アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・ポブジカ~オグロヅルを観察しながらトレッキング


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ガンテ・ゴンパの参道を逸れて、オグロヅルを観察しながら
ホテルまでトレッキング。

このポブジカを有名にしているのはオグロヅルの越冬場所と
なっているからだが、別にブータンでは野生動物は珍しくない。
しかし、人里のど真ん中で越冬する鶴をブータンの環境政策の
目玉として保護に力を入れており、そんな鶴がどんなものなのか
興味が湧くものだ。

広々としたポブジカの緩やかな谷は標高3300mの所にあって
ブータンでも寒さが厳しい所。

IMG_2802_20160306213948cc5.jpg

その標高と寒さで米や麦の栽培に適さず、人々はヤクや羊の
放牧を行い、チーズやバターを作っている。

日本の番組でポブジカが紹介された時に「鶴をとるか電気のある暮らしをとるか」
のような内容だったらしいが、すでに地下ケーブルによる電化が完了しているらしい。

景観はもちろん、鶴が感電死しないようにとのブータン政府の
保護活動の真剣さがわかるなあ~

IMG_2803_2016030621395786f.jpg

確かに寒い!もうすぐ日没なのだが、急速に気温が
下がっていくのがわかるぐらいだ。

さて、オグロヅルに出会う事ができるのかな?

IMG_2807.jpg

村から離れた針葉樹林の中を通って、オグロヅルの住む
湿地帯に降りて行く・・・

ブータンの旅行ではミニトレッキングしながら寺院や町に
向かう事をおススメします~。ただでさえ車の移動が多く
トレッキングは気分を開放的にさせてくれるし、人々の
生活にも触れられるしね。但し、呼吸はゆっくりと深く(笑)

IMG_2808.jpg

針葉樹林を抜けるとオグロヅルの住む湿地帯が広がる。

ヒマラヤ山脈を越えてやって来るオグロヅルを観察したければ
秋から春にかけてポブジカに来るのがいいのだが、ほんとここは
ブータンでも寒さで知られた所なので防寒はしっかりした方が
良さそうだ。

IMG_2811_20160306214210668.jpg

この広々とした谷のどこかにオグロヅルがいるハズなのだが・・・

鶴は放牧されているヤク等に混じって竹の地下茎とか昆虫を
食べているらしい。

寒いが歩いていて気持ちの良い場所であるなあ~

IMG_2809_20160306214219030.jpg

冷たい風に吹かれてはためくダルシン(経文旗)。

そのダルシンの由来も宗教感もピンとこない僕でも
何かとてつもなく大きなスピリチュアルな雰囲気は
感じる事ができる。

ブータンの象徴的な風景の一つだなあ~



そんなはためくダルシンの様子を撮影しました~
ほんと、幻想的です!

IMG_2827.jpg

谷を降りながら歩いていく・・・
オグロヅルがいないか時々、谷に目を凝らしながら歩くが
まだ発見できず・・・

双眼鏡を持って来れば良かったなあ~~

IMG_2847.jpg

見れなかった残念だなあ~なんて思っていたら突然目の前を
鳥の大軍が飛んで行く・・・

えっ!えっ!と慌ててシャッターを切る。

ガイドのペマがオグロヅルだよ!って教えてくれた。

おお!きれいだなあ~~
優雅な羽の動きに見惚れながら、歩くのをやめてしばし観察。

IMG_2843.jpg

おお!今度はまた違う群れが飛んでいるぞ!

ブータンの人々は鶴をトゥントゥンと呼んで天国の鳥として
大切にしてきたそうだ。

見れて良かった~~

IMG_2865.jpg

良く見ると地上にも鶴の姿が。

オグロヅルは世界に5000羽ほどしか生息していないらしく
その生態はあまり知られていないとの事。

ポブジカには毎年500羽ほどが飛来するそうな。

IMG_2845.jpg

はためくダルシンと天国の鳥のオグロヅル・・・
幻想的な谷の風景もあって、ブータン旅行で一番の
思い出深い体験となったなあ~

IMG_2880.jpg

標高3300m・・・

う~~ん、本当にここが天国の入口かも知れない??

関連記事
スポンサーサイト

| ポブジカ | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・プナカ~チミ・ラカンまでハイキングする③

プナカ・チミ・ラカン
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

本堂へはマニ車を回しながら中にはいる。。。

IMG_2072_20130725223823.jpg

ブータンのどこの寺院もそうなんだけど、装飾が凄い!
装飾過多に見えるけど、うるさく感じないのが不思議なんだなあ~
これ、手描きで一筆一筆の作業なんだろうけど、ブータン人の
根気の良さを実感できる。もちろん信仰心の厚さも

IMG_2075_20130725223846.jpg

ネコも気持ち良さそうにしているなあ~~
ここプナカはほんと温暖だ。夜はどうかわからないけど
昼間はポカポカしていてハイキング中、汗がじわり。。。

IMG_2077.jpg

本堂内は撮影禁止!残念だがブータンのお寺ではほとんどそう。

このお寺は『子宝』に恵まれますようにと、世界中から人々が
やってくるようで、ここに参拝し、子宝に恵まれた人々の写真や
喜びのコメントがたくさん寄せられていた

IMG_2082.jpg

なるほど!だから子連れの家族が多いんだな~~
彼らもここにお参りして、子宝に恵まれたのだな~

彼らも遠くから来ているのかな??

IMG_2079.jpg

チミ・ラカンを後にしてきた道を戻ります

IMG_2086.jpg

マニ車を回した祠と空高くはためくダルシン、そして菜の花が
とっても絵になっていたので写真をパチリ

忘れられない景色になったなあ~

IMG_2087.jpg

んんっ!子供達がはしゃぐ声がするぞ!

あ~っ、これか~~!ブータン式ダーツって!
クルと呼ばれているようだ。



ふ~~~む、遊び方は簡単なようだなあ~~

楽しそうだなあ~と見ていたらペマがやって見ろ!とダーツを
手渡してきた



んんん!意外と重いぞっ!

子供達も突然の展開に興味津々でこっちを見ている
的までは15mぐらいかな?重いけど届きそうだ!

大きく振りかぶって。。。

うりゃあ~っ!



さあ、車に戻ろう!ペマ~~っ!

関連記事

| プナカ | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・プナカ~チミ・ラカンまでハイキングする②

ブータン・プナカ
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

昼食もそこそこにチミ・ラカンに向けてハイキングに出発!
田んぼの風景だけ見れば、日本の山間と似ているんだけど
こういう、なんともブータンらしい祠なんかを見ると
異国情緒にワクワクするものだなあ~。。。絵になるね!



祠のマニ車を回してみる。。。

カラカラカラカラ。。。

マニ車の胴体部分を触って回すのではなくて、下に付いている
何かの骨のような部分を指先で回すのだ

IMG_2053_20130723231017.jpg

菜の花が咲いているなあ~
可愛いきれいな黄色の花がたくさん咲いている。。。

そんな様子をゆ~っくり見ながら歩く僕をそっちのけで
ガイドのペマはどんどん先を歩いている

IMG_2055_20130723231058.jpg

日本に来た事もあるペマは日本語も上手くて、しかもなかなかの男前だ!
僕をガイド中にも、日本の女の子から電話がたくさん掛かってきていた
またブータンに行くのでガイドをしてほしいという電話なのだが、明らかに
ペマとデートがしたいご様子。。。

ペマは硬派なようで、内心困っていると話していたなあ~
変に気を持たせたくないから断っているらしい。。。

中身も男前のペマであった!

IMG_2056_20130723231134.jpg

子供達に遭遇。。。家の手伝いなのかな?
ネパールの山間の村でも、働く子供達をたくさん見かけたなあ~

IMG_2057.jpg

そして、どこでも家畜は大事に育てられているのだ。。。

IMG_2058_20130723231411.jpg

そうこうしているうちに道はチミ・ラカンに参道までやってきた。
門をくぐり、なだらかな坂道をもうしばらく歩きます

IMG_2061.jpg

境内に入ると巨大マニ車が登場。
グイ~~~ンっと回す。

大きなマニ車ほど読経したよ!効果が大きいらしい
なんというか、こういう感覚でOK!というのが日本人には
信じられないのだなあ~。。。実際に読経するのが一番!と
考えるよね~やはり。

IMG_2066.jpg

この空高く立っているダルシンという布も、風になびく度に
読経しているのと同じ効果が得られるという縁起ものなのだ!

布にはびっしりと経文が書き込まれているなあ~

IMG_2064.jpg

それでは本堂に入ってみます!

続く。。。
関連記事

| プナカ | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。