アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・ワンデュ・ポダンの小さな村で元気な子供達に出会う

wangdue.png
この画像はお借りしました。

ブータンワンデュ・ポダンは西のティンプー、東のトンサへ向かう道が
交わる交通の要衝で、尾根の上にあるワンデュ・ポダン・ゾン見えてくる。

そのワンデュ・ポダン・ゾン(上の写真)は2012年6月に焼失してしまい・・・

現在は・・・

IMG_2145.jpg
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

こんな感じ・・・

無残な姿が痛々しい・・・

本来ならばこのワンデュ・ポダン・ゾンの内部を見学する事に
なっていたのだが仕方がない・・・

IMG_2146.jpg

もう一枚、アッ~~プ!

ブータンのこういった寺院は今までも火災が多く、焼失と再建を
繰り返してきたようだ。

寺院内で灯されるロウソクの火や落雷が主な原因らしい・・・

IMG_2150_20140127021659e47.jpg

で、この痛々しい姿をどこから眺めているかと言うと
対岸(川が流れている)の小さな村、リンチェンガン村だ。

IMG_2151_20140127021727a36.jpg

レンガを積み上げ、外装を漆喰で固めた家々は大きくて
とても立派!
ここに限らずブータンの人々の家はどこも大きい!

言い伝えによるとゾンの建設の為にインドから移住してきた
人たちの子孫の村との事

IMG_2153_20140127021802ef6.jpg

大量の薪が生活の厳しさを伝えるなあ~
電気はあるけどガスなんてないし、夜は物凄く寒いし・・・

IMG_2155_201401270219022a0.jpg

この大量のレンガ。積むのはさぞや大変だったろう・・・

IMG_2156.jpg

結構急な勾配に家々が建つ村を上へ上へと登っていくと
子供達がキャーキャーと走り回っていた。

君達!寒くないの?そんな薄着で!しかも裸足やし・・・

IMG_2158_2014012702204028d.jpg

夕食前のひと遊びなのか?
ん~~、インド人の子孫の割にはそんなにインド人ぽくないぞ~

IMG_2159.jpg

突然、目の前に外国人が現れた事もあって子供達は
さらに興奮。僕にタッチしてはキャーキャー言ってる。
可愛いなあ~、無邪気でええなあ~~



こっちにも元気で遊びまわる子供の姿が!

さて村を出てホテルに向かおう!
今日はニューイヤーイブ、大晦日だ。
今年も1人で寂しいガラディナーなのだ

関連記事
スポンサーサイト

| ワンデュ・ポダン | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・プナカ~プナカ・ゾンでブータン人の大行列を見た②

IMG_2116_2013111801435969d.jpg
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

このプナカ・ゾンブータン中の人々が集まっているのでは?と
思うぐらいの凄い人の行列をみて(その記事はこちら)、いよいよ
プナカ・ゾンの内部に入ります

この急な階段を登って行くと。。。

IMG_2118.jpg

入口では銃を肩から提げたポリス?ブータン兵士?が
セキュリティとして入る者のチェックを行っている
女性と言う事もあってチェックもにこやかな笑顔で終了。。。

そもそもゾンとは寺院と地方行政の中核としての機能を持ち、
特にこのプナカ・ゾンは全国のゾンの中でも歴史的、信仰的に
最も重要なゾンである事から警戒も厳重になるのは無理もない。

IMG_2121_201311180145284be.jpg

一歩中に入ると広々とした中庭に出る。。。

プナカ・ゾンは何度も火災や地震(ブータンは地震が多い)、水害などの
被害を受け、その度に再建されてきた

近年も1986年の火災、1994年には上流の氷河湖の決壊で
大きなダメージを受けた。。。

IMG_2122_201311180146111c4.jpg

初代国王の戴冠式や現国王の結婚式もここが舞台だったそうだ。。。

IMG_2126_20131118014920846.jpg

中庭には巨大なインドボダイジュがあり、その周りでは
僧達が忙しそうに歩き回る。。。

IMG_2127_2013111801494421d.jpg

若い僧が多いなあ~
絵になる風景だ。。。

IMG_2128.jpg

寺院は息を呑むほど美しく装飾されている

内部はカメラ撮影禁止なので公開出来ないが、内装や
壁画の見事さはブータンで一番とも言われる。

IMG_2135.jpg

そうやって中庭をガイドのペマと歩いていたら、ペマが知り合いの
家族と遭遇。外国人(日本人)がまだまだ珍しいのか一緒に写真を
撮ってほしいとの事

男性は、女性はキラという民族衣装を着ている。
このを僕も旅の後半に着てウロウロする事になるが
意外と温かくて、しかも動き易い

IMG_2136.jpg

だいぶん陽も傾き、肌寒くなってきた

ティンプーに比べて標高が1000m以上低いと言っても
プナカは標高1300m以上あるのだ。

ワンデュ・ポダンに移動してホテルにチェックインしよう~

続く。。。

関連記事

| プナカ | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・プナカ~チミ・ラカンまでハイキングする①

ブータン・プナカ
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ティンプーから3150mのドチュ・ラ峠を越えて2時間ちょっとで
プナカに到着。

プナカは標高1350mとティンプーに比べて1000m以上も低く
バナナが生い茂る亜熱帯気候でもちろん気温も高い

ブータンでは昔から高地と低地に家を持ち寒い時期は低地へ、暑い時期は高地で
過ごすのがスタイルだったそうで、ここプナカは『冬の首都』としてティンプー
『通年首都』になるまでの300年余り、寒い時期の首都であったそうだ。。。

IMG_2034_20130527024450.jpg

プナカの家々も、どれも大きくて立派!
しかも壁には豊穣のシンボルがいろいろと描かれてあるぞ!

IMG_2031_20130527024358.jpg

ズーム!!

IMG_2032.jpg

もういっちょズーム!

チベット仏教では性の力を解脱のエネルギーとして認めているそうで
また、豊穣祈願の名残りもあるのか農家の家々にはこういう男根の
モチーフが多い。また屋根のひさしには『ポー』という男根と剣を
十字に組み合わせた魔よけもあったりする

都会では少なくなっているそうだが。。。

卑猥な印象はなく、純粋に豊穣のシンボルとして受け入れられた

IMG_2035.jpg

今回、ここにやって来たのはチミ・ラカンという小高い丘に建つ
15世紀に建てられた有名な寺院をハイキングしながら訪れる為なのだが
とりあえずハイキング前にこの写真のレストランで昼食とする。
選ぶ自由なく、他の観光客もここで昼食のようだ。。。

看板にラフティングの文字が!?
なんか広がっているんだな~ブータンの観光産業も。。。

IMG_2040.jpg

正直、あまり食が進まない!
ビュッフェスタイルなのだが、写真のように少量づつ皿に盛って終了。。。

車の移動で身体も動かしていないし、何よりお味がなんだか想像できて。。。
実際、あまり美味しくないのだなあ~~。。。(苦笑)
今回の旅行ではなんだか体重が減りそうな予感?(笑)

IMG_2036.jpg

しかし、このマンゴジュースはとろ~~り濃厚な味で
凄く甘かったけどおいしかった!!記念にパチリ

IMG_2039.jpg

座った席の横には大きな窓ガラスがあって、そこから丘に建つ
チミ・ラカンがきれいに見られた

あのチミ・ラカンに向けてハイキングなのだが、時間にして30分ぐらいの
ハイキングなのでゆっくりゆっくり歩きたい!

IMG_2043.jpg

食事はそこそこにガイドのペマとハイキングに出発!

暑くもなく、寒くもなく絶好のハイキング日和だなあ~
時々心地良い風がスーッと横切っていく。。。



そんなハイキングの様子を動画でどうぞ!

田んぼのあぜ道を歩くのは僕にとってアジア旅行の醍醐味でもあって。。。
と言うのも、僕の実家はけっこうな田舎で、周りは田んぼだらけだった事もあり
子供だった頃、あぜ道や田んぼの中で遊んだ事を懐かしく思い出させてくれるのだ。

ラオス、ベトナム、インドネシア、カンボジア。。。少しづつ風景が異なるのも
興味深いし。。。

IMG_2047_20130527025146.jpg

澄み切った空に山と田んぼ。。。

ここでは空高くダルシン(経文)がはためいており、これがブータン
田んぼの風景の特徴だな~と、また一つアジアの田んぼ風景コレクションを
ゲットする事ができた!もちろん思い出の中だけど。。。

続く。。。
関連記事

| プナカ | 03:40 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。