アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラオス・シーパンドーン~メコン川に浮かぶデッド島&コーン島⑨


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ラオスシーパンドーンコーン島デッド島・・・

ここにはラオス初の鉄道跡を見る事ができる。
写真のように当時の機関車が展示され、当時の様子を写真で
紹介している

機関車は錆びて所々穴があいてしまい、保存状態は良くない・・・
熱帯の高温多湿の環境では仕方がないかなあ~~

IMG_3273.jpg

1893年、コーンの滝に阻まれて船の航行がままならない事を悟った
フランスの植民地政府は、コーン島に線路を敷設し、鉄道車両に船を
載せて陸上を移動させた・・・

IMG_3279.jpg

図のようにカンボジアからの物資をラオスに運ぶ為に、船が点在する「Water fall」に
行く手を阻まれる様子が良くわかる・・・

IMG_3277.jpg

当時、インドシナ半島の大部分をフランスが植民地化し、写真のような船を
使ってさまざまな物資を運んだのだ・・・
巨大で流れの速いこの辺りのメコン川はまさに難所であったのだ・・・

IMG_3276.jpg

1910年にはデッド島との間に鉄道橋が完成し、蒸気機関車も導入。
それら当時の機関車の残骸、積み出し埠頭の跡が残されている。

IMG_3272.jpg

現在では線路は無くなり、ここに鉄道があった事など想像も付かないが
人家の垣根などにひっそりと再利用されてたりする。

IMG_3287.jpg

鉄道に関する資料を見て、この地域の歴史に触れた僕は
少しコーン島を自転車でウロウロしてみた。

セカンダリースクール?って高校の事だよな?
こんな人口の少ない、船でしか来れない辺鄙な田舎に高校?

IMG_3288.jpg

校舎を覗いてみたが誰もいないし、敷地は草で覆われ、使われている
様子はなさそうなんだけれど??

IMG_3286.jpg

逞しいなあ~~~、大量に積まれたヤシの葉の上で少女が
斧を片手に作業をしている。ヤシの葉はギザギザしているし
鋭い棘もあるので大変だろうに!

IMG_3291.jpg

水牛の上に乗って作業をする子供達。

水牛と子供達が一緒に遊んだり、作業をする姿は滞在中よく見たなあ~
耕運機など無いこの島では水牛は貴重な存在。財産だろうし、大事に
されているのが良くわかる。

IMG_3292.jpg

こんな子供たちが日本の都会を見るとどんな感想を持つのだろう・・・

と、いつも思ってしまうのだった・・・

関連記事
スポンサーサイト

| シーパンドーン | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラオス・シーパンドーン~メコン川に浮かぶデッド島&コーン島⑦


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ソム・パミットの滝(リーピーの滝)の観光を終え、再び炎天下の中を
休憩を繰り返しながら、ホテルに無事に戻ってきた・・・

正直、めちゃくちゃ疲れてしまい、ベッドで寝ずに冷たい床に倒れこむように
寝てしまった・・・

床の冷たさが心地よくて、火照った体が癒されていく・・・

ふと起きるとちょうど夕日の時間になっていた。
毎日こんな美しい夕日を見られるなんて、なんて幸せなんだろう!

IMG_3208.jpg

夕食は近所のレストランで、塩コショウ風味が美味しいスープヌードルと・・・

IMG_3209.jpg

豚肉とインゲンの炒め物!それにカオニャオ!
カオニャオは食べごたえ満点!噛めば噛むほどに味が出てくる。
炒め物との相性はバッチリだ!

汗をびっしょりと掻いた一日だったのでスープヌードルの塩のしょっぱさが
体中に染みわたる!あ~~最高!

相当、腹が減っていたようで一気に食べてしまった。

IMG_3216.jpg

翌朝、昨日の反省からちゃんとレンタルサイクルを用意。

コーン島の端からボートでカンボジア領に渡り、川イルカを見に行こうと思う。
さて、会えるかな?川イルカ・・・

IMG_3219.jpg

昨日と同じ道ではつまらないので、今日は違う道からコーン島を目指す。
違う道と言ってもそんなに選択肢があるわけでもなく、しばらく進むと
結局、昨日歩いた道に通じたりするのだが・・・

こんな舗装もされていない道を自転車は進む・・・

IMG_3217.jpg

本当にのどかだ・・・
家畜の豚が寝転がり、鶏がヒナと一緒にウロウロ・・・

聞こえるのはヒナの鳴く声とメコン川の流れだけ・・・

近年、観光客がどんどん押し寄せる島になったが、
それでものどかさは相変わらずなんだろうなあ~

IMG_3226.jpg

デッド島からコーン島に渡った所に小さな寺院があることは昨日から
わかっていたが、あまりにも歩き疲れていたので見学する気も起らず
かと言って見ておきたいなあ~とも思っていたので今日は体力的にも
余裕があるし、立ち寄ってみる・・・・

IMG_3228.jpg

ルアンパバーンの寺院にあるような緻密で美しい絵ではないが
かえってほっこりと親近感が湧くから不思議であるなあ~

IMG_3227.jpg

本堂では年配の僧侶の周りで小さな女の子たちがお祈りしていた・・・
僕に気付くと恥ずかしそうに手を振ってくれる・・・可愛いなあ~

お寺は子供にとってもコミュニケーションの場でもあるのだなあ~

可愛い猫もたくさんいて、人と仲良く共存しているのも微笑ましい。
こういう、ゆっくりとした時間の流れの中で身を置くというのは
僕にとっては癒しであり、旅の目的にもなっている。

日本の生活というのは世界的に見ても時間にタイト!
だからこそ、世界に認められる訳でもあるが、「本来」の時間の流れを
こうやって時々、自分の身体に教えてやると、メリハリの必要性を
再確認させてくれる。貴重な旅の効能なのだ。

IMG_3229.jpg

寺院を後にして軽快に自転車を漕ぐ!
時々吹きつける風が非常に気持ちいい!

おお!ドルフィンウォッチできる場所までもう少しのようだ・・・

では、一時的にカンボジアに入国?するぞ!

続く・・・



関連記事

| シーパンドーン | 00:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラオス・シーパンドーン~メコン川に浮かぶデッド島&コーン島⑤


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

リーピーの滝を目指し、相変わらず熱帯特有のギラギラと輝く太陽の
熱くて刺すような光のシャワーを浴びながらてくてくと歩く

なんでレンタサイクルを借りなかったんだろう・・・とかなり後悔しながらの
散策である

で、やっとデッド島コーン島を結ぶ橋まで辿りついたのである・・・

IMG_3122.jpg

デッド島コーン島メコン川の中央付近に存在するため、川はいくつもの
流れに分断され、この橋の下を流れる川もそんな分断されたメコン川の流れの
ほんの一本に過ぎない・・・

だが、その水量、流れの早さは豪快で見ていると怖くなるぐらいだ・・・

昔、この橋の上を鉄道が走っていたそうだが、物資を運ぶために敷設事業に
燃えたフランス人の根性もなかなかのものだなあ~

IMG_3125_201408030421590d0.jpg

おおおおおっ!レストランがあるではないかっ!

もう、ダメだ~~~っ!休憩する~~~

きれいなレストランではないが、そんな事はど~でもいい!
とにかく身体を休めないと熱中症の危険がっ!!

嬉しい事にハンモックがあるではないか!少し横になろう!
うん、絶対にその方がいい!柱に付いた扇風機をこちらに
向けて身体を冷やす・・・あ~~っ、助かった・・・

冷たい良く冷えたスプライトが身体中に心地良く染み渡る・・・
ハンモックに横になり体重を預けると、メコン川の流れの音に
包まれながら、すぐに寝てしまった

IMG_3128.jpg

1時間ぐらい眠っただろうか?
身体中にパワーが蘇り、中断した散策を早くも再開したいっ!という気持ちに
なっている

レストランを出て再び滝を目指して歩いて行くと、何気なく見た道の端の
柵が何と、線路ではないか!

ここに鉄道が走っていた証拠である。

IMG_3129.jpg

しばらく歩くと、当時走っていた蒸気機関車が放置されるでなく
きちんと屋根のある建物に保存されていた・・・

錆びたその小型の蒸気機関車は再び走ることはないけれど
しっかりとした存在感が感じられるなあ~

IMG_3130.jpg

こんな辺鄙な何もない島々ではあるが、実は僕以外にも観光客は
結構ウロウロしており(皆レンタサイクルで)、夢中でこの錆びた
蒸気機関車にカメラを向けていたなあ~

IMG_3137.jpg

菅笠をかぶった女性が田植えをしている・・・
メコン川周辺ならではの風景だなあ~~

IMG_3134.jpg

そんな田んぼの風景を見ていると、畦道を歩きたくなるのが
周りが田んぼの田舎で育った僕の習性なのか?

気が付けば畦道をどんどん歩いていく・・・

田んぼの土の匂い、草の香り、心地良い風・・・
少年時代に感じた懐かしい一つ一つ・・・
今まで忘れていたあの頃の記憶がどんどん溢れてくる・・・

IMG_3138.jpg

そんな甘~~い昔の記憶を味わいながら歩いていると
ソムパミットの滝リーピーの滝)まで400mの標識が!

前半は太陽に虐められてクタクタだったけど、後半は懐かしい記憶の
お陰で短く感じたなあ~~

IMG_3142.jpg

滝の入口には黄色の制服?を着たたくさんの若い女の子が
ウロウロしており、チケットブースもある。

何にもない所をひたすら歩いてきた事もあって、なんだかここが
別世界のように感じるなあ~

中に入っていこう!

続く・・・
関連記事

| シーパンドーン | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。