アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マレーシア・マラッカ~ババ・ニョニャ文化に触れる旅⑤

IMG_1561_201604242334399ce.jpg
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

予約投稿です!

マラッカの街をさらに散策してみた。
ここはババ・ニョニャ・ヘリテージ。

おさらいしておくとババ・ニョニャというのは数百年前にマレーシア
移り住んだ華人男性と地元のマレー系女性が結婚して生まれた子孫の
事なのだが、男性はババ、女性はニョニャと呼ばれ、独自の融合した
文化が開花した。

このババ・ニョニャ・ヘリテージはプライベートなミュージアムで
チャン家の私邸を家宝とともに一般公開しているのだ。

残念なことに中は撮影が禁止されているが、所狭しと並べられた
家具類は中国や欧州から持って来られたものばかりで、歴史を
感じさせる重厚な物が多い。

長細い邸宅は三階建で、中庭には空から太陽の日差しが程よく
差し込み、非常に解放感溢れる造りが印象的だった・・・

IMG_1569.jpg

マラッカ川の両側はきれいな歩道が整備され古い邸宅や、マレー式の建物
カフェ、ミニ遊園地なんかがあって、歩いていて楽しい。

IMG_1576_201604242336231a6.jpg

が!これはないだろう~~
地元の学生たちがマラッカの歴史を壁画にして表現しているらしいが・・・
なんだかなあ~~・・・雰囲気がねえ~~(苦笑)

IMG_1571.jpg

観光客の集まるオランダ広場も整備中。
押し寄せる観光客に対応すべく今後どんどんとキレイになっていくのだろう・・・

IMG_1573_2016042423341193e.jpg

そのオランダ広場を少し歩くと、白色のきれいな教会に辿り着く。
この教会はセント・フランシス・ザビエル教会と言って、1849年に
フランス人が建てた二つの塔を持つゴシック式の教会だ。

雲一つない青空に白色が映えて非常に美しい!

IMG_1588.jpg

で、そんな美しい教会があるかと思えば、チェン・フン・テン寺院と
呼ばれるマレーシア最古の中国寺院があったりする・・・
1646年に中国から運んだ資材で建てられたと言う・・・

IMG_1587.jpg

中に入ると周辺には線香の香りが漂い、参拝者が絶え間なくやって来る・・・

IMG_1582.jpg

で、もう少し同じ通りを歩くと今度はマレーシア最古のイスラム寺院である
カンポン・フル・モスクが!1728年に建てられたモスクで、礼拝時間には
大勢の信者が集まるようだ。

IMG_1583.jpg

で、またまた同じ通りを少し歩くと、今度はマレーシア最古のヒンドゥー寺院である
スリ・ポヤタ・ヴィナヤガ・ムーティ寺院が!19世紀初めに建てられたらしい・・・

なんと同じ通りにマレーシア最古の中国寺院モスク、ヒンドゥー寺院が!
世界中の宗教施設が狭いエリアにこれほど密集しているとは!

ほんとマラッカの歴史の深さ、そして今も健在で共存している様子は
多民族国家マレーシアの原点を見ているようで興味深いのであった・・・

こんな所、どこにもないよ~~


関連記事
スポンサーサイト

| マラッカ | 00:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マレーシア・マラッカ~ババ・ニョニャ文化に触れる旅②


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

マラッカ滞在初日。ババ・ニョニャ料理を食べた後に
夜のマラッカを散策・・・

で、いきなり目に飛び込んで来たのはハードロックカフェ!

ん?マラッカって街全体が世界遺産だったよな?
こんな店が営業しているのって良いの?

IMG_1436_2015101201532294f.jpg

夜に営業しているレストランが少なく、オープンしている
レストランはどこも盛況のようだ。

飲む人はオープンテラスの席に座り、夜のマラッカ
満喫するのも良し。

IMG_1440.jpg

街のメインストリート、ここジョンカー通りに限らず
指定場所以外は全面禁煙!

これを守らず咥えたばこで街を歩く某大国の観光客集団が・・・

IMG_1446.jpg

で、やって来たのはマラッカの観光の中心地である
オランダ広場。そこの象徴であるムラカ・キリスト教会

意外と交通量が多い。
昼間は観光客でいっぱいになるこの広場も夜は
ひっそりとしていて寂しい・・・



そんな夜のオランダ広場の様子を撮影しました!

ほとんど観光客のいないオランダ広場で客待ちする
トライショーが派手な電飾と爆音で存在をアピール!
しかも流している曲がへヴィメタルのメタリカ!(笑)

誰がこんなトライショーに乗りたがるのか?(笑)

IMG_1444_201510120153352f4.jpg

御覧の通りのこの派手さ!(笑)
乗りたいと思ってたけど、これは・・・という感じ。

IMG_1458_20151012015531b13.jpg

翌朝、遅い朝食を食べ(旅行中もマイペース)すぐに観光へ。

ホテルの前の通りはドゥン・タン・チェン・ロック通りと言って
中華系プラナカンの人々(ババ・ニョニャ)が住居を構える通りで
非常に趣がある・・・

IMG_1462.jpg

ここはマレーシアなのか?と思う程に中華色の濃い街並み。

ベトナムのホイアンのような雰囲気ではあるが、こっちは新しさを
感じるなあ~~

IMG_1466_20151012015704624.jpg

ランタンを吊り下げる家も。

でもなんというか、交通量が多く趣という点ではホイアンの方が
あるかもしれない。

IMG_1463.jpg

どの家もマメに修繕されているようで美しい。
屋根や窓枠の装飾は非常に緻密!

昔、天然ゴムや錫で成功したババ・ニョニャ達の財力を
今に感じる事ができる・・・

IMG_1464_20151012015552c98.jpg

ズーム!

装飾自体の細かさはもちろん、色使いも非常に繊細だ。
この辺りの家々はこういった装飾にもこだわりを見せて
近所同士で美しさを競っていたに違いない。

IMG_1470_20151012015701f3d.jpg

おお!ホイアンにありそうな風景!
青空にクリーム色の壁が映えて、とても美しい。

IMG_1465.jpg

路駐している車が雰囲気を損なっているよな~~
近所に大きな駐車場を設けるとか、もう少し景観に
配慮した取り組みが必要かな?

さて、昼間のオランダ広場周辺を散策してみよう!

続く・・・

関連記事

| マラッカ | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マレーシア・マラッカ~ババ・ニョニャ文化に触れる旅①


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

関西国際空港からエア・アジアで6時間余りでマレーシア
クアラルンプール郊外のLCC専用ターミナルのKLIA2に到着。

真新しいこのターミナルはLCC専用ながらも巨大で広大!
なんと言っても最近伸び盛りのエア・アジアの本拠地でもある!

でも細かい所を見るとやっぱりLCC専用だなあ~と思う事は多い・・・
例えば建物の造りが簡素、長いコンコースであっても動く歩道が少ない等々
こういう所もしっかりと節約して経費を抑えているんだよなあ~

で、巨大なターミナルを出て地下へ・・・
ここでマラッカ行きのタクシーチケットを購入する。
マラッカへはバスで行くか、タクシーで行くかで迷ったがバスは
時間が掛かるのとマラッカの観光地から離れたバスターミナルに
到着するので乗継が面倒・・・

という事で、高いがタクシーを利用する事にする・・・

IMG_1423.jpg

チケットはマラッカまで159リンギット(約4500円)・・・
時間と利便性を今回は優先だ・・・
帰りは安いバスにしようっと(苦笑)

タクシーを降車する時にこのチケットを渡せばOK!

IMG_1433.jpg

約2時間でマラッカのホテルに到着。
今回宿泊するホテルはマラッカチャイナタウンにあるホテル・プリだ。
「チャイナ・タウンで一番趣があるホテル」という口コミで選んだホテル。

プラナカンスタイルの家屋を改装した歴史を感じさせる
小さなホテルだ。

IMG_1432.jpg

ロビーには重厚な中国っぽい家具類が置かれババ・ニョニャ文化を
感じさせるなあ~~

ババ・ニョニャ文化とは?

中国本土から渡ってきた男性と地元マレーシア人の女性が結婚して
生まれた子孫のうち、男性が「ババ」、女性を「ニョニャ」と呼ぶ。
生活スタイルはマレー語を話し、食や衣服にマレースタイルを取り入れる
一方で、冠婚葬祭は中国古来の風習を守っている・・・

このホテルはそんなババ・ニョニャ達がこの地で財を成し、建てた家屋を
改築したものなのだ。

IMG_1427.jpg

建物は古いが客室は新しくて清潔。
壁に取り付けられたテレビが雰囲気から浮いているけど・・・

IMG_1426.jpg

ベッドのシーツもパリッとしていて心地よい。
新しいがホテルのイメージを極力壊さないデザインが良い。

IMG_1428_20150906181616465.jpg

バスタブこそないがちゃんとお湯も出る。
但し、お湯のシャワーを使用する前にボイラー?のスイッチを
ONにしておく必要がある・・・
最初、これを知らなくて全裸のままシャワーからお湯が出るのを
待っていたっけ・・・(苦笑)

IMG_1434_20150906182003d72.jpg

とりあえず夕食に出かける・・・
ホテルの周りはそんなババ・ニョニャ文化の家屋がずらりと並ぶ・・・
少し、ベトナムのホイアンに似ているかな?

IMG_5051.jpg

夕食はさっそくババ・ニョニャ料理を!という事で歩き回るも
夜20時を過ぎるとどこのレストランも閉まっている・・・
そう、ここマラッカはクアラルンプールからの日帰り観光客が多く
泊りで滞在する観光客が少ない事もあって、夜遅くまで営業する
レストランやバーは非常に少ないのだ・・・

少ない選択肢の中、飛び込んだレストランで料理選び・・・

IMG_5058.jpg

炒飯(中華風炒飯に辛いマレー風サンバルをかける)と
ローストチキンはスパイシーかつジューシー!八角風味が中華風か?

腹が減っていたので一気に食べてしまった(笑)
まあまあのお味でした・・・

関連記事

| マラッカ | 00:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。