アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・あまり観光する事のないマイナーなアンコール遺跡①

カンボジア・南大門
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

『なぜ山に登るのか?』と聞かれたら『そこに山があるからさ!』と
答えたのは、エベレストに挑みエベレストで死んだジョージ・マロリー

僕の場合、アンコール遺跡群の魅力にどっぷりとハマッテしまい
ついにはほとんど誰も観光しないようなマイナーな遺跡にも足を
運ぶようになった

『なぜ遺跡を訪れるのか?』『そこに遺跡があるからさ!』

という事で。。。観光客があまり訪れない遺跡をサクサク~っと。。。

上の写真は南大門。アンコールワット寺院からバイヨンへと続く
道上に建ち、同じような門が東西南北にある。

IMG_0385.jpg

この四面塔は顔の部分だけでも3mもの長さがある

アンコール・トム(大きな町や王宮がある)は周囲12kmを高さ約8mの城壁に
囲まれていて、このような頑丈な門が敵の進入を防いでいたのだ。

普段、観光客はこの場所をバスやトゥクトゥクで素通りするばかりで
見学する人は大変に少ない!

IMG_0387.jpg

南大門前の道の両側には、神々と阿修羅がナーガの胴体を引き合う姿を
見る事ができる

上の写真はずらりと並ぶ阿修羅チーム!
ナーガ(大蛇)の胴体を引っ張っている!
上から二枚目の写真に見えるのは神々チーム!

IMG_0394.jpg

この南大門のすぐ近くに、これまた誰にも観光されない
マイナーな遺跡、バクセイ・チャムクロンがある

鳥の伝説。。。

昔、アンコールの都に敵軍が攻めてきた時に、大きな翼を
持つ鳥が現れ、その翼で王を守ったという。。。

バクセイ・チャムクロン=鳥が舞う都という意味らしい。。。

こんな小さな遺跡にも物語があるのだなあ~

IMG_0156.jpg

この遺跡はクオル・コーと呼ばれるヒンドゥー寺院。
5分もあれば全て見学できるような小さな遺跡。

ニャック・ポアンのすぐ北側にあるが訪れる人は少ない。
実際にここに連れて行ってほしい!とトゥクトゥクの
ドライバーに言ったら、『誰も行かないよ!その遺跡!』と
面倒そうに言われた

IMG_0160.jpg

頼むから、行ってくれ~!

経験上というか、僕の性格的に行きたい!と思ったらその衝動を
押さえる事ができないのだ!行かなきゃ気がすまない!

大げさかも知れないが、人間何が起こるかわからない!
カンボジアへ来るのもこれが最後かも知れない。。。
僕は常に旅行中、そんな思いでウロウロしているなあ~

ほら!こんな美しいレリーフがひっそりと待っていたぞ!
行かなきゃ会えなかった。。。

IMG_0369.jpg

この遺跡はプラサット・クラヴァン

全てがレンガ造りの寺院で5つの塔の内部には
アンコール遺跡群では珍しい浮き彫り式の神々の
レリーフが見られる

IMG_0374.jpg

その浮き彫りの中でも有名なのがこのガルーダに乗るヴィシュヌ神。

で、普通の観光客なら暑いし動くのもだるいし、このヴィシュヌ神だけを
見てさっさと帰る人がほとんどだろう。。。

でも、人間いつどうなるか判らない!!僕は全部観ておくぞ!

IMG_0379.jpg

この遺跡では定期的に遺跡を前にした伝統舞踊を見ながらの
ディナーショーがあるようだ。

雰囲気があってよさそうだなあ~~

続く。。。
関連記事
スポンサーサイト

| アンコールワット遺跡群 | 00:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・シェムリアップで伝統芸能の影絵(スバエク・トーイ)を鑑賞した!

シェムリアップでスバエク・トーイ
記事中の全ての画像はクリックすると拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

カンボジアシェムリアップのレストラン、バイヨンⅠで
ディナーを見ながら伝統芸能のスバエク・トーイ影絵芝居)が
鑑賞できるというので行ってみた。。。

ブレブレの写真で恐縮です!
ステージの前に陣取り、料理を注文して開演を待つ事に。。。

IMG_6354.jpg

とりあえずビールがやってきた。。。
タイガービールはともかく、左のバイヨンビールに興味津々。。。
世界遺産のバイヨンという名を冠したカンボジアオリジナルビール!!

ゴキュッ・ゴキュッ。。。

やや甘みのあるすっきりした味だ!飲みやすく何杯でもいけそう

IMG_6355.jpg

続いてサラダ。。。

これはカンボジアのサラダだったと思うのだが名前を忘れた
生野菜、大丈夫かなあ~~?と思いながらもムシャムシャ食べてしまう

僕だけの一人旅の場合はほとんど火の通ったものしか食べないが
何でも食べたい派の奥さんと一緒に行く場合は生野菜だろうが氷だろうが
カットフルーツだろうがお構いナシに食べまくる!!

アジア好きのおっさんと称しながらも、食事には実に神経質なのだ

IMG_6364.jpg

おっと~~、芝居が始まったぞ!!

芝居の内容は古代インドの叙事詩「ラーマーヤナ」を基に
した物で、セリフは全てクメール語!

予め配られる英語のストーリー解説書を読みながら芝居を観る

IMG_6362.jpg

人形劇は時に激しく、時にのんびりと展開していく。。。

ストーリーが良くわからなくても光に照らされてイキイキとした
動きを観ているだけでも楽しいと思う

IMG_6356.jpg

え~~と、これはガーリックたっぷりのエビと野菜の炒め物!
これもカンボジア料理だったと思うけど。。。
とにかく。。。エビがプリッとしていて非常においしい~~!

このバイヨンⅠというレストランはガイドブックによると。。。
味の良さ、料理の種類の多さでトップレベルのカンボジア料理店との事!

ふ~~む、なるほど他のテーブルを見回すと、JTBやHISなど
日系の旅行会社のツアー客が多い!しかも良い席をリザーブしている

個人旅行で来ている日本人は僕ら夫婦だけのようだ

IMG_6368.jpg

ちょっとトイレのついでに舞台裏を覗いてみた!

あれま~~!皆若い若い!!
高校生ぐらいの子達が人形を操っている!!

IMG_6375.jpg

それに写真には写っていないけど、楽器の演奏も同じぐらいの
歳の子達がやっている!!

表情は真剣そのものだ!

長い内戦の間、演じられる事もなく、さらに指導する
人々が内戦の犠牲となったために最近まで忘れ去られた
芸能だったらしい。。。

政情が安定してきたこの5~6年で政府も芸能の復興と
保存を考えるようになってきたとの事。。。

この芸能の未来もこの若い青年達に託されているのだなあ~~

IMG_6358.jpg

自分の席に戻って、運ばれてきたのがこのプラホック・クティ!!

カンボジア料理に欠かすことの出来ない大事な調味料で
日本の味噌のような役割を果たすプラホックに豚のひき肉を入れ
ココナッツミルクで合わせながら炒めた料理なのだが。。。

ギブアップ!!

くさやのような強烈な風味と塩辛さが二口目を許さなかった。。。
奥さんも野菜に付けて食べるなどしたが、ダメだった。。。

でもこれ、クセになる人にはたまらないおいしさなんだろうなあ~~。。。

納豆でもイカの塩辛でも平気な僕だが、このプラホックはダメだった。。。

IMG_6376.jpg

プラホックに完敗し、影絵も終了。。。
部屋に帰って明日巡る遺跡の予習でもしておこう!!

「終わりました」か。。。
ちょっと日本語の使い方が。。。
関連記事

| シェムリアップ | 00:02 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・アンコールワット遺跡・クリアンとプラサット・スゥル・プラット

象のテラスから見るプラサット・スゥル・プラット

写真は象のテラスから見るプラサット・スゥル・プラットの様子。

アンコール・トム内の遺跡と言えばバイヨンバプーオン、象のテラスだけを
見て帰る観光客が大半だが、あえてマイナーな遺跡もどんどん紹介したい。

たまらなく遺跡好きなので(笑)

IMG_9880.jpg

『綱渡りの塔』とも呼ばれており、王宮前広場に集まった観客の為に
綱渡りを見せたという話があるが真偽は不明。。。

12の塔があるのだが、実際は王に捧げられた宝物などを収納する儀式に
使われたと見られている。

とにかく訪れる観光客が少なくのんびり鑑賞できる。

IMG_9882.jpg

近づいてみると、損傷が激しく今にも倒壊しそうな感じ。。。

しっかし、暑い!!暑いっ!!
刺すような太陽の暑さとねっとりまとわりつく湿気。。。
アンコールの遺跡めぐりは体力勝負だ(笑)

外で働く地元の人々は朝早く起き、涼しいうちに仕事を片付ける。
で、11時ごろになると2時ごろまで日陰で身体を休めるのが
習慣らしい。。。

そりゃ、これだけ暑ければ当然だ。体がもたない!

日陰でゴロゴロしてる人、ハンモックで寝ている人を多く見た。
この時間に歩き回っているのは観光客だけだ(笑)

IMG_9891.jpg

とりあえず、記念撮影(笑)

一人旅だし、他に観光客もいないのでその辺の石の上に
カメラを置いて自動撮影する(笑)

手に持っているペットボトルの水には粉末のアクエリアスを溶かして入れている。
脱水症状を防ぐ為だが、大体一日の遺跡めぐりで3リットルは飲んでいる(笑)
飲むとすぐに汗になるような感じ。

初めて経験したが、これだけ水分を摂っても全然トイレに行きたくならない!
汗を出しすぎるとこうなるのだろうか??

IMG_9894.jpg

この遺跡は日本からのチームによって修繕、保存が進められているようだ。

日本らしい細やかな修繕方法に感動した。

IMG_9883.jpg

かわって、この遺跡はクリアンと呼ばれ、プラサット・スゥル・プラット
近くにあり、外国からの賓客の宿泊施設だったらしい。

この遺跡も損傷が激しい。。。

IMG_9884.jpg

中に入ってみると見るべきもの何もなく、ただ水牛に乗った閻魔大王の
彫刻が残るのみだ。。。

賓客用の宿泊施設なのに閻魔大王!?

IMG_9888.jpg

連子状の窓。。。

今でも外からうつくしい太陽の日差しが差し込んでいた。

IMG_9898.jpg

この遺跡のまわりでも牛の放牧が行われている。
この子供達は牛使いなのかな?何やら真剣に探し物をしているようだ。。。

世界遺産エリアにもかかわらずマイペースな地元の生活が垣間見られるのも
この遺跡群の特徴だな(笑)

続く。。。
関連記事

| アンコールワット遺跡群 | 01:21 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。