アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インドネシア・バリ島~トゥガルジャヤ宮殿で義弟の結婚式を祝う!

バリ島のトゥガルジャヤ王宮
記事中の全ての画像はクリックすると拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

バリ島バトゥブランにあるトゥガルジャヤ宮殿で義弟夫婦の
結婚式に参加した

この宮殿は300年以上の歴史を持つ由緒正しき宮殿で
王族のスタイルで結婚式を挙げる事ができるのだ

IMG_4559.jpg

本番前の義弟夫婦をパチリ
なんか落ち着いた黒系の民族衣装は派手すぎずいい感じ!

なかなか似合っているではないか!

IMG_4561.jpg

この場所で宮殿の王様が祝いの言葉を述べ、儀式が行われるようだ。。。
僕も11年前に別の場所でバリ式の結婚式を挙げたのだが、その時の
記憶が思い出されて懐かしいような恥ずかしいような。。。

IMG_4570.jpg

さあ、結婚式が始まったぞ!

王族が乗る神輿に担がれて村のメインストリートを歩く
うわ~、恥ずかしそうだ!二人とも!!(笑)

見渡すと村中が参加して祝ってくれている!
もちろん車などは一時通行止めに

この神輿軍団、結構歩くのが早い。前方で結婚式に参加した
家族、友人等がカメラやビデオで撮影しているのだが後ろ向きで
小走りしなければならず、見ていておもしろい

そういう僕もビデオを回しながらカメラで写真を撮らなければならず
しかも後ろ向きで小走りで!よくコケなかったものだ

IMG_4573.jpg

バリ島で式を挙げたいと相談を持ちかけられた時に
我々夫婦が一押ししたのがこの神輿!!
「いいから、乗っておけ!」とアドバイス
結果、本人達も参加者にも好評だったようだ
よかった。よかった。

IMG_4582.jpg

さあ、宮殿に落ち着いた所で可愛い村の女の子達による
バリ舞踊がスタート!!

たくさんのガムランも参加。本格的な演奏に聞き応えアリ!

このバトゥブラン周辺の村々はガムランバリ舞踊の盛んな地域で
舞踊のレベルも高い

そういえば僕らの時もバトゥブランからたくさんの踊り子さんや
ガムラン奏者が参加してくれたなあ~。。。

村人も普通に集まって見学している。。。

IMG_4563.jpg

ご苦労様でした~~!!みんなありがとうね~!!

おっ!彼女達の後ろに王様を発見!!
今でもこの宮殿に住んでおり、地域の政を仕切っているとの事。

IMG_4591.jpg

僕らの時もそうだったが、式の儀式はぶっつけ本番で行われ
日本人コーディネーターさんの説明を受けながら進められる。

聖水を掛けられたり、祈りの言葉を掛けられたり。。。

IMG_4596.jpg

ココナッツを蹴ったり。。。

ココナッツを蹴り飛ばす事でいろんな厄を払う意味があるらしい。。。
蹴り飛ばすたびに、周りから盛大な拍手が!

IMG_4606.jpg

儀式も一通り済んだら、パーティの開始!
頭に料理を乗せたおばさま達が列をなしてぞろぞろとやって来た!

IMG_4608.jpg

食事はブッフェスタイル。
料理はバリニーズで、ナシゴレンミーゴレンを基本として
焼いた地鶏や魚、豚肉(バビグリン)等がてんこ盛り!!

義弟はもちろん友人も皆、さすが芸能人!(笑)
出し物も大いに盛り上がる!

ミュージシャンらしくみんなアコースティックギターを持参!
最後は皆で大合唱してお開きに。。。

IMG_4636.jpg

お色直しした新郎新婦と最後に記念撮影!!

いつまでもお幸せに~~!
そして、これからも宜しく~~!

関連記事
スポンサーサイト

| バリ島・ウブドとその周辺 | 02:06 | comments:32 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・シェムリアップのレストランでアプサラダンスを!

アプサラダンスショー

アプサラダンスというカンボジアの伝統芸能を
みながらディナーが楽しめるレストランに行きました~。

アプサラとは。。。

アンコールワット寺院のアプサラのデバター

アンコールワット遺跡群に見られるデバターの素材の一つにもなっており
天女や天使とみなされ、アプサラの踊りは神への祈りとして捧げられます。
9世紀頃にはすでに宮廷舞踊としてクメール文化の一翼を担っていたようです。

IMG_9952_20110118010359.jpg

踊り自体は優雅でバリ舞踊のように手と指先の動きが
印象的な踊りです。

IMG_9942.jpg

バリ島好きな僕はどうしてもバリ舞踊と比べてしまうのですが
テクニック的には素人目に見てもバリ舞踊の方が数段上に思います。

手先(指先)、目の表情、腰から下の体勢維持。。。挙げれば切がないですが
バリ島のレストランのディナーショウレベルと比べても差は明らかです。。。

IMG_9964.jpg

ただ、不幸なことに過去、ポル・ポト政権時代に300人を超す
先生や踊り子のうち、90%もの人々が処刑の対象となり、振り付けが
記録された書物もほとんどその時に消失してしまったそうです。。。

IMG_9957_20110118010358.jpg

のちに難を逃れた数人の先生によってほんの20年前から子供達を
中心に『舞踊教室』が始ったという事ですから、今見ているこの踊りは
復活したと言っても発展途上なんですね~~。。。

IMG_9960.jpg

そう、カンボジアは徹底的に知識階層、特権階層を虐殺した結果、
あらゆる芸能、文化の継承は若者の手に委ねられているんです。。。

後姿はバリ舞踊のようにプルメリアがたくさん付いている。

IMG_9949_20110118010359.jpg

こうやってカンボジアの歴史を振り返ると、踊りのテクニックうんぬんでなく、
純粋に自分の国の伝統を継承していこう!もう一度蘇らせよう!という気持ちに
心から拍手を送りたくなるのでした。。。
関連記事

| シェムリアップ | 02:40 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バリ島・ジェゴグと踊りを堪能する~ウブドにて

ジェゴグに合わせた舞踊

バリ島は『バリ舞踊』が有名ですが、それに欠かせない
要素と言えば、もちろん。。。ガムランの音色ですよね~~。

普通、この大小の竹筒を音階順に並べた打楽器の音色はとても
軽やかで、コミカルなのですが。。。

同じガムランでも『幻のアンサンブル』とも
言われる『ジェゴグ』は一味違います!!

本来はバリ島の西部にあるヌガラという所でしか
鑑賞できないのですが、時々ウブドで定期公演してます。

巨大なガムラン

これが、ジェゴグガムランです!!
大きい竹筒は全長4~5mぐらいあるとの事です!

これを、若いおにいちゃん達が大きなバチ?で
叩きまくってます。

そう、ジェゴグの魅力は軽やかでコミカルな音色でなく
この、巨大な竹筒から発せられる、人間の可聴振動帯ぎりぎりの
超重低音を楽しむのです!(笑)

もう、何と言うか。本当に腹の底から響く音って
こういう物だったのだと。。。(笑)
腹の底、心臓、脳が心地よく振動するんです!(笑)
頭蓋骨が共鳴するような感じでしょうか。。。

ジェゴグを叩くお兄さん

大きなバチで一生懸命、大竹と格闘し終わった
お兄さん達です。いや~、これはしんどいと思うな(笑)

お疲れ様でした~。ありがとう!

ジェゴグの下

フィナーレ時にステージに上がって良い!っとの事なので
早速、ステージに上がって中ぐらいの大きさのジェゴグの
下に潜り込んで、寝転がってみました!

写真は上を向いて撮ったもの(笑)

すんごい重低音とその余韻(波動)が寝転がる僕の
体全体に染み渡る~!(笑)

波動がおさまる前に、次の波動が~!!ん~すごい!

ジェゴグのフィナーレ

体中の振動が完全に抜け切った後に、本当のフィナーレ。

どうも、貴重な体験ありがとうございました!

バリ島ウブドでご滞在の際は、ぜひこの『ジェゴグ』を
体験して見て下さいね~。

僕にとって超重低音は心地よかったです!

↓↓ いつもご覧頂きありがとうございます!ぽちっと! ↓↓
関連記事

| バリ島・ウブドとその周辺 | 23:35 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。