アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インドネシア・バリ島のホテル~デンパサールのインナ・バリ

バリ島のホテル~インナ・バリ
記事中の全ての画像はクリックすると拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

僕が雑貨の買い付けでバリ島を訪れる時は、今でこそ
サヌールとウブドを拠点にしているが、以前はサヌール
替わりにデンパサールを拠点にしていた時がある。。。

何回滞在しただろうか?インナ・バリの紹介です。

IMG_7898.jpg

1927年にバリ島最初のホテルとして誕生した老舗。
当時の「バリ・ホテル」という名前は1930年代の
バリを描いた書物には必ず登場していた。。。

古き良きコロニアルスタイルで、今も往時を偲ぶ事が
できる落ち着いた雰囲気のホテル。

中庭を囲むように部屋が並んでいる。。。

IMG_7896.jpg

ホテルのエントランス。

宿泊客のほとんどはビジネス利用のインドネシア人や
修学旅行?でやって来た小学生の団体などが多くて
外国人観光客は皆無に近い

IMG_8064.jpg

部屋の様子だけどそんなに広くはない。。。
備え付けのタンスやテレビなんかはある。

いつだったか、小学生の団体が10室ぐらい確保して
一部屋に15人から20人ぐらいで利用していたのを
目撃した事があったけど、どんな風にして寝ていたのだろう?

部屋はあんまり広くないので、床はもちろん洗面所でも
転がって寝ていたんだろうなあ~。。。

IMG_7901.jpg

長いホテルの歴史の中でリノベーションが繰り返されて
きたのだろうが、水周りは可も無く不可もなく。。。

ただ、「おっさんinバブルバス」をしよう!という気にはなれない

IMG_7897.jpg

ちゃんとパブリックのプールもある。
遊んでいるのはインドネシアの子供達。

デンパサールにはそもそも観光地と呼べる所はなくて
インドネシア、バリ州の州都として栄えているので
ビジネス中心の滞在になるのは仕方がないのだなあ。

IMG_8062.jpg

良く手入れされた庭が美しい。

もう歳だし(笑)クタレギャンのホテルのように騒々しいのは
いただけない!バリの歴史を感じながらゆっくりと落ち着いて
滞在出来るのが魅力。スタッフの対応もなかなかいい。

一泊、4000円ほど。

IMG_7892.jpg

このホテルの注目は何と言っても同じ敷地内にある
アマンダという足ツボマッサージサロン!!

利用客はいつ行っても地元のおっちゃんばかり
でもでも、ここのスタッフの技術は素晴らしい!

痛くて絶叫するほどの力で足裏を押しまくられるので
僕はいつもウ~~~ッと呻きながらクッションを抱いて
我慢している

そして、僕が痛がるとその箇所から。。。
「あなた、肺が悪い」だの「頭が悪い」だの助言?してくれる
頭って。。。脳梗塞の恐れがあると言うことか?それともボケが始まってる!?
怖いこと言うねえ~~。。。

足裏が終わると肩や背中をグイグイ押してくれるのだが
これが気持ちいいのなんの!

いわゆるツボをしっかりと押してくれるのでスッキリ感が
観光地のマッサージ店とは全然違う!
いちどお試しあれ~~!

以下、おまけ。。。

IMG_7889.jpg

デンパサールアートセンター(上の写真)近くの花屋さんで。。。

IMG_7886.jpg

こんな物を見つけた。。。

なんじゃこれは!?

サンスベリアにアニメキャラのプリントが。。。

これは誰をターゲットに商売しているんだろう?
そしてどんな人が買っていくのだろう?

深いなあ~~。。。
関連記事
スポンサーサイト

| バリ島のホテル | 00:21 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インドネシア・バリ島・デンパサールのジャガッナタ寺院とバリ博物館

バリ島・ジャガッナタ寺院
記事中の全ての画像はクリックすると拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

インドネシアはバリ島デンパサールにあるジャガッナタ寺院。。。
バリ・ヒンドゥー教の最高神サンヒャン・ウィディが祀られている。
ジャガッとは「宇宙・世界」を意味する言葉で、境内中央には宇宙を
シンボライズした石灰岩の塔が建てられている。

IMG_7869.jpg

はい!これが宇宙をシンボライズした石灰岩の塔。。。

そもそも寺院には短パンで入場できないので写真の
ような腰巻を付けなければならない。。。

それにしても、腰巻に婦人用の派手な傘、片手に
ペットボトルという何ともごちゃごちゃした装備の僕(笑)

IMG_7872.jpg

塔の周りには睡蓮で埋め尽くされた池(堀)がある。
神々の宿る島「バリ島」らしい雰囲気のある寺院だなあ~。

IMG_7876.jpg

塔を囲む壁には美しいレリーフが。。。

この寺院、原則として境内に入る事は出来ないが
門が開いているときは入場できる。ただし、観光客を
カモに法外なチップを要求してくる輩がいるので
やたら積極的に入場をすすめてくる時は要注意だ!

IMG_7883.jpg

所変わって、バリ博物館へ。。。
ジャガッナタ寺院の隣にある博物館で1932年にオープンした
バリを代表する博物館だ。

IMG_7879.jpg

5000ルピア(50円)を払って中に入ると。。。
はい、東南アジアどこでも同じだよ並べているだけの
博物館(笑)しかもガラスケースも曇っているし
埃があちこちに。。。歴史的に貴重な品々が陳列されているが
こういう体質というか傾向は東南アジアの博物館に共通だ(苦笑)

IMG_7881.jpg

石器時代の発掘品、オランダとの戦争で使用された武器、
バリの伝統工芸品などが並べられている。。。

この人形はワヤン・クリッと呼ばれる影芝居に用いる人形。。。
まだ、見た事がないなあ~~。。。

IMG_7884.jpg

これはグリンシンと呼ばれる世界的に珍しく貴重な絣。
縦糸も横糸も染めて織るのだが、糸染めは3ヶ月に1度!
1枚の布を織るのに必要な糸染めに何ヶ月もかかり、完成までに
数年かかる物もあるのだ。。。
現在でも大変高価な価格で売られている。

以下、おまけ。。。

IMG_8269.jpg

この絵はウブドにあるネカ美術館に展示されている僕の大好きな
「アビマニュの死」というカマサン・スタイルの代表作です。

今や世界的に有名になったバリ島の絵ですが、ヤングアーティストスタイルや
ブンゴセカン・スタイルなど様々なスタイルがありますが僕はこの古典的な
カマサン・スタイルが大好きです。クルンクン近くにあるカマサン村で質の良い
絵が購入できますよ!

ほぷほぷさ~~ん!これですよ!これ!僕の好きな絵は!

それと。。。

IMG_8276.jpg

バリ島の絵の中でも人気の高いこの「惹かれあう心」。。。

いいなあ~~。。。
関連記事

| バリ島・デンパサール | 01:39 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バリ島のホテル・サヌールのガンサ

ガンサの様子

クタレギャンの喧騒はもう嫌だ!
若くないし、賑やか過ぎる所はもういい!と言う
バリ島リピーターの皆さんが滞在する場所のひとつサヌールエリア。

サヌールはビーチもあって、街はそこそこ賑やか。
空港にも近く、ウブド等のギャニャール周辺へのアクセスも便利な場所。

そのサヌールのはずれ、バイパスに程近い場所にあるヴィラが
ガンサ』。

ここではプライベートの写真はあまり撮らなかったので
たくさん紹介できませんが、悪しからず。。。

ガンサの様子2

写真は2階建ての3ベッドルームのヴィラ。
大きなプライベートプールのそばには広いリビングと。。。

ガンサのダイニング

ダイニングキッチンが続いている。

そして。。。

デイベッド

広々としたデイベッド!
デイベッドって意外に使わないですよね?(笑)
アリとか虫が多かったりして(笑)

目に付いたインテリアは。。。

大きな甕

大きな甕と。。。

アジアン家具

鍵つきの大きなアンティーク調のアジアン家具。。。

今までの写真でお気づきでしょうが、全て布が掛かってますよね?
そうなんです、我がアジアン雑貨ショップのイメージ写真を宿泊ついでに
撮っていたのです(笑)

その替わりプライベート写真はほとんどなくて。。。
気分は仕事でした(笑)

イメージ写真

ほら、こんな感じのイメージ写真(笑)

いい感じでしょ?(笑)

この滞在中、ちょうどバリ島で2回目のテロが発生。
ジンバランクタスクエアで観光客が多数亡くなりました。

日本の家族が心配しないよう、すぐに電話をしたのは言うまでもありません。

2009年、ようやくテロの影響で落ち込んでいた観光が
テロ前の状態に戻ったと思ったら、邦人女性殺害の事件が続き、
2010年10月にはJALがデンパサールへの就航を停止します。

残念でなりません。。。

↓↓ いつもご覧頂きありがとうございます!ぽちっと! ↓↓
関連記事

| バリ島のホテル | 22:12 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。