、一週間で60USドルもする!(現在は不明)
で、この料金は遺跡の保護活動に使われると思っていたが・・・
ある官僚の私的な会社の懐に入るらしい・・・

IMG_6688_20150211193810220.jpg

パスにパンチで穴を開けて手続き終了・・・
ちなみに地元のカンボジア人やタイ人は自由に出入りできるらしい・・・

IMG_6692.jpg

で、やってきたのが超マイナーな遺跡「プラサット・バッチュム

トゥクトゥクのドライバーもめったに来ないというマイナーな遺跡。
確かに僕ら以外に観光客はいない・・・

2年前に世話になったトゥクトゥクのドライバーはここに行きたい!と
言うと怪訝な顔をされて、治安が良くないからダメ!って言われた・・・

IMG_6693.jpg

10世紀中頃に建てられたこの3主堂式のレンガ造りの遺跡。
行くのに長らく道が整備されていなかったらしく、確かに道は
舗装はされていなかったが新しい印象を受けた。

IMG_6697.jpg

これこれ!

こんな風に遺跡に植物が着生している様は遺跡好きには
たまらない!

この風合いいいなあ~~

IMG_6695.jpg

中に入り見上げると、ぽっかりと空いた穴からきれいな空が見える・・・

これもいいなあ~~~

IMG_6698_20150211194052c84.jpg

この碑文にはこの遺跡を建築した名が記されている。
東メボンを建築した同じ名前が記されているとの事。

実は多くの遺跡では誰が実際に建築したのか判っていないらしく
このように碑文で明らかになっているのは珍しいとの事。

IMG_6696.jpg

しっかりその功績を後世まで残してほしいなあ~~
補修が進む様子を見ながらしみじみ思うのであった・・・

続く・・・
関連記事

| アンコールワット遺跡群 | 00:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・シェムリアップでカンボジアンバーベーキューを食す。

シェムリアップのバーストリート

シェムリアップバーストリートやその周辺には
おしゃれなレストランやバー、カフェが数多くあり
夜遅くまで楽しめます。

どこでもドラフトビールが飲み放題で50セント!と
破格の価格で提供しており、飲兵衛さんにはたまりませんね(笑)

で、今回は前回あまり食べなかったカンボジア料理を
体験してきました~。

カンボジアンバーベキュー

この記事で紹介するのは、カンボジアンバーベキューという料理。

韓国料理のサムギョプサルに出てくるようなナベ?の上で
色んなお肉を焼き、その周りに満たされたスープに野菜や麺を
茹でて食べるんです。

で、そのお肉と言うのが。。。

いろんなお肉

写真がピンボケですが(笑)右上がワニのお肉!!
左上がヘビのお肉!!なんです。
他には牛、豚、イカが用意されてましたよ。

僕はワニもヘビも食べたことがないので
『くさくないのかな~?』『かたくないのかな~?』
『変な感染症とか寄生虫は大丈夫かな~?』などと
少し躊躇してしまいました(笑)

とにかく良く焼いて食べました(笑)

ヘビの肉

写真はヘビの肉を焼いているところ!!
スタッフに何のヘビだ??と聞くとパイソンだ!との事。
どんなパイソンなんだか。。。

焼いた肉を4種類のタレで食べるのですが。。。

タマリンドの酸味がきいたタレ←すっぱ臭い
②胡椒風味がいい感じのタレ←塩もきいていてグッド
カンボジアの味噌的存在のプラホック←強烈に魚臭くて×
④トゥックトレイと呼ばれる魚醤←プラホックよりマシだが臭い

パイソン君には②が一番合いました!というか
他のタレは臭くてダメでした。。。

肝心の肉は干した鱈のような不思議な味でした。

ワニ君にも②が合いました!というか
どの肉を食べるにも自然に箸が②に向くのです(笑)

肉の味は鶏肉のようで歯応えがあり、クセも臭味もなく
おいしかったです!

値段は二人分で15ドル。安いのかな?高いのかな?(笑)

カンボジアに行かれたら皆さんもワニ肉、ヘビ肉に
トライして下さいね!

↓↓ ご訪問ありがとうございます!ぽちっと! ↓↓
関連記事

| シェムリアップ | 23:55 | comments:24 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。