アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミャンマー・インレー湖郊外にあるカックーの遺跡を訪ねて②



激しい水牛の売買の様子を見学した後、上の動画のような村々を通り過ぎながら
カックーを目指す・・・

ミャンマーの田舎の村なのだが、意外と?人家は立派で大きく
造りもしっかりしている印象を得た。

IMG_6925_201504120041147b9.jpg
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

そんな車窓の眺めを楽しんでいるとガイドさんが指差した先に
何やら無数の尖った建物が見えはじめた。

そう、カックーの遺跡に到着したようだ。

IMG_6921.jpg

車を降りて遺跡に向かって歩いていく・・・
小高い丘のような場所一面に無数の仏塔が立ち並んでいる・・・

IMG_6851.jpg

2000年9月に外国人旅行者に開放されたこの遺跡は
12世紀にアラウンスィードゥー王がこの周辺に住む
パオ族シャン族の各家庭に仏塔を寄進するように
命じたのが始まりとされている・・・

IMG_6853.jpg

で、最終的に2548基を超える仏塔群が完成した・・・
その間なんと800年間も増築が続いていたそうな・・・

遺跡であっても現在でも信仰の対象なので入り口で靴を
脱いで裸足にならなければならない・・・
が、道は小石が多くて柔な僕の足の裏にチクチクと刺さって
非常に痛い!指の間にも小石が挟まるんだよなあ~

IMG_6860.jpg

青空に白い仏塔が美しい・・・

それに仏塔の先には風鈴のような金物が吊り下げられていて
チリンチリンと心地よい音色を聞かせてくれる・・・



その音色をお聞きください~~~

IMG_6858.jpg

仏塔一つ一つに個性的な彫刻を見る事ができる。

ざっと仏塔を見渡すと古い物に交じって新しい仏塔も目にすることができる。
遺跡と言ってもバガンの遺跡群のように修理、増築が今なお続いているようで
新しい仏塔の寄進者を見るとシンガポール人や中国人の名前があったなあ~

IMG_6867.jpg

これはシンガポール人が建てた仏塔のようだ。

結局、この遺跡も世界遺産に認定される事は無いと思われる。
バガン同様、その価値があっても現代的な手法で修理、増築が
なされている以上は仕方がないだろう・・・

IMG_6857.jpg

どこかユーモア感溢れる彫刻の人物達・・・

IMG_6900.jpg

仏塔の中にご本尊?が祀られている・・・
中にはイタミが激しい物もあって、少し寂しい気持ちになる事も。

IMG_6877.jpg

遺跡群の端っこで素晴らしい眺めが見られた!
青い空と山、どこまでも続く湿原に水を飲みに来る水牛達・・・

何百年と変わっていないだろう風景に心を打たれた。

続く・・・
関連記事
スポンサーサイト

| カックー | 00:00 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミャンマー・インレー湖周辺の村で開かれる五日市①

IMG_6767.jpg
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

早朝にバガンニャウンウー空港から一路インレー湖のあるヘーホー空港を
目指して飛び立つ・・・

眼下には広々とした穀倉地帯が広がり、あらためてミャンマーの国土の
広さを痛感する・・・



エアバガンという航空会社に乗って約1時間でインレー湖の玄関口である
ヘーホー空港に到着・・・

そういえば、まさにこのエアバガン、数年前にヘーホー近くで墜落したよな~~
新興の航空会社しか選択できないミャンマーでは仕方がないが、整備だけは
しっかりとしてほしいものだ

IMG_6770.jpg

ヘーホー空港はこじんまりとしておりバガンニャウンウー空港同様、
田舎の小さな空港という感じだ。

ここで現地旅行会社に頼んでおいたガイドさんが迎えにきているはずだ。

IMG_6771.jpg

ガイドさんと合流、40代の女性ガイドだ。
これから車でカクー遺跡まで数時間の道のり。

途中、インレー湖周辺のとある村で五日市という大きなマーケットが
開かれているそうなので寄ってみる事にした。

IMG_6779.jpg

インレー湖のあるシャン州各地の村では5日ごとに市が立つ五日市
開かれるのだが、周辺の少数民族の人々が売り買いにやってくるため
観光客にとっては華やかな民族衣装を目にすることのできる絶好の
場となっているそうだが・・・

IMG_6796.jpg

華やかな民族衣装ねえ~~・・・
どこにもそんな人がいないんですけど?

頭に布を被ったそれらしい人々はいるけれど、華やかではないなあ~

IMG_6793.jpg

でも市は凄く活気に溢れており、あちこちから威勢の良い声が
聞こえ、盛り上がっているなあ~~

この小さな赤い物はトマト。
インレー湖の水耕栽培で採れた新鮮なトマトだ。



そんな活気のある市場の様子を撮影しました。

IMG_6786.jpg

これはミャンマーならではの売り物だな~
そう!顔に塗るあのタナカの木である。

この木をすり潰して出来た物を顔に塗るのだ。

僕も何度か付けた事があるけれどヒンヤリとして気持ち良い。

IMG_6785.jpg

これは大きな豆だなあ~~ソラマメかな?
僕はあのソラマメ独特の臭みが苦手なので食べないけれど・・・

IMG_6782.jpg

この紐状の物はなんだろう?野菜の仲間?
売り手の年配女性が肩から下げているのは伝統的なシャンバッグ

IMG_6787.jpg

インレー湖で捕れた魚の干物かな?
値段交渉が折り合ったようだ。おばちゃん、嬉しそうな顔で渡してる。

市場にいる女性はたいてい巻きスカートに上はジャージ姿。
肩からシャンバッグというスタイルが多いなあ~~
華やかな民族衣装はいずこ?

IMG_6782.jpg

小さな男の子も店頭に立って立派に商売をしている。
計量器なんてそんな物はなく、専ら計量には天秤が使われている。

市場歩きは楽しい!もう少し見てみよう・・・

続く・・・
関連記事

| インレー湖 | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミャンマー・バガン~エーヤワディー川から夕日を堪能する②


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

エーヤワディー川から夕日を堪能しようと、宿泊しているホテルの裏から
川まで歩きボートに乗った・・・

夕暮れ時、川岸では地元の人が洗濯や水浴びをし、水を汲んでは家に運ぶ姿が
あちこちで見られた・・・

IMG_6690.jpg

その一方で、ホテルの建築ラッシュに象徴されるように僕のような観光客が
増えており、この夕日を眺めるツアー?には僕の他にもボートに乗った観光客の
姿をたくさん見る事ができるのだ・・・・



ブーパヤー・パヤーの周辺にはそんな観光客目当てのボートが
たくさんひしめき合い、その近くではそんなの関係ないといったように
水を汲む女性の姿が見られる。

まさに「過渡期」なんだな~~

IMG_6684.jpg

空では美しい夕日を見ようと気球があちこちから浮き上がってくる。
バガンでは気球からの朝日、夕日をを見るツアーが盛んで、結構な
ツアー料金にもかかわらず予約が取れない程の人気なのだ。

僕も乗りたいと思ったのだが予算的に断念してしまった・・・
次回は必ず参加しよう!

IMG_6682.jpg

ボートは夕日鑑賞のポイントに到着。

エンジンを止め、アンカーを降ろし夕日を待つ。

IMG_6698.jpg

夕日を最後まで観た方ならお判りだろうが、予想以上に
太陽が沈む速度というのは早いものだ。

目に見えて沈んで行くのが良くわかる・・・

IMG_6716.jpg

おおおお!なかなか綺麗ではないかっ!

こういう時って一人旅の寂しさを少し感じるものだなあ~
旅先でいろんな感動ってあるんだけど(人、料理、建築物etc)
それを当たり前だけど一人旅だと共有できない事が少し
寂しいのだ・・・

IMG_6732.jpg

ズ~~ム!!

逆にこんな美しい体験を独り占めできるという嬉しさもあるんだけどなあ~

IMG_6739.jpg

もっとズ~~~ム!!

今までいろんな所で夕日を観たけれど、これほど静寂な気分、雰囲気で
鑑賞したのは初めてだ。
無意味に騒ぐ観光客もおらず、大きな自然の中で静かに堪能できたなあ~

IMG_6726.jpg

夕日に照らされたブーパヤー・パヤーの姿が美しいなあ~

美しい夕日のショーが終わると船頭は無言でアンカーを引き上げ
エンジンをかけ始める・・・

IMG_6753_20150113014907d4b.jpg

陽が沈むととたんに涼しくなる、ボートの風に吹かれていると
肌寒いぐらいだ・・・

宿泊しているホテルが見えてきた。

なかなか緑溢れる良いホテルに見えるなあ~
実際に良いホテルだったけど

ホテルの敷地内に遺跡があるというバガンらしいホテルだ。

IMG_6760.jpg

船頭とお別れだ・・・

いつまでも手を振ってくれる気持ちが嬉しい・・・

ありがとう!!

IMG_6763.jpg

ホテルに戻る途中で笑顔の素敵な親子に出会う

君が大きくなったらここバガンは、ミャンマーはどうなっているんだろうね!


関連記事

| バガン | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。