アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・パタン~ネワール文化を継承する美の都


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

カトマンドゥからタクシーで20分ぐらいで聖河バグマティの川向こうに
位置する古都パタンに到着する。

到着したのは夕暮れ時で夕日が茶色のレンガをさらに赤く染めて
ダルバール広場の街並みをさらに美しく印象付ける・・・

IMG_2154.jpg

ダルバール広場にあるパタン博物館の前では夕暮れのひと時を
仲間と過ごす人々がたくさん腰掛けていた・・・

IMG_2153_201410060045368bf.jpg

トピーと呼ばれるネパール男性の正装にかかせない帽子を被り
マフラーをして腰掛ける人々・・・絵になるねえ~~

そう、日中はぽかぽかと暖かいが夕暮れになると一気に気温が
下がり、空気が冷たく感じるのだ。

IMG_2150_20141006004537443.jpg

沐浴場では水を汲む女性の姿も見られた・・・

IMG_2155_20141006004524ac6.jpg

ここパタンカトマンドゥ盆地にマッラの3王国があった時代に
首都として栄え、ダルバール広場の王宮をはじめとする見事な
建築物がその名残を見せる。

この地区に住む人々の約8割が仏教徒なんだそうだ。

IMG_2161_20141006004712141.jpg

クリシュナ寺院の前にはクリシュナの化身であるヴィシュヌ神の
乗り物、鳥人ガルーダの像が空高く立っていた。

これでバクタブルカトマンドゥパタンと3つのダルバール広場
見てきたけど、その時の王が美しさを競っただけの事はあるなあ~
どの広場も美しい・・・

IMG_2151_201410060045240b1.jpg

明日はいよいよ帰国の途につくのだが、いやはや今回のネパール旅行は内容が
濃いものになったなあ~~・・・
二日連続の8時間を超えるトレッキング、その時に見たヒマラヤ山脈の美しい山並みと
そこから昇る初日の出・・・
湯たんぽで過ごした寒い夜・・・食中毒?で寝たきりになったカトマンドゥ・・・
世界一大きなストゥーパのボダナート・・・
僕の死生観が変わってしまったパシュパティナートの火葬の様子・・・

IMG_2165.jpg

この旅行後、トレッキングが趣味になり日本でもあちこち行くようになったし
ブータンでも何度かトレッキングを旅程に入れたりと旅行に『幅』ができたなあ~

近いうちにネパールに再訪したい!ポカラにも行きたいし、何と言っても
世界最高峰のエベレストがあるし・・・せめてせめて、その展望台と言われる
カラ・パタール4000mまでは行ってみたいなあ~~夢だなあ~・・・

IMG_2178_201410060047431d3.jpg

さ、ホテルに帰って荷造りしなきゃ!
それより、帰国までお腹がもつかなあ・・・
ほんと旅先での食事には気をつけないと!
これがこの旅一番の教訓だな!

さようならネパール
スポンサーサイト

| パタン | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・カトマンドゥのダルバール広場


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

カトマンドゥーの日本食レストランでカツ丼を食べた後に
強烈な下痢と嘔吐に襲われ、ほとんど一睡も出来ずに朝を
迎えた・・・

本来ならばホテルの部屋でゆっくり休む方が身体には良いの
だろうが、やはりネパールまで来て観光しないのももったいない!

とにかく近くのダルバール広場まで歩いて行ってみよう!

写真はカーラ・バイラヴと呼ばれるシヴァ神の化身の一つで恐怖の神!
カーラ・バイラヴの前でウソをつくと即座に死んでしまうと言われ、
昔はこの像の前に容疑者を連れて来ては罪を白状させたと言う・・・

IMG_2017.jpg

ダルバール広場に入る・・・

ダルバールというのはネパール語で「宮廷」を意味する。
3つの王朝がカトマンドゥ盆地に君臨した時代には王宮前の広場として
カトマンドゥ王国の中心だった。

現在もここカトマンドゥパタンバクタプルにも同様のダルバール広場
あって、それぞれの王が美しさを競い合っただけあって、どの広場も見応えの
ある寺院や宮殿が残っている。

IMG_2023_20140203033653ed2.jpg

地元の人々で広場は賑わっているなあ~
観光客も結構いるけど、ほとんどがローカル。

観光客待ちのタクシードライバー、お参りにきたローカルの
おばさん、デート中のカップル・・・憩いの場となっていた。

ちなみに写真の右の寺院はシヴァ・パールヴァティー寺院と言って・・・

IMG_2032_201402030337515f3.jpg

窓からシヴァ神パールヴァティー妃が仲良く寄り添って
人間の街を見下ろしている

このふたりはとても情熱的なカップルでヒマラヤの奥深く
カイラス山に住んでいるらしい・・・

このシヴァ神の妃パールヴァティーはヒマラヤの娘で良妻賢母。
しかし、破壊神のシヴァの妃だけあってドゥルガーと呼ばれるタイガーに
乗り、10本の腕に武器を持つ美しくも戦闘的な女神にも化身するのだ。

IMG_2030_20140203033727428.jpg

シヴァ寺院。広場中央にある、ひときわ高い建物。
ほとんど寝ていないので身体がけだるく調子はイマイチだけど
登ってみよう・・・

寝転がるおじさん、仲の良いカップル、おしゃべりに夢中な
女の子達の間を抜けながら上へ・・・

IMG_2028_20140203033720877.jpg

最上段の階段に腰を下ろしてダルバール広場を眺める
ほんとローカルが多いなあ~、国内からの観光客も多いのかな?

さっきから僕の横には犬が一匹寝そべっているのだが
チラッ、チラッとたまに僕を見ては「無理するなよ~」って
言ってる気がした

IMG_2033.jpg

国王の住まいがあった旧王宮の方角を見る。
マッラ王によって建てられたタレジュ寺院・・・

IMG_2014_201402030331521eb.jpg

それにしてもダルバール広場にはハトがたくさんいるなあ~
陽が差して暖かそうに見えるけど実は結構寒い!

IMG_2019.jpg

さて、このダルバール広場には生き神クマリが住む館がある。

クマリには女神ドゥルガー他、多数の女神が宿るとされ、
初潮前の怪我や病気の跡の無い、美しく利発な少女が選ばれ、
両親の元から引き離され、神としてのふるまいを方を教え
込まれる・・・

で、このクマリの館に住みながら人々の病気治療や願望成就の
祈願、占いを行っているのだそうだ・・・

IMG_2021.jpg

中に入って見上げて見ると・・・
見事な彫刻が施された窓枠が目に飛び込んでくる・・・

女神の世話人にお布施を渡すと、クマリがその窓から顔を
出してくれるとのこと。ん~~、見て見たい・・・
団体客が来たときに便乗して見るのがいいのだろうが
そんな客が来る様子も無い・・・

運がよければ!と思っていたので今回は諦める・・・

それよりも早くホテルに戻ろう・・・
トイレ、トイレ・・・
関連記事

| カトマンドゥ | 00:02 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・バクタプルのダルバール広場でまったりと。。。

ネパール・バクタプルのダルバール広場
記事中の全ての画像はクリックすると拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ここバクタプルカトマンドゥ盆地で3番目に大きな町で
マッラ王朝時代に3王国の首都として栄えた町なのだが
ここバクタプルダルバール広場カトマンドゥパタンのよりも
広々とした感じで、人はずっと少ない感じがするなあ~

観光客もまばらでのんびりした感じだ。。。

IMG_1801.jpg

たくさんの寺院に囲まれているダルバール広場だけど
1934年の大地震で被害を受ける前は、もっと多くの
寺院が建っていたらしい。。。

そうそう、ダルバールというのは、ネパール語で『宮廷』を
意味する言葉で、王宮前の広場として、カトマンドゥ王国の
中心だったパタンカトマンドゥにも同様のダルバール広場
ある。で、それぞれの王がその広場の美しさを競い合ったんだそう。。。

なので、ここバクタプルダルバール広場にも見事な装飾が
施された宮殿や寺院がたくさんある。

さてと、パナウティからの移動から何も飲み食いしてなかったので
とりあえずカフェに入って温かいチャイを飲もう

IMG_1805.jpg

昼になってどんどん気温は上昇するが、上下に着たユニクロの
ヒートテックがちょうどいい感じだ!この旅行ではヒートテックが
ほんとうに重宝した!

ゆっくりチャイを味わい、窓から見えるダルバール広場
眺めながらゆっくりした時間を過ごす。。。

そうだ!思い出した!あの名画『リトルブッダ』で出家前のシュダールタ王子が
過ごした都の場面は、多くはこのバクタプルで撮影されたものなんだって!

IMG_1807.jpg

結構な観光なのにどこでもいるような自称ガイドとか
声を掛けてくる輩は皆無。。。珍しい。。。

IMG_1816.jpg

ネパール各地から修学旅行で訪れているのかな?
小中学生ぐらいの子供達を大勢見た

万国共通で、引率する先生は大変だ~~。
大きな声で並べ!とか静かにしなさい!とか言葉がわからなくても
伝わってくる

IMG_1819.jpg

この建物は17世紀から18世紀にかけて造られた55窓の宮殿。。。
木彫りの窓が美しいネワール建築の傑作だ

IMG_1822.jpg

国立美術館として公開されている建物もあり、見事な
タンカ(仏画)がたくさん収蔵されているとの事。
土産にタンカを!と思っていた僕は目を肥やしに見学へ

写真撮影が出来ないので残念だが、国宝級のタンカ
たくさん見られて良かったなあ~。。。

曼荼羅チックなタンカを買って帰ろう!とこの時決めた!

IMG_1823.jpg

衛兵が立っている王宮への入口はゴールデンゲートと呼ばれており
一応中には入れるけれど基本的に写真は不可!突き当りから奥は
ヒンドゥー教徒しか入れない。。。

とことこと王宮内を歩いていくと。。。

王宮の壁には見事な木彫りの扉がある。凄い緻密な仕事に脱帽。。。

IMG_1828.jpg

奥にある沐浴所ではヒンドゥー教徒のおばさんが観光客に向かって
なにやら声を掛けている。。。何を言っているかわからないが、
ナーガ(ヘビ)の隣に立って迫力ある声を張りあげるおばさんが
物凄く聖なる人に見えてくるから不思議。。。

実はバクタプルには他にも広場があって、どこも素晴らしいらしい!

行くべ~!
関連記事

| バクタプル | 00:01 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。