アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブータンの首都ティンプーへ向かうぞ!

ブータンのパロからティンプーへの道
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

昼食後、パロから首都ティンプーへ向かう。。。
車窓からは乾燥した木々のない山々が延々と続く。。。

しばらく走っていると。。。

ん?何だか気持ち悪いなあ~。車に酔ったかな?
そう、車に酔うなんてもう十年以上もないし、これぐらいの
カーブの連続でもへっちゃらだったのだが。。。

今から考えると軽い高山病にかかっていたのだと思う

IMG_1868.jpg

やがて、チョゾムと呼ばれる4方向の重要な道が集まる
ブータン最大の交通の要衝にやってきた。

その川岸には、それぞれネパール式、チベット式、プータン式の
3つのチョルテン(仏塔)が並んでいる。

相変わらず、気持ち悪い。。。
口数が減ってくる。。。オエッ!

今まで酔った事がないのでトラベルミンとか酔い止め薬なんて
持ってきていないのだ。。。

IMG_1870_20130114014806.jpg

車はジグザグの山道から片側2車線の大きな通りに入って行く。
この辺りは大規模な開発で新しい家やマンションが建築中だ。

ガイドのペマは『ホンダやヒュンダイのショールームも出来たけど
ブータンらしくない。本当はイヤだ。』と言っていたのが印象的だ。。。

物質的な欲求よりも精神的な欲求を満たす事が幸せに通じると言う事か?
同じような言葉はこの後、何回も耳にする事になる。。。

ちなみに工事を担当しているのは隣国インドの若者達。
出稼ぎでがんばっているのだった

IMG_1872_20130114014825.jpg

ティンプー最初の観光としてクエンセルポダン(大仏)を訪れた

ティンプー市外の南側の尾根に鎮座するこの大仏はシンガポールと香港の
億万長者が奉納したらしく、80億円もの工費がかかっているという

そうそう、この地は大体標高で2800mぐらいなのだが車から降りて
歩こうと思った時、一瞬、頭がクラクラとしたのだ
同時になんだか息苦しく、やはり車酔いしたのも軽い高山病だったのだと
確信する。

高山病にかかる、かからないは人によるし、程度も様々との事だ
今日はティンプーにも泊まるし、明日になれば高度順応して体調も
OKになるだろう。。。なるかなあ~。。。

とにかく、深呼吸気味に息を吸ったり吐いたりしながら歩く。。。

IMG_1875.jpg
ぜひ、画像をクリックして下さい!きれいですよ~~~!

ここからは美しいティンプーの街が一望できる!

険しい谷底のほんの少しのスペースに広がる街並み。。。
これが一国の首都なのだ。。。

周りには3000m~5000m級の名のない山々が囲む。
ブータンではこれぐらいの土地の出っ張りは山として認めて
もらえないのだ

富士山は丘程度なのだろうなあ~。。。

IMG_1879.jpg

大仏を見た後、メモリアルチョルテンという市街の南に
そびえる純白の仏塔を観光した。。。

3代目国王の墓とか追悼記念碑といった意味ではないけれど
一般にメモリアルチョルテンと呼ばれていて、朝から晩まで
周囲をグルグルと巡る人々の姿が絶える事がない。。。

IMG_1882_20130114015101.jpg

入口を入ってすぐに、巨大なマニ車を発見!
それも一つや二つではない!

マニ車はご存知、経分が中に入っていて、時計回りに一回まわすと
お経を一回読んだ効果があるとされる、ありがたいものなのだが、
マニ車は巨大なほど良いらしく、みんなこの巨大な思いマニ車
ブンブンまわしている

IMG_1881_20130114015035.jpg

写真に写っているイケメン?は今回のガイドのペマ君だ。

そうそう、またブータンのイケメン特集でも組もうかな?
確かに男前が多いかも知れないなあ~、美人もたくさんいたよ

IMG_1884_20130114015124.jpg

この仏塔の周りを時計回りにいろんな人がぐるぐると歩き回っている。。。
ペマによると、ブータンの人々はリタイヤすると毎日、仏塔へ行き
お経を唱えるのが日課になるそうだ



そして、敷地で五体投地する人々の姿もあった。

僕もペマにやり方を教えてもらったのだが、頭、口、胸で
手を合わせた後、ひざまずき、頭を地面につける事を3回行う。

この日以降、訪れる寺院やゾンではお坊さんや仏像に対して
この五体投地をしながら参拝する事になるのだった。。。

IMG_1885_20130114015146.jpg

中には五体投地を行いながら寺院を目指す者もいる

実際に僕も険しい山道を、マスクをし、五体投地を繰り返しながら
少しずつ進む、女性の姿を目撃した。。。一体、どこの寺院まで
行くのだろうか??凄い、信仰心に驚かされた


続く。。。
関連記事
スポンサーサイト

| ティンプー | 00:01 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。