アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミャンマー・バゴー~チャイプーン・パヤー~4面仏像

ミャンマー・バゴーの街中
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

写真はミャンマーヤンゴンバゴーを結ぶ幹線道路の様子。

季節が乾季という事で、空気がやや乾燥していているのと道路の
舗装状態が悪いので車が通る度に土埃が舞う

しかし街には活気があるなあ~

軍事政権下で人々はどんな生活をしているのだろうと
思ったが、皆、生き生きしているなあ~

IMG_5896.jpg

街のガソリンスタンドの様子。

リッターいくらか忘れてしまったが、他のアジア同様に
生活水準を考えると高かった覚えが

給油してくれる若い女の子、顔にタナカを塗っている
なんだか、おもしろいなあ~ミャンマーらしい。

IMG_5897.jpg

そんな幹線道路から500mほど脇へ入った所に建っているのが
チャイプーン・パヤー

非常に興味深い形をしているなあ~~

IMG_5899.jpg

間近に見るとこんな感じ。

高さ30mの太い柱の4面に、全く表情の異なる仏様が
鎮座しているのだが、珍しいなあ~~日本じゃ見ないなあ~

それにここもそうだけど、ミャンマーの寺院とか仏像って
歴史があっても古臭くないのだ。常にペンキを塗ったり
金箔を貼ったりしてメンテナンスしているようだ。

IMG_5904.jpg

ミャンマーには世界遺産がひとつもない!!

何故か??

これは歴史的価値のある建造物が考古学的な調査もされず
常に新しいものにどんどん更新されるのがまずいのと、
欧米諸国による軍事政権への圧力とも言われている。

ミャンマーでも一番有名な遺跡である、バガンの寺院群に
関して、世界遺産委員会は、遺跡の普遍的価値を認め、
ミャンマー政府にバガンの保護体制を改善して早急に
再推薦するように要求しているそうだ

要は、適当な修復や管理はやめた方がいいよ!と
言っているのだなあ~。。。

IMG_5905.jpg

写真はお祈りするガイドさん。。。

しかし、ブータンのように国の文化や信仰、歴史的建造物が
『ビジネス』になるのを嫌って、世界遺産として申請しません!
という考え方もあるしねえ~~。。。

というか、最近いろんな物が世界遺産、自然遺産になりすぎて
価値がよく判らなくなっていると思うのだが??

IMG_5912.jpg

で、これは僕の八曜日であるライオンの祠。
もちろん、ライオンに水を掛け、お祈りする。。。

IMG_5919.jpg

チャイプーン・パヤーを後にして、首都ヤンゴンに向かう。

その途中にタウチャン村という小さな村があるのだが
そこには連合軍兵士の墓地があるのだ

IMG_5920.jpg

ここには第二次世界大戦中にビルマ戦線やインド領の
アッサム地方で戦死した連合軍兵士2万7千人の遺骨が
眠っているそうだ。。。

IMG_5918.jpg

この人は21歳で亡くなったのか。。。

ビルマ戦線では日本軍も多数の死者を出しているし。。。

世界中のこういった人々の犠牲の上に今日の平和があるのだなあ~

もう!ほんまにやめようよ!
戦争はいらない!
関連記事
スポンサーサイト

| バゴー | 00:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。