アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・ティンプーからプナカへ~3150mのドチュ・ラ峠を越える

ブータン
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ブータンの首都ティンプーからプナカに向けて出発
高山病でちょっとしんどかった昨日に比べると完全に高度順応したのか
すこぶる調子がいい!

プナカまでは約3時間30分の道のりだが、大丈夫だろう!

車はティンプーを出て40分程でブータンに帰化したチベット人が
多く住むホンツォに到着。

ここで写真の検問所でビザとか旅程表を見せて通行許可を
もらわないといけない!

IMG_1993.jpg

ガイドのペマが検問所で手続きをしてくれている。
リンゴやチーズを売る屋台がたくさん目に付いた

外国人観光客が勝手にウロウロと旅行ができないブータンでは
厳しく観光客の行動が制限されており、国内にこのような検問所が
多数あるのだ!

IMG_2028.jpg

ホンツォの検問所から20分ぐらいで標高3150mの
ドチュ・ラ峠に到着。

かつては大きな仏塔がぽつんと建つ、物寂しい場所だったらしいが
2004年に108基の仏塔が新設されて公園のように整備されている

IMG_1997_20130520022942.jpg

ここでトイレ休憩を兼ねて、観光なのだがとにかく標高が
3150mの場所なので急に動いたり走ったりという動作は
慎まなくてはならない。しかも呼吸は大きくゆっくりと!
でないと、クラクラッとめまいを覚える

おお!遠くにヒマラヤの山々がきれいだぞ!

IMG_1996.jpg

ズ~~~ム!

今日はたまたま晴れているが、ガスっている時も多く
なかなかきれいなヒマラヤが見られないとの事!
ラッキーだなあ

ブータン最高峰のガンカ・プンスム(7570m)も見られる!

なんだか足が重い感じがするぞ!!
車の中ではじっと座っているだけなのでよく判らないが
歩いたりして酸素が多めに必要になると空気が薄いのが
よくわかる!



そんな公園の様子を動画でどうぞ!

IMG_2000.jpg

ガスで覆われる峠のようすもロマンティックでいいものらしい

ドチュ・ラのラは『峠』を意味しており、今回の旅行では
いろんな『峠』を越えながら町を移動する大変ハードな旅行だ!

IMG_2005.jpg

3360mのぺレ・ラ、3400mのヨトン・ラ等の峠を
越えていくのだ~!

観光客の中にはこのハードな移動で車酔いに悩まされ、途中で
旅行をキャンセルする人もいるとか!

IMG_2014.jpg

108基の仏塔の隣の小高い丘にたくさんのタルチョルンタ)が
はためいていた。。。

繰り返し経文を印刷した薄手の色とりどりの布であるが
風ではためく度に経文を読んだのと同じ効果があるらしい。。。



タルチョのはためく様子を動画でどうぞ。。。

通り過ぎる風とタルチョのバタバタとはためく音しかしない、
幻想的な雰囲気だった。。。

続く。。。
関連記事
スポンサーサイト

| プナカ | 00:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・ティンプー~翌朝、もう少し街をウロウロしてみた

ブータンの首都ティンプー
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

室内のオイルヒーターのおかげで寒さを感じる事無く熟睡!
2500mの高地にあるティンプーだが、昨日の車酔いに
似た症状もマシになり(おそらく軽い高山病)、プナカ
移動日を元気に過ごせそうだ!

とりあえず、ティンプーでお土産をある程度購入しておく事に。
朝のティンプーの街に飛び出したのだった。。。

IMG_1975.jpg

朝からこの国一番の賑やかな所と言っても過言ではない
交差点ではお巡りさんが車を丁寧にさばいている

首都であっても、なんともノンビリした雰囲気だなあ~

IMG_1976_20130324235428.jpg

道端では野良犬?飼犬?どちらか判らないが、朝日を浴びて
ロリとおくつろぎのご様子。。。

温かそうな雰囲気が写真から伝わってくるようだけれど、実際は
5℃もないような非常に寒い朝だった

IMG_1987.jpg

本当に皆、民族衣装を着て街を歩いているのにビックリ!
男性は半数以上がを着ているのだった。。。

写真はないけれど、女性はキラと呼ばれる民族衣装を着ているんだなあ~

IMG_1985.jpg

民族衣装を着ながら携帯電話をする人を発見!
携帯電話の普及率は非常に高いようだ。。。
プリペイド方式の携帯電話だった。。。

中にはiphoneを持っている人もいたものなあ~

特に若者の間では日本と同じように携帯電話がコミュニケーションの
ツールとして活躍しているようだ。

IMG_1979.jpg

で、今回のお土産としては。。。

まずは『切手』!
ブータンは切手マニアには有名で非常に珍しい切手が多い事で
知られるようだ!

特に有名なのはCDの形をした切手で、国王夫妻の写真が
プリントされている物なのだ~

やってきたのは郵便局のある建物。
ブータン国立銀行と同じ建物内にある。

IMG_1980.jpg

はい、これが入口。
左が銀行で右が郵便局となっている。。。

IMG_1982.jpg

建物にあった看板には、『あなたのオリジナル切手はいかが?』と
ブータン美人?がアピールしているぞ
なるほどねえ~、これは上手い商売だなあ~
最近、日本にもありますよね?オリジナル切手が?
そしてもれなく国王夫妻もプリントされるようだ
観光収入獲得に国王も惜しみなく登場だ!

IMG_1983.jpg

中は朝にもかかわらず、観光客(日本人のご年配が多い)が多く
必死でお気に入りの切手を探している。。。

で、これが結構高い事が判明!

人気の国王夫妻の切手は1シート平均で6千円から高いものは
1万円以上するのだ~~!

余りに人が多いのでガイドのペマにどこか他にないの?と聞くと
なんと、向かいの土産物屋にも売っているとの事なので、そちらに
向かい、郵便局と同じ値段でCDタイプの国王切手をゲット!!

写真はまたお土産特集でもやって紹介したいなあ~

IMG_1986_20130324235744.jpg
写真は街を飛び回るハトの群れ!

切手とブータンTシャツを購入したことだし、一路プナカ
向けて出発だ~~!!

プナカに行くにはティンプーから標高3150mのドチュ・ラ峠を
越えて、標高1350mのプナカまで一気に降りて行かなければ
ならない。クネクネの山道を3時間かけて行くのだ~

今回のブータン旅行は3000m級の峠を3回越えながらいろんな街を
訪れ、最終的にその峠をもう一度越えてパロに戻るという大変にハードな
旅程だ。。。

観光客によってはそのハードな旅程と車酔い、高山病で途中リタイヤする
人もいるという。。。

しかも訪れる街の郊外の山や寺院を目指して最高で3800m(富士山以上!)の
トレッキングを毎日予定している。。。大丈夫か?俺。。。

続く。。。
関連記事

| ティンプー | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。