アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タイ・バンコク郊外のダムヌン・サドゥアク水上マーケット①


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

バンコクから南西に約80km。ラーマ4世時代の1868年に
造られたダムヌン・サドゥアクの運河に・・・

IMG_1020_20140209231004490.jpg

伝統的な文化の保護と観光誘致のために政府が開発したのが
これから向かうダムヌン・サドゥアク水上マーケット



水上マーケットへ向かう小船から運河の様子を撮影しました!

IMG_1015_20140209230937102.jpg

運河の両端にはローカルの住居が並んでいて、生活排水も
恐らく糞尿も垂れ流しだと思われ、時折船内に飛び込んで来る
しぶきが口に入らないように口を一文字に閉めて船に乗る

IMG_1016_201402092309505fa.jpg

ほんと船内からは人々の生活の様子が丸見えなのだが
当の本人達は慣れてます!という感じでこちらに視線も
向けずに普段通りの生活を淡々としている感じがする・・・

IMG_9422.jpg

雑貨店等もあって、この地域の人々の足が小船である事が
伺えるなあ~~

IMG_9428_20140209231133613.jpg
IMG_9433_20140209231218e05.jpg

小船は軽快なエンジン音とともに運河を進んでいく・・・
ほんといろんな人々の生活を覗き見ながら・・・

逆にこちらが目が合いそうになると恥ずかしくて目を
背けたくなる感じなのだ

小さな子供が多いけど、こんな運河の近くで危なく
ないのかなあ~~・・・

IMG_9430_2014020923114913c.jpg

どうしても水上生活者と言うと貧しい印象が拭えない・・・

メコン川下流のベトナムの水上生活者やカンボジアの
トンレサップ湖水上生活者を見てきただけに・・・

IMG_9432.jpg

立派な家々ときれいに咲くランの花やブーゲンビレアの
鉢植えを見て、彼らの心の豊かさが伺える。
実際の経済状態はどうなのか判らないが少なくとも僕の
イメージする水上生活者ではなさそうだなあ~

IMG_1026_20140209231017cc0.jpg

小船がスピードを極端に落としたな~と思っていたら
運河に小船がたくさん溢れてきた。

どうやらマーケットに近づいたようだ・・・
おいしそうないい香りもするよ!!

続く・・・
関連記事
スポンサーサイト

| バンコク | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベトナム・ミトー~メコン川クルーズで中洲の島へ!①

ベトナムのミトー
記事中の全ての画像はクリックすると拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ホーチミン市から国道1号線を南西に行く事2時間で
メコンデルタの入口の町、ミトーに到着!

これからモーター付きの木造船に乗り込み、メコン川
渡り、対岸のベンチェー省に行くのだ!

観光客を待つ観光船がぎっしり

IMG_9457.jpg

青い空に心地良い風。。。
う~~ん!気持ちいいなあ~~

IMG_9460.jpg

船はおもむろに出発。。。

岸の様子などを見つつ、メコン川を渡る。。。

IMG_9463.jpg

写真の右上に集落が写っているけど、それは水上生活者の
フローティングハウスなのだ。。。

メコン川流域、カンボジアトンレサップ湖からベトナム
メコンデルタまではベトナム人の水上生活者達が多く住む。。。

トンレサップ湖ではほとんどがベトナム人だったなあ~。。。

この写真の船も水上生活者の物だろう。。。

トンレサップ湖の水上生活者達は貧困を理由に水上の生活を
余儀なくされている感じだったけど、ここ、メコンデルタの
水上生活者にはそういう貧困の雰囲気がしない。
実際の仕事が川に関係する事が多く、都合がいいから住んで
いるだけのように見える。。。

実際の所はわからないけれど。。。

IMG_9464.jpg

こんな観光船がメコン川を行ったり来たりして、観光客を運んでいる。。。

IMG_9465.jpg

最近できた、ミトーベンチェーを結ぶ巨大な橋。

ここまで来るとメコン川の流れもとてもゆったりだなあ~。。。
川幅も恐ろしく広い!!

中国の雲南省からミャンマーラオスタイカンボジアベトナムへと
流れる国際河川のメコン川。。。

東南アジア、特にインドシナ半島をめぐる旅というのは
メコン川をめぐる旅になるのだ

IMG_9467.jpg

観光船は対岸のベンチェーに到着。

少し歩いてハチミツ農園の見学へ。。。

そして、ミツバチがびっしりくっついた板を
渡され、『ハ~~イ、笑ってくださ~い!』と
農園のお姉さん。。。怖いんですけど。。。

これ、落としたらえらい事になるだろうな~~

右端に写っている彼も一人旅でホーチミンにやってきて
何やらあるベトナム企業の株式を買いに来たと言ってたな~
買い方が判らないので直接来たとか。。。凄いパワーだ
その後、儲かったかは知らないけれど。。。

IMG_9468.jpg

お次はスネークファーム。。。

毒はないけれど、そこそこ大きいニシキヘビを首に巻いて。。。
キャーキャー言いながらでも写真は撮りたいようです
絶対、ヘビの方が怖がっていると思う。。。

IMG_9470_20120902193238.jpg

じゃ~~~ん!

以前にも紹介したけど、ここベンチェーで発見したんです!

HONDAのパクリバイク!

ジャパニーズスタンダードのHONGDA!
なんて読むのかな~??Gは読まないでホンダなんでしょうか?
恐らく中国製だと思われる。。。

IMG_9473.jpg

素晴らしい歌声を聞きながらフルーツを食べ、しばし休憩。。。

これから手漕ぎボートに乗ってニッパヤシのジャングルを
クルーズするのだ!

続く。。。
関連記事

| ミトー | 00:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラオス・パークベンからフアイサーイへメコン川をスローボートで遡る①

ラオス・パークベンからスローボートに乗る
記事中の全ての画像はクリックすると拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

朝の8時発のフアイサーイ行きのスローボートに乗り込む

本当はメコン川をビュンビュンぶっ飛ばすスピードボートに乗って
本日中にフアイサーイからタイへ入国したかったのだが、生憎僕以外に
乗り手がなく、チャーターすると100ドル以上するのでやめた(笑)

IMG_0996.jpg

スローボートの様子。。。

縦に長~い船内には木の椅子が並んでいるだけ。。。

乗客は現地の人々やカナダやフィンランドからの観光客が
たくさん乗っていた

僕もそうしたように観光客は皆、8~9時間の船旅を覚悟して
予めビスケットやミネラルウォーターなどを調達。。。

今日は一日、ボーっとメコン川を眺めて過ごそう。。。

IMG_0994_20111023235417.jpg

荷物は前方にまとめて置かれる。
他の観光客もバックパッカーばかり。。。
ここではスーツケースは似合わない。。。

船が動き出してわかったが、凄く寒い!
あわててウインドブレーカーを引っ張り出して
フードまで被る羽目に。。。

IMG_0997.jpg

ルアンパバーンからノーンキヤウまで遡ったナムウー川よりも
断然広くて深そうなメコン川。。。

中国、ミャンマーラオスタイカンボジアベトナム
インドシナ半島の国々を流れる国際河川。。。
アジア好きの僕にとっては今までも、そしてこれからもずっと
長い付き合いになるんだろうなあ~。。。

IMG_0999.jpg

所々に民家が見られる。。。

IMG_1009.jpg

ほんとうに簡素な家が多い。。。
朝晩はけっこう冷えると思うのだけど。。。

IMG_1007.jpg

焼畑の準備だろうか?急な斜面に人がたくさんいた。。。

IMG_1015.jpg

この人達はメコン川名物?の川ノリを採っているようだ。
川ノリは乾燥させた物を僕も食べたが、そのまま食べても
味があまりしないので辛いコチジャンのような物を付けて
食べたなあ~。。。ノリというよりは「藻」のような香り

IMG_1013.jpg

これは漁船かな?

この乗っているスローボート。船頭さん一家はこの船の
後ろ部分で生活している。洗濯物とかその辺に干してある。
そもそもこの船の持ち主なのかそれとも別にオーナーがいて
借りているのかわからないが、彼らはボートの中で生活し人や
荷物を運んで生計を立てているようだ。。。

当然、トイレも観光客と共用。勢い良くトイレのドアを開けたら
船頭さんの子供が用を足していた事も。。。
ごめんね!(笑)

メコン川にはこういういわゆる水上生活者が多く、カンボジアにある
メコン川の一部でもあるトンレサップ湖ベトナムのメコン川の下流の
ミトーなどでもたくさん見た。

日本でも仕事場が自分の家!なんて人も結構いるし、それがたまたま
水上なだけと考えれば、さほど不思議な感じはしないなあ~。。。

いろんな事を考えながらボートはゆっくりと進んでいく。。。

続く。。。


関連記事

| パークベン | 00:07 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。