アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・パタン~ネワール文化を継承する美の都


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

カトマンドゥからタクシーで20分ぐらいで聖河バグマティの川向こうに
位置する古都パタンに到着する。

到着したのは夕暮れ時で夕日が茶色のレンガをさらに赤く染めて
ダルバール広場の街並みをさらに美しく印象付ける・・・

IMG_2154.jpg

ダルバール広場にあるパタン博物館の前では夕暮れのひと時を
仲間と過ごす人々がたくさん腰掛けていた・・・

IMG_2153_201410060045368bf.jpg

トピーと呼ばれるネパール男性の正装にかかせない帽子を被り
マフラーをして腰掛ける人々・・・絵になるねえ~~

そう、日中はぽかぽかと暖かいが夕暮れになると一気に気温が
下がり、空気が冷たく感じるのだ。

IMG_2150_20141006004537443.jpg

沐浴場では水を汲む女性の姿も見られた・・・

IMG_2155_20141006004524ac6.jpg

ここパタンカトマンドゥ盆地にマッラの3王国があった時代に
首都として栄え、ダルバール広場の王宮をはじめとする見事な
建築物がその名残を見せる。

この地区に住む人々の約8割が仏教徒なんだそうだ。

IMG_2161_20141006004712141.jpg

クリシュナ寺院の前にはクリシュナの化身であるヴィシュヌ神の
乗り物、鳥人ガルーダの像が空高く立っていた。

これでバクタブルカトマンドゥパタンと3つのダルバール広場
見てきたけど、その時の王が美しさを競っただけの事はあるなあ~
どの広場も美しい・・・

IMG_2151_201410060045240b1.jpg

明日はいよいよ帰国の途につくのだが、いやはや今回のネパール旅行は内容が
濃いものになったなあ~~・・・
二日連続の8時間を超えるトレッキング、その時に見たヒマラヤ山脈の美しい山並みと
そこから昇る初日の出・・・
湯たんぽで過ごした寒い夜・・・食中毒?で寝たきりになったカトマンドゥ・・・
世界一大きなストゥーパのボダナート・・・
僕の死生観が変わってしまったパシュパティナートの火葬の様子・・・

IMG_2165.jpg

この旅行後、トレッキングが趣味になり日本でもあちこち行くようになったし
ブータンでも何度かトレッキングを旅程に入れたりと旅行に『幅』ができたなあ~

近いうちにネパールに再訪したい!ポカラにも行きたいし、何と言っても
世界最高峰のエベレストがあるし・・・せめてせめて、その展望台と言われる
カラ・パタール4000mまでは行ってみたいなあ~~夢だなあ~・・・

IMG_2178_201410060047431d3.jpg

さ、ホテルに帰って荷造りしなきゃ!
それより、帰国までお腹がもつかなあ・・・
ほんと旅先での食事には気をつけないと!
これがこの旅一番の教訓だな!

さようならネパール
スポンサーサイト

| パタン | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・トンサ~トンサ・ゾンを目指して深い渓谷をトレッキング


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

車はブータンを東西に分断するブラック・マウンテンの東にあるトンサ
めざし標高2000mの山道を進む・・・

IMG_2318_20140908012054fba.jpg

やがて車はトンサに入り、トンサ地方の入口に控える行政府としての要塞
トンサ・ゾンを眺める展望台に到着した。

斜面から谷に向かって突き出した巨大な軍艦のようなシルエットは、数ある
ゾンの中でもひときわ勇壮で印象的な建物だ。

IMG_2327_20140908012057a55.jpg

今回そのトンサ・ゾンをこの展望台から深い渓谷を下り、伝統橋を渡って
再び渓谷を登ってトンサ・ゾンを目指す、約2時間のトレッキングに挑戦だ!

必要最低限の荷物だけを持って、ガイドのペマが先頭になりトレッキングスタート!

IMG_2330.jpg

で、そのペマがおいしいからとくれたのが、ひとかけらのヤクのチーズ。
チーズと言っても非常にかたく、歯で砕くには到底無理!
仕方がないので口の中で飴のように転がしてなめるしかない・・・

味はチーズのそれ。しかし、口の中で転がしてもなかなか溶けないのだ・・・



天候は良く、暑くも寒くもない絶好のトレッキング日和。
渓谷を伝統橋を目指して軽快に歩いて行く・・・

陽の光が眩しいくらいだが、谷底に向かうにつれ木々が生い茂り
だんだんと辺りが暗くなっていく・・・

この時期は大丈夫だが、夏になると山ビルが大量発生するらしく
トレッキングはNGになるらしい・・・

IMG_2332.jpg

足元を見ると山桃がたくさん落ちているぞ!

標高は2000mぐらいなので高山病の心配はなく、普通の呼吸で
歩いていける。4000mならこんなに軽快には歩けないだろう・・・

IMG_2335.jpg

一時間ぐらいかけて渓谷を下って行くと、川の流れる音がし始める・・・
そうここが伝統橋と言われる場所だ!

IMG_2340.jpg

橋にはたくさんのタルチョがはためき、幻想的な風景を醸し出していた。

実はこのトレッキングルートはかつてブータン東西を結ぶ歴史的な街道として
使われていたのだ。で、この橋は2007年に新しく再建されたものだ。

IMG_2337.jpg

谷底を流れる川は青く美しく、程よくトレッキングで熱くなった身体を
冷たい風が癒してくれる・・・

しばらくここでゆっくりしたいのだが、ガイドのペマは先の旅程を気にしてか
さっさと先を歩いて行く・・・仕方がないな~~・・・

IMG_2343.jpg

オーストリアの協力を得て橋が再建されたようだ。

IMG_2333.jpg

橋の全景。

伝統的なブータン様式の橋なのだろう。
ブータンらしい絵になる橋だな。

さて、これからの道のりは渓谷を登って行く事になるのだが
大丈夫かな?

IMG_2347.jpg

ペマは軽快に登って行く・・・
僕はと言えば、未だ少ししか溶けていない堅いままのチーズが口の中に
あって、これを噛み砕こうと苦戦中・・・

しかも、かなりの勾配で息がだんだんとあがっていくのだった・・・
情けないなあ~~、中年なんだなあ~~、足が弱ってるなあ~~

IMG_2348.jpg

そんな僕の目を楽しませてくれた蝶の一種。

そういえば、ブータンには世界的にも珍しい蝶がいるそうだ。
ブータンシボリアゲハという蝶で幻の蝶らしい・・・
まだまだ、ブータンには知られていない動植物がたくさんありそうだな!

IMG_2350.jpg

時々、休憩を挟みながら渓谷を登って行く。
その度に眺める景色が非常に美しい・・・

青い空に棚田が続く。この光景はネパールでもたくさん見たなあ~

IMG_2361.jpg

トレッキング開始から約2時間でトンサ・ゾンに到着・・・
到着と同時に口の中のチーズがほろりと欠けた・・・

トレッキング無事に終了!!

関連記事

| トンサ | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・スワヤンブナート~ネパール最古の仏教寺院


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

カトマンドゥの西に緑に囲まれた丘の頂上に白いストゥーパ
見える
ネパール最古の仏教寺院であるスワヤンブナートだ。

頂上にあるその寺院を訪ねるべく長い階段を登っていく

IMG_2132.jpg

俗にモンキーテンプルと呼ばれるぐらいに、この階段を含め
丘全体にサルがたくさんおり、時々メガネをかっぱらう等、
トラブルを起こすらしく出来るだけ彼らと目を合わさずに歩く

IMG_2129_2014072122065521e.jpg

頂上に着くとすぐに目に飛び込んでくる白いストゥーパ
この眼の模様・・・ネパールに来て見たかった風景の一つだ・・・

IMG_2145_20140721221028909.jpg

このストゥーパを時計回りに歩く。右回りに歩くと言うのは
原始仏教以来の作法との事だ

ネパール人の女性がマニ車を回す・・・
僕も同じくマニ車をグルグルと回す・・・

IMG_2139.jpg

古い寺院だけあって境内にはいろんな建物がある。
インド様式の仏塔や大日如来の像などが点在する。

ちょっとした土産物屋もあって宗教画であるタンカ
マニ車のミニチュアとか売られている。

IMG_2140_20140721220932aeb.jpg

仏教一色かと思っているとヒンドゥーの神様もいたりして
ネパールの宗教的な多面性を伺う事ができたりもする。

IMG_2127_201407212207386bf.jpg

このストゥーパの側面に密教の本尊である大日如来が安置されている。
日本でも有名な大日如来はスワヤンブナートの開基に深いかかわりが
あると言う・・・

それは伝説としてこう語継がれている・・・

「太古の昔、カトマンズは大きな湖であった。ある時、その湖に
浮かぶ島に咲く蓮華から、大日如来が姿を現した。
それを知った文殊菩薩が、中国からインドへ向かう途中
この湖に立ち寄ると、湖に住む大蛇が悪行を働いて、
民衆を苦しめていた。文殊菩薩は、大蛇に立ち向かい、
利剣で山を切り開いて、湖とともに大蛇を消し去った。
文殊菩薩は、丘として残った島にストゥーパを建立し、大日如来を
奉った。その湖の跡地が、現在のカトマンズになったという・・・」

以下のサイトより引用
スワヤンブナート
http://www1.plala.or.jp/naopy/nepal/k_sw.htm


IMG_2126_20140721220655d7a.jpg

スワヤンブナートからカトマンドゥの街を眺める・・・
え~~っ!このカトマンドゥ盆地が湖だったとは!

IMG_2135_20140721220922d74.jpg

近年の地質学の研究によりかつてカトマンドゥ盆地が
湖であった事が判明したらしい!!

伝説は事実を含むものなんだなあ~~
しかも伝説通りならまさしく最古の寺院なわけだ!

IMG_2137_2014072122092226e.jpg

これは無明を打ち砕く雷。金剛杵(こんごうしょ)と呼ばれる密教の
法具だ。日本でも密教の仏像なんかが手に持ってるなあ~

何だか巨大なパワーが得られそうだ!触っておこうっと!

IMG_2142_20140721220929269.jpg

ん~~、なんだかお腹の調子も復活してきたような??

せっかくだからもっと肝心な時にパワーを発揮してほしいなあ~
もったいない・・・

続く・・・

関連記事

| カトマンドゥ | 00:00 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。